これが花粉を防ぐ最強のマスク!インナーマスクの作成方法とは?

投稿者: | 2018年4月11日

今年も、花粉のシーズンですね。

花粉症で悩まされている方は多いはず。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみ・・・など症状は様々ですね。

この花粉症、みなさんならどのように対策しますか?

一番多い手段としては、「マスクをつけること」が考えられるのではないでしょうか。

 


 

マスクの効果とは

マスクの性能は、近年機能が向上し、優れているものが多くなっています。

中でも、性能の良いマスクであれば、95%以上の花粉をカットできるものがあります。

マスクの装着は吸い込む花粉をおよそ3分の1から6分の1に減らす効果がありますので、花粉症対策の中ではマストアイテムですね。

しかし、もったいないことに、多くのユーザーさんは、マスクを顔にぴったりフィットさせずに装着していることが多いため、顔の隙間から花粉が入り込み、本来の性能を発揮することができないのです。

マスクを装着時は、なるべく隙間ができないようにぴったりフィットさせることを心がけましょう。

 


 

マスクに少し工夫するだけで、99%花粉を防ぐ方法

「インナーマスク」という言葉を聞いたことはありますか?

簡単に一言で説明すると、マスクの内側にガーゼを当てると、より花粉を減らす効果があるのです。

くしゃみの連続、ムズムズ。

なんとか止めたいですよね。

 

簡単にできるインナーマスクの作成方法

使用する材料:市販のガーゼ、化粧用コットン

  1. ガーゼを縦横10cm程度に切り、2枚用意する
  2. 化粧用コットンを丸めて、1枚のガーゼでくるむ
  3. 市販の不織布のマスクにもう1枚のガーゼを4つ折りにしてあてる。
  4. 鼻の下にガーゼでくるんだコットンを置く
  5. ③のガーゼをあてたマスクを装着する
  6. 息が苦しい場合には、コットンの厚さを半分にする

※花粉症環境保健マニュアルより引用

 

 

個人的におすすめなのが、ガーゼに「アロマ」の香りをつけると気持ちがよりリラックスできるような気がします。

ペパーミントの香りならば鼻通りも良くなり気持ちいいですよね。

実際、鼻がスーッとします。

是非、お試しいただけると幸いです。

 


 

花粉症対策のまとめ

花粉症の原因は花粉であることは、ほぼ間違いありません。

少しでも花粉を体内に取り込まないことが、対策のポイントのようですね。

その対策の1つとして「マスク」が必要不可欠なマストアイテム。

マスクをぴったりと顔にフィットさせ、さらにインナーマスクを追加することで通常のマスク着用と比べてさらに花粉をシャットアウトできるわけです。

また、当然ながら規則正しい生活も忘れてはいけないポイントです。

暴飲暴食、たばこ、かぜによる鼻の免疫低下は、花粉症を悪化させる要因となりますので、正しい生活習慣を身に付け、花粉シーズンを切り抜けましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です