アドセンス審査通過後の重要な手続きと行動

投稿者: | 2018年11月13日

アドセンス審査通過後に行わなければならない項目はいくつかありますが、きわめて重要な手続きをご説明します。

 

アドセンスの審査に合格すると、下記のような「おめでとうございます!」のメールが届きます。

これで晴れて、アドセンスの審査合格です。

さて、今回は、審査を合格することばかりに意識して、実際に通過した後何をしなければならないのか、ご案内したいと思います。

また、どんな方法で今度ブログやサイト運営を行っていけばいいのかもまとめましたので、是非活用していただけると嬉しいです。

 

 

アドセンス狩りとは何?

アドセンスの審査通過後、しなければならない重要なことがあります。

それは、「アドセンス狩り対策」です。

今後、アドセンス広告コードを作成して、自身のブログ等にコードを貼り付けて運営していくわけですが、このアドセンスのコードは第3者に簡単に調べられてしまいます。

「調べられてわかったところで、何か不都合でもあるのか?」と思いますよね?

 

この調べて手に入れてたアドセンスコードを、悪意のあるユーザがコピーして、勝手にアダルトサイトや違法サイトに貼り付けて運営していくと、たちまちあなたのサイトは、アドセンスのポリシー違反と判断されアカウント停止になる場合があります。

これは、実際よくある話で泣いているユーザーも多いとのことです。

ようやく審査に通過して、軌道に乗り始めた時にこのようなトラブルに遭うと最悪です。

 

せっかく稼いだアドセンス報酬が没収されないように、「アドセンス広告表示許可サイト設定」をしっかりと設定しておくことを強く勧めます。

 

 


 

アドセンス広告表示許可サイト設定をしよう

それでは、アドセンス広告表示許可サイト設定の仕方を下記に説明します。

 

下記の画面の【広告の設定にアクセス】ボタンをクリックします。

管理画面にログインします。

 

 

【設定】メニューの【自分のサイト】をクリックします。

※の部分にあるボタンをクリック(その他アイコン)します。

 

【サイトの認証】を選択しクリックします。

 

【所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する】の部分をクリックします。

 

クリックすると緑色になります。

【保存】ボタンをクリックし設定を適用します。

 

次に、アドセンス広告の表示を許可するサイトをと登録します。

今後、新規にサイトを立ち上げてアドセンス広告を貼り付けていく場合、必ずこの手順でサイトを追加します。

この一覧にサイトが表示されていないと、どれだけ広告がクリックされても1円も報酬がありませんのでご注意ください。

 

ページ右上にある【+】のマークをクリックします。

 

新しいサイトを追加画面が表示されたら、登録するURLを入力します。

入力したら【サイトを追加】をクリックします。

 

入力したサイトのURLが一覧に追加されたことを確認します。

確認済のサイトが【緑色】になっていることを確認できれば大丈夫です。

 

これでこの作業は終了です。

ちなみに、一度アドセンス広告表示許可登録をしたサイトURLは一覧から削除することはできないようです。

 

 


 

 

ここまでのまとめ

ここまでの作業は、とても重要な設定です。

悪意のあるユーザに足を引っ張られて、アドセンス狩りの被害に遭い、アカウント停止を余儀なくされるユーザも少なくないのです。

被害に遭ってからでは遅いです。

しっかりと設定し、セキュリティを万全にしておきましょう。

 

途中でも記載しましたが、新規サイトを追加したら、【広告表示許可サイト設定】をお忘れなく!

ボランティアならば別ですが。

1円も入りませんので、ご注意を!

 

 


 

 

アドセンス審査通過後のブログ運営で大切な行動

 

Googleアドセンスの審査が無事に通過して、上記の記事で最初に必要な設定などもできましたね。

人生楽しくイージーモードになるためのスタートラインに立ちました。

ここからが本格的に記事を作成し続けて、上手くブログを軌道に乗せていく必要があります。

必要なツールや運営方法などを下記にまとめてみましたので、ご参考にしてみてくださいね。

 

 

アドセンス審査後の広告の貼り方について

 

アドセンス審査が無事に通過したら、ようやく広告収入を得られる準備が整いました。

収入源となる広告の作り方、貼り付け方のコツを掴んでおきましょう。

立ち上がったばかりのサイトはまだ訪問者も少ないため、記事を書きながら、広告の貼り方などをマスターしていくのがお勧めです。

アフィリエイトをされたことがある方であれば、比較的簡単に進めていける部分ではないでしょうか。

<参考記事>

⇒ アドセンス審査後の広告の貼り方について

 

 

 

Googleアナリティクスを導入し、アクセス数などを管理

 

ブログを運営していると、

「ユーザが自分のブログのどのページを見てくれているのだろう?」

と気になることはありませんか?

また、一生懸命に書いた記事が

・どのくらいのユーザーがアクセスしているのか?

・滞在時間は何分だったのか?

・人気の高い記事はどれか?

など、様々な解析・分析が可能なツールです。

実際に企業でも使われています。

ネットビジネスをしてアクセスアップを目指すのであれば、最低限、自分のブログの運営状態を把握する必要があります。

まずは、ツールを導入して、作成した記事のアクセス状況を確認してく作業から始めてみましょう。

<関連記事>

⇒ Google アナリティクスとは?導入すにはどうすればいいの?

 

 

 

記事を更新し続ける!でも短時間更新はスパム判定?どうする?

 

アドセンス審査を通過した際、記事はどのくらい書きましたか?

クマ吉は1000文字以上で、40記事程度で審査に合格できました。

審査は2週間以上続いたので、その期間中も定期的に記事の更新が必要でしたので、あらかじめストック記事を30記事作っておいてよかったと思いました。

アドセンスは審査合格が目的ではありません。

むしろここからがスタートです。

記事作成に燃え尽きてネタ切れを起こさないように、常に記事のストックを持つことをお勧めします。

毎日苦にならず記事作成ができるタイプの方はいいかもしれませんが、クマ吉はそうではありません。

仕事と両立していて思うように時間が取れなない時もあれば、風邪をひいて記事作成が数日できなかった、なんてこともあると思います。

ですので、記事ストックを持っておくと心に少し余裕ができますので、是非試してみてくださいね。

<関連記事>

⇒ スラスラとブログ記事を書いて時間を有効に活用しましょう!

⇒ ブログに投稿する記事が中々見つからない!記事作成が億劫になっていませんか?

また、記事作成で重要なポイントがあります。

ワードプレスで記事を作成されている方も多いと思いますが、こまめに保存・更新を繰り返しながら記事作成することがありませんか?

クマ吉もそんなタイプです。

書いては、消して、の繰り返しです。

でも、短時間に連続更新するとスパム判定になる危険があるのを知っていましたか?

当然スパム判定になると、検索対象としては圏外扱いです。

そうならないための設定が実はあるんです。

本格的にブログ運営開始の前に、是非押さえておきましょう。

<関連記事>

⇒ ワードプレス(wordpress)の記事は短時間で更新するとスパム判定に?解決方法は?

 

 

ユーザビリティを実装させよう

 

どんなサイトやブログにもファンの方々が存在して始めて、存在価値のあるものになります。

ユーザにとって分かり易い記事作成はもちろん、ご意見などのお問い合わせがスムーズにできるユーザビリティの実装は最低限必要です。

ワードプレスは、必要な機能(プラグイン)を追加していくことができる優れたツールです。

このプラグインがないと、CGIなどのプログラミングなどで実装する必要が出てきてしまいます。

そうなると、実現するためにとても労力が必要ですし、何より時間も必要になります。

スキル面において向上するかもしれませんが、多くの運営者にとっては時間との勝負です。

まずは、専門知識を比較的多く必要とせず、また時間短縮で様々な機能を実装できるプラグインは使わないと損です。

ブログ運営をしていくと必ず○○な機能ってないのかな・・・と思うことは出てきます。

おすすめプラグインツールをご紹介していますので、ご参考にしていただけると幸いです。

<関連記事>

⇒ 初めのワードプレス(wordpress)でおすすめプラグインを利用して作業効率を!

 

 

 

最後に

 

如何でしたでしょうか?

アドセンスの審査が通過してホッと一息ついてもいいのですが、通過した後がある意味大変です。

でもここを通過しないと先もありません。

できるだけ最短目標で、収益の出るブログやサイトに育て上げていきましょう。

 

果たして、この後、この記事を読んでいただけたユーザが何人実際に手を動かしてブログ運営に行動されているのかとても気になります。

お役に立てると幸いです。

 

プチ贅沢を目指しましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です