グーグルアドセンス審査のための準備と手順について【2018最新】

投稿者: | 2018年3月24日

Googleアドセンスで稼ぐためには、グーグルの審査に通過する必要があります。

Googleアドセンスの審査に合格するには、事前準備と手順が重要になります。

Googleアドセンスの審査は、以前と比べると、比較にならないくらいにハードルが上がってしまいました。

2016年から制度が変わり、審査は超難関になったのです。

しかし、収益を出すブログを生み出すためには、まずGoogleアドセンスの審査を通過しなければいけません。

ちなみに、審査通過の答えはシンプルです。

「ユーザーにとって、有益な情報を継続して提供し続けているかどうか」です。

 

2016年以前は、審査が比較的簡単であり、普通の日記を10記事程度記載して申請すれば「合格」みたいなニュアンスです。

しかも1つの記事に1000文字なんて必要ないとのことでした。

でも、2016年以降は、1記事1000文字以上、毎日継続して有益な情報を提供しないと簡単に審査を通過することが難しくなったということです。

今回は、これからGoogleアドセンス審査を通過したい方のために、準備と手順をまとめてみました。

是非、一緒に収益を発生させるブログ作成を目指しましょう。

 


 

ユーザーに役立つコンテンツを作る

2016年以前は、ただの日記でもよかったかもしれませんが・・・・、

今は違います。

ブログを見てくれたユーザーが、「このサイトは役に立つ情報があるね」と実感する記事を提供していないと審査に通過することはできません。

 

ブログを作って早く申請を出したいところですが、焦る気持ちを押さえて、ここは確実にサイトコンセプトを立てましょう。

 


 

独自ドメインでブログを作成

 

Googleアドセンスの審査に通過するためには、独自ドメインが必須になりました。

無料ブログでは審査ができませんので、ご注意ください。

 

また、Googleアドセンスで収益を生み出すブログを作成していく上で、ワードプレスというブログ作成ツールをレンタルサーバーと合わせて使用することを強くおすすめします。
クオリティの高いブログを作成できることはもちろんなのですが、グーグルさんに気に入られる技術が入っています。検索結果で優位に立つためには必須のツールではないでしょうか。

レンタルサーバーは、ブログを公開するために必要な空間ですので必須条件です。

 

<ポイント>

・独自ドメインのブログ作成が必要

・レンタルサーバーの契約

・ワードプレスを使用してブログを作成(グーグルの検索に有利)

・レンタルサーバー費用とドメイン費用は、経費として必要。

 

※ワードプレスでブログを作成するためには、ワードプレスが対応したレンタルサーバーとの契約が必要となります。

おすすめは、「エックスサーバー」がメジャーです。

 


 

記事は1000文字以上を目安に記載

 

2016年以前は、薄い内容でよかったのですが、有益な情報を提供するためには1000文字以上を目安に記事を作成しましょう。

 

500文字程度だと、ほぼ確実に審査NGと聞きます。

(内容にもよると思いますが)

 

1000文字は書き始めると、意外と簡単に超えますので大丈夫です。

 

記事の内容は、大人から子供まで見ても大丈夫な内容が望ましいです。

 


 

審査にはどのくらいの記事が必要?

 

これについては、意見は様々です。

15記事で普通に通過しました!

という結果も聞きます。

 

でも15記事は、少々不安な気がします。

30記事程は公開した方が良いですし、ストック記事を残して置き、定期的に追加更新する姿勢が大切です。

継続あるブログは、審査に有利ということです。

 

焦らず、ある程度記事を溜めることをオススメします。

 


 

バナー広告や外部リンクはNG

 

オシャレで華やかなバナー広告や、キャッチフレーズがかっこいいテキストバナーリンクがありますけど、アフィリ系の広告を貼っていると、審査に落ちます。

営利目的な広告は、審査には不要ということです。

貼らないにこしたことはありません。

 


 

プライバシーポリシーの公開

アドセンス用のブログには、必ず作らなければいけないページがあります。

「プライバシーポリシー」です。言葉だけはなんとなく聞いたことありませんか?

 

・個人情報の保護

・広告の配信

・ウェブサーバーの記録

・免責事項

 

このような難しそうな内容を載せる必要があるのです。

簡単に説明すると、「プライバシーポリシー」を明記してるサイトなら「グーグルアドセンス」を利用してもOKですよという意味です。

逆にプライバシーポリシーをサイトに記載していなければ「グーグルアドセンス」は使えません。という意味です。

<サンプル (必ず自身の内容に書き換えてください)>

以下、当サイトを利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

 

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

 

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。

 

お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

 

その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

 

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

 

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

 

 


 

禁止コンテンツにはご注意を!

 

大人から子供まで、誰が見ても問題のないコンテンツや記事ならばOKなのですが、

著作権に違反したような内容やギャンブルやアダルト系はNGです。

 

調べてみると禁止コンテンツはたくさんありました。

下記のグーグルさんのページに禁止コンテンツの一覧が記載されていますので、ご参考にしてくださいね。

https://support.google.com/adsense/answer/1348688

 


 

まとめ

ネットビジネスは、簡単ではありません。

満足に稼げている人は一部だと思ってください。

ですので、審査に落ちても落ち込まず、再度改善してチャレンジし直しのスタンスで行けば、必ず審査に合格します!

 

一緒に頑張りましょう!

 


 

<関連記事>

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です