抜け毛薄毛白髪による冬老けを防げ!改善方法は○○だった!「教えてもらう前と後「冬老けを防げ!白髪&抜け毛㊙改善SP★新スゴい道の駅」2018年11月13日放送

投稿者: | 2018年11月13日

白髪や抜け毛の予防対策の特集をテレビでしていました。

白髪の悩みも多いかもしれないけど、やっぱり抜け毛による「薄毛やハゲ」への心配は、男性だけではなく女性にも当てはまります。

 

ちなみに番組名は下記の通りです。

教えてもらう前と後「冬老けを防げ!白髪&抜け毛改善SP★新スゴい道の駅」
MRO 2018年11月13日(火) 20:00~

 

薄毛やハゲのキーワードは男性だけかと正直思っていたのですが、失業中、ゆっくりと日中テレビを見ていると、びっくりするほど女性の薄毛対策に関するCMも多いこと!

ボリュームUPのピンポイントウィッグなどはオシャレも含めて使えますね。

 

実は、クマ吉もあまり髪の毛は多い方ではなく、キープをするためにそれなりにお金をかけています。

番組でも言っていましたが、ストレスは白髪の原因にもなるし、血流を悪くして抜け毛にもつながるので要注意とアドバイスしていました。

クマ吉の頭皮もあの頃にやられちゃったんでしょうね・・・(悲)

 

 

以下、番組では、特に薄毛の方にとって興味深い内容だったと思うので、ポイントをまとめてみました。

薄毛や白髪が気になる方にお役に立てると嬉しいです。

 

 

■番組のまとめ

 

番組冒頭で、中学生の女性の黒髪に、20本の白髪を混ぜるだけで、後ろ姿がなんと30歳も老けて見える写真から始まりました。

40代~60代 男女300人にアンケートした結果、カラダの悩みとして、

1位:白髪                         151票

2位:首、肩こり               96票

3位:抜け毛、薄毛           91票

のランキングのようです。

特に、秋冬は白髪と抜け毛で老ける傾向があるとのことで、疑問点や対策方法を紹介されていました。

 

 

■白髪を抜くと増えるの?

⇒ 白髪を抜いても増えることはないとのことです。

元々、髪の毛の色は白く、メラニン色素の働きによって黒い髪の毛が生えてきます。

よって、何らかの原因でメラニン色素の働きが低下して白髪になるのです。

よって、白髪を抜くと毛根の根元にダメージを与えるので、目立つ場合は根元付近で白髪をカットするのがベストとのこと。

 

 

■白髪はストレスで増えるって本当?

⇒ストレスで白髪は増えるとのことです。

ストレスがかかると、末梢神経が細くなり血流が悪くなって白髪になったり、髪が抜けたりする原因になるそうです。

 

 

■白髪は黒髪に戻ることはあるの?

⇒復活すことはあり得るとのこと。

髪の色を作るメラニン色素は、血流不足で一時的に休息することがありますが、何らかのきっかけで、またもとの正常な状態に戻ると黒髪になる場合があるそうです。

ただ、そのメカニズムはまだ医学的にも分からないそうで、これがわかればノーベル賞ものだという話です。

 


 

■抜け毛について、「悪い抜け毛」と「良い抜け毛」とは?

 

番組では、こんな質問をされていました。

「根元が白い抜け毛」と「根元が黒い抜け毛」どちらが薄毛につながる悪い抜け毛でしょうか?と。

 

 

正解は、「根元が黒い抜け毛」です。

 

白い部分は、毛根鞘(もうこんしょう)といい、髪の成長に必要なものです。

そして、成長を終え、抜けるのは正常なサイクル。

逆に根本が黒いと何らかの原因で髪が正しく成長しておらず、危険な抜け毛と言われています。

 

日本人の1日の抜け毛は50~100本が平均とされています。

その内の5~7割がシャンプー時の抜け毛とされています。

 

また、抜け毛の本数よりも気にすべきは、抜け毛の質とのこと。

細い抜け毛や短い抜け毛は、特に注意が必要。

細くて短い抜け毛というのは、ずばり「早死にした毛」なのです。

 

 

■そもそも、髪の毛の寿命って?

 

○正しいヘアサイクルの場合

髪の毛は、毛母細胞の働きで作られ、髪が育つと毛根が丸く太く育ちます。

成長期に2~6年かけて伸びます。

その後、毛根が縮んで自然と抜け、また毛母細胞が次の新しい髪を育てます。

 

○薄毛につながる悪いヘアサイクルの場合

毛根には、髪の毛を作る細胞が集まっていますが、悪い抜け毛ではその機能が落ちて、ヘアサイクル自体が短くなってしまいます。

成長期が数か月~1年に短縮されてしまい、簡単に抜けてしまうようです。

 

 

■元天皇陛下の理髪師がアドバイスする抜け毛の改善方法とは?

抜け毛や薄毛の要因は様々ですが、今回番組が注目していたのは、頭皮に詰まった「皮脂」でした。

毛穴に詰まった皮脂は周辺に炎症を起こしやすくするため、抜け毛の原因になるのです。

 

○実は、洗い方に改善のポイントがあった!

天皇陛下の理髪師として御理髪掛を10年担当された大場 隆吉さん(66歳)によると、多くの人は、正しいシャンプーの仕方を知らないとのこと。

 

○ポイント1 シャンプー前の予洗い

シャンプーする前の予洗いで7割近くの汚れを落とすことができるとのこと。

 

予洗いとは?

シャンプーをする前にお湯で頭皮を洗うことをいいます。

シャワーヘッドを頭皮から約5cmに近づけ、シャワーの水圧で汚れを落とします。

お湯の温度は39℃前後で約3分が目安です。

お湯の温度は高すぎると必要な皮脂が落ちすぎるので要注意とのとでした。

 

 

○ポイント2 シャンプーの付け方

特に髪の長い女性の場合、シャンプーを付けても髪の表面にしかつかず、肝心の頭皮が綺麗に洗えていないのが特徴です。

ポイントは、髪の生え際から頭頂部に指を滑らせながらシャンプーをなじませ、髪の毛に空気を含ませながら髪の毛を泡立てネットのようにすると、きめの細かい泡が出来上がります。

このきめの細かい泡で頭皮の皮脂を落とすことがポイントです。

頭皮を果物の桃を触るイメージで優しく洗うことを心がけ、指の腹で頭皮を優しくマッサージしながら、皮脂を取ることがポイントのようです。

重要なのは、シャンプーで髪を洗うよりも、頭皮を洗うことに重点をおくことがベストだと。

 

 

○ポイント3 すすぎの時間

シャンプーで洗う時間の2倍をすすぎの時間にかけます。

泡がなくなっても1分程すすぎを続けるようにするのがポイントのようです。

泡がしっかりと取れないと、皮脂がとれず、毛穴にびっしりとつく原因になるとのことです。

 

 

○ポイント4 ドライヤーの仕方

自然乾燥のままだと、髪の毛や頭皮に水分が残ったままの状態となり、雑菌が繁殖しやすい状態になるので、早めに乾かすのがポイント。

ドライヤーの注意点として、次のことを挙げていました。

・ドライヤーと髪の毛の距離に注意すること
⇒ドライヤーの温風は、平均100℃~110℃になります。
例えば、ペットボトルに近づけると熱でクニャっとなっていました。

 

・頭皮から20cm以上離すこと
⇒60℃~70℃の適切な温度になります。

 

・髪の毛が8割程度乾いたら、冷風機能を使う
⇒髪の毛のツヤや手触りが良くなります

 

 

以上が、番組で主に印象に残った部分のまとめとなります。

個人的には、とても参考になりました。

 


 

記事の最初にも話しましたが、クマ吉はあまり髪の毛が多い方ではありません。

一時、本当にヤバイ時がありました。

シャンプー後、髪が乾くと頭皮からおでこにかけてとてもツッパる感じが続きました。

また、乾燥しているから洗っても何となくかさついて痒いのかなぁ・・と思い、そのままにしていたらどんどん髪にボリュームが無くなっていくのがわかりました。

そうなると、鏡を見るたびに頭皮の分け目が気になり、また歩いている時にガラス窓に自分の姿が映るたびに無意識に頭皮に注目している自分がいました。

一番気になったのは、写真。

過去の写真と比べると、どう考えても印象が変わっている。

何とかしないと・・・と思い髪は髪の専門店である行きつけの美容室に相談しました。

「頭皮が硬いし、どう見ても血行不足の頭皮の色ですね・・・と。」

また頭皮が突っ張るのは「シャンプーが頭皮に合っていない」とズバリ指摘されました。

使用していたシャンプーが強すぎて、ダメージがあったようです。

 

そんなこんなで、シャンプーやトリートメント、ヘッドスパなど髪と頭皮によいものを相談しながら、毎日マッサージしながら頭皮ケアをしています。

おかげで、ちゃんと生えて残ってますよ!

正しいシャンプーの仕方を参考に、毎日のマッサージで冬老けを防ぎましょう!

 

 


 

毎日頭皮を洗うシャンプーだからこそ、頭皮に優しく、合ったものを選びたいものですね。

 

餅は餅屋。髪のことは美容室でアドバイスを聞いて本当によかったと思いました。

シャンプー選びは本当に重要だと実感しました。

あのまま、知らずに自分に合わないシャンプーを使い続けていたら、どうなっていたのかを考えるととても怖いです。

美容室が提案してくれたのは、「コタ セラスパシャンプー」と「コタ セラ スパトリートメント」でした。

シャンプー中でも頭皮にとても優しいとのこと。

使用し続けて6か月ほどすると頭皮のツッパリ感はほとんど感じなくなりました。

美容師さんに感謝です、本当に。

その後も、同じシリーズの育毛促進のローションでマッサージしながら、髪の毛をキープしています。

 


 

■COTAのシャンプーって?

1999年にコタ株式会社によって販売されたCOTAシリーズのコタシャンプー。

コンセプトは色あせない美しさと時間を超える上質。

年齢に左右されない美しい髪を作る成分が、ギュッととまったシャンプ―とのことです。

最近では、Tokyo GIRLS MUSIC FES.2017にパートナー企業としても参加さています。

 

コタの公式サイト ⇒ http://www.cota.co.jp/

 

COTAのシャンプーには種類があり、パサつき、硬質でゴワゴワしたり広がりやすい髪、頭皮のダメージを改善など、髪や頭皮に関する悩みに対応しています。

それぞれの悩みに合うシャンプーを使うことで悩みを解決してくれるというわけですね。

このCOTAシャンプーは、市販では販売されておらず、サロンを中心とした取り扱いが主になっており、美容院でのシャンプーに使われていたり、コースメニューの1つにもなるくらいなんですね。

 

なので、お値段的には市販のシャンプーよりも値は張りますが、当然メリットも多いのもポイントなのですね。

髪や頭皮で悩んでいるのであれば、試してみるのもアリではないでしょうか?

 

 

○コタ セラスパシャンプー

頭皮と髪を健やかに保つ成分が過度の脱脂をすることなくデリケートな頭皮もマイルドに洗い上げることができます。頭皮が敏感な方におすすめです。

 

○コタ セラスパトリートメント

頭皮を保湿し、角質の潤い密度を高めることで、毛髪のダメージもしっかりと補修します。

頭皮の角層部分に存在し、タンパク質間の水分を保持する成分「セラミドⅡ」が水分の蒸散を抑え、乾燥から頭皮を守ります。

 

コタ セラ シャンプー200ml&トリートメント200gセット

新品価格
¥3,160から
(2018/11/24 00:52時点)

 

○コタ セラスキャルプローション

頭皮にうるおい、育毛効果。

3つの有効成分「ニンジンエキス」「グリチルレチン酸[β-グリチルレチン酸]」「酢酸DL-α-トコフェロール」が血行を促進し、毛乳頭を活性化させ、健康な毛髪の成長を促します。

植物抽出エキスが頭皮の乾燥を抑え、ハリを維持し、みずみずしい状態を保ちます。

 

COTA SERA  スキャルプローション 100ml 【医薬部外品】

新品価格
¥2,654から
(2018/11/24 00:55時点)

 


 

 

<コタ アイケアシリーズ>

①コタ アイ ケア シャンプー 1(ラベンダーブーケの香り)

絡まりやすい髪を、ふんわりサラサラの髪に洗い上げます。

②コタ アイ ケア シャンプー 3(ネロリブーケの香り)

乾燥しがちな髪を、軽やかで潤いのある髪に洗い上げます。

③コタ アイ ケア シャンプー 5 (ジャスミンブーケの香り)

パサつきやすい髪を、みずみずしくなめらかな髪に洗い上げます。

④コタ アイ ケア シャンプー 7(フルーティーローズブーケの香り)

硬い髪を、しっとりやわらかな髪に洗い上げます。

⑤コタ アイ ケア シャンプー 9(ダマスクローズブーケの香り)

広がりやすい髪を、しっとりとしたまとまりのある髪に洗い上げます


 

自分に合ったシャンプーを選んで、しっかり頭皮ケアをしましょう!

いつまでも若々しくありたいですので、冬老けにならないように頑張りましょう♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です