英語でオーディオ・ガイドプレイヤーの貸し出しシーンを考えてみた

投稿者: | 2019年9月7日

英語でオーディオ・ガイドプレイヤーの貸し出しシーンを考えてみました。

 

先日、恐竜博物館に小旅行に行った時、とても長蛇の列で混雑していました。

日本人観光客も多いのですが、外国人観光客もかなりいました。

チケット対応や案内などで、てんやわんやの係りの方々、大変ですね・・・

 

 

そんな中、「音声ガイドプレイヤー」のレンタルコーナーがありました。

施設の中を巡りながら、地球誕生から恐竜の文化などを多言語で説明してくれる音声ガイドプレイヤーとヘッドフォンがレンタルできるサービスです。

ゲートに入った片隅の目立たないコーナーに設置されており、担当者が1人で立っていて、誰もあまり気が付かない様子。

 

私は、TOEICの英語の勉強をしている時、以前音声ガイドについてのスクリプトを読んだ記憶がよみがえりました。

まさか、こんなところでリアルな音声ガイドプレイヤー発見することになるとは思いませんでした。なんだか嬉しい気持ちが!!

 

少し離れたところで見ていたら、3名の外国人が興味を持ったらしく、レンタルコーナーへ近づいていきました。

どんな感じで対応するのがワクワクでした。

 

面白かったのは、案内係りのスタッフの表情。

「うわっ・・キ、キター!」

「本当に借りに来たんだけど・・」って感じの「どうしよう~何ていえば言いの~」という困った感がヒシヒシと伝わりました。

 

まさに、音声ガイドプレイヤーを貸し出すためのプレイヤーが必要なのではないか・・と思いました。

せめて、音声ガイドプレイヤーのコーナーに、案内表示などを作っておけばスムーズに案内できたのではないか・・と思いました。

きっと自分が対応していないから、そう言えるんでしょうね・・(スミマセン)

 


 

 

【Rental corner “Audio guid player and headset”】

 

We welcome you with many kinds of Dinosaur objects ,fossils,and CGgraphics.

⇒ 沢山の恐竜の模型や化石、CGなどを使用して歓迎します。

 

You can listen to in-depth information on how the dinosaur send their days and you can see theirs fossils when they were excavated.

⇒恐竜がどのように過ごしてきたのか詳しく説明を聞くことができますし、発見された状態の恐竜の化石を見ることもできますよ♪

 

The rental fee for audio guid player and headset is ○○ yen(dollars).

⇒ オーディオガイドプレイヤーとヘッドセットのレンタル料金は○○円(ドル)です。

Cash only ⇒現金のみです

Credit Cards are not available ⇒クレジットカードは利用できません

Japanese  Yen only  ⇒日本円のみです

We don’t change money ⇒ 両替はできません

Let’s try it! ⇒ 試してみませんか?

 


 

いざ、リアルに案内しようとすると、リアルタイムに言葉が出てこないですね。

沈黙になりそうです。

もし自分が担当だったらマジ焦ります。

どうしようかな・・って。

 

とりあえず、案内用のポップを作って、少しでも回避できるように事前に対策を工夫するしかなさそうですね。

そして案内用のポップに沿って、単語で補足するしか今のところ思いつかないです・・。

支払い方法とかもトラブルなくスムーズに対応したいですしね。

 

 

ブログ運営もそうですが、ペラペラ英語になるにも、毎日の練習が必要ってことですね(´◉◞౪◟◉)

 

少々グタグタなまとめとなりましたが、ご参考にしていただけると嬉しです。

 

では。

 

 

英語でオーディオ・ガイドプレイヤーの貸し出しシーンを考えてみた」への1件のフィードバック

  1. nuts

    こんばんは。
    ブログランキングから来ました。
    英語は全然わからないです。
    参考にさせていただきます。
    ありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です