おせち料理の意味と由来とは?忙しい家庭でも簡単におせち料理を堪能しよう!

投稿者: | 2018年10月1日

お正月になると、おせち料理ですね。

どうしてお正月にはおせち料理を作るのでしょうか?

しかも、おせち料理って何?

正直、今まで気にもしたことがありませんでした。

お正月にはおせち料理を作るんだ、というくらいの認識でした。

おせち料理には、普段食べる機会がない食材がたくさん登場しますね。

しかも料理を詰めるためのお重箱の存在も。

よく考えてみると、不思議なことばかりです。

今回、お正月にはほぼ欠かせないであろう、おせち料理について少し調べてみました。

地域によっては多少違いがあるかもしれないけど、ご参考にしてみてくださいね。

 


 

おせち料理とは?

 

おせち料理とは、お正月に食べるお祝いの料理のことです。

元々の由来はとても古く、奈良時代から平安時代にかけて、季節の節目に節会(せちえ)という宴を開くことから始まり、季節の節目のお祝いとして特別な料理を食べたことから始まったと言われています。

基本的には、豊作を祝って食べていたのでしょう。

その後も五節句や元旦などの節目を祝うための特別な料理でしたが、江戸時代に一般の庶民の間にもこの風習が広まると、一年の節目で一番大切なお正月にふるまわれる料理が「おせち料理」と呼ばれるようになったと言われています。

よって地域によって収穫される作物の違いから、一言でおせち料理と言っても場所によっては少し異なる食材がお重箱に詰められているのです。

また、おせち料理は何故お重箱に重ねるの・・・と思いませんか?

お皿じゃダメなの?

意味としては、「めでたさを重ねる」という意味からお重箱に詰め重ねるとのことです。

また他の意味として、保存が利くように

1つ1つに深い意味があるようですね。

 

 


 

 

めでたさを重ねるお重箱。何段重ねる?気になる中身は?

 

「めでたさをお重箱で重ねる」おせち料理。

普通、何段お重箱を重ねたらいいのでしょうか?

しかも何をお重箱に詰めるの?

 

<基本は4段重ね>

上から順番に、「一の重」「二の重」「三の重」「与の重」を指しています。

お重に詰める主な食材をピックアップしてみました。

普段あまり食べないものばかりがぎっしりですね。

最近は、年末年始も仕事などで忙しく、おせち料理を作る時間のない家庭も多く、また、少子化などで少人数の家庭も少なくないので、4段重ではなく3段重や2段重にシフトされている傾向もあります。

今回は、基本の4段重を例にご紹介してみます。

 

<一の重>

重ねた時に一番上になる一の重には、お正月にふさわしい祝い肴(いわいざかな)を詰めます。

数の子、田作りなど、黒豆の祝い肴(いわいざかな)が中心のお重になります。

だて巻き卵やかまぼこなどもこの1の重に入っています。

一の重に入りきらない場合は、別の段になってでも欠かさずに入れましょう。

・数の子 ⇒ 子孫繁栄を願う縁起物

・田作り ⇒ 片口イワシの稚魚を干して飴炊きにしたものです。昔、片口イワシを肥料にしたいわれがあるようです。

・黒豆 ⇒ 邪気払いと、勤勉に働けますようにと願いを込められているとか。

・紅白かまぼこ ⇒ 赤は魔除けの意味、白は清浄のようです。

・だて巻き卵 ⇒ 知識が豊富に増えますようにと願いが込められています。

 

<二の重>

縁起の良い海の幸が中心となる焼き物のお重です。

ぶりや鯛、海老などがこのお重になります。鯛や海老の頭は左向きになるように詰めるとよいと言われています。

・ぶり ⇒ ぶりは、大きさによって名前が変わる出世魚ですね。とても縁起がよいです。

・鯛 ⇒ 味も姿もよい鯛は、江戸時代から祝膳には欠かせないものでした。まさにめでたい魚です。

・海老 ⇒腰が曲がるまで元気に長生きができるようにと願い込められていると言われています。

 

<三の重>

山の幸を中心としたお重になります。

レンコン、里芋、筑前煮、こんにゃくなどの山の幸です。

竹筒などの器などを利用して他の料理と汁が混じりあわないように工夫するとベターです。

アルミで仕切るのもいいけど、和のイメージを崩さないように竹筒をおすすめします。

・レンコン ⇒ 穴が空いていることから将来を見通せるように願いを込められています。

・里芋 ⇒ 子孫繁栄。子芋がたくさんつくことからそういわれています。

・ごぼう ⇒ 根を深く張り代々幸せが続く願いを込められています。

 

<与の重>

四という言葉を使わずに四段目を「与の重」と呼びます。

日持ちのする酢の物・和え物が中心となるお重です。

紅白なますなどを詰め合わせます。

 


 

今のように、冷蔵庫のない時代、本来のおせち料理は保存が効く料理がほとんどです。

またおせち料理は1日で食べきるものではなく、数日にかけて食べます。

保管場所を取らず、ほこりが入りにくいように蓋ができるのもお重箱ならではのメリットですね。

このように、お重箱にぎっしりと詰まったおせち料理。

一つ一つに意味があり、家族の幸せを願う意味があることを知ると、今年はおせち料理がなんだか楽しみになりませんか?

普段食べない、苦手な食材もあるかもしれないけど、意味を知ると美味しく食べられそうですね。

 


 

 

おせち料理の種類は全部で20~30種類

 

地域によっておせち料理に詰め合わせる食材の種類や数も異なりますが、すべて揃えると20~30種類になります。

上記では、ほんのごく一部の素材であり代表的なものだけをピックアップしてみました。

多いもので40種類の豪華な品数が入っているオイシックスのおせち料理なら、大人から子供まで楽しめるんですよ!

 

おせち料理は、これまで自宅で手作りされている家庭も多かったと思いますが、最近では、年末年始も仕事などで忙しく、おせち料理を作っている時間のない家庭も多くなっているのも現状です。

デパートやスーパーでは丁度いい大きさや品数が入ったお重箱が用意されていたり、紙製でお洒落に作られたお重箱など、忙しくておせち料理を作れない家庭でも楽しめるような工夫がたくさんあります。

また、少々豪華なおせち料理を堪能したい方もいるともいます。

そこで、今年は自宅でおせち料理を作る方も、そうでない方も、一度は味や見た目を比べてみませんか?

年末年始の忙しさの軽減も兼ねて、是非ご参考にしていただけると幸いです。



 

<オイシックスは2019のおせちとして、12商品をご用意>

和風おせちの「福寿(二段)」で27品目、2段重で高い人気を誇る「高砂」は24品目、三段重で人気の「上高砂」だと37品目。

伊勢海老や鯛、鮑などの高級食材が入った「琥珀(三段)」は40品目、日本三大珍味入りの「翆玉(三段)」は33品目、フォアグラ・キャビア・トリュフの世界三大珍味まで入った「瑠璃(三段)」は32品目といずれも充実の品数です。

素材も全国のうまいものを知り尽くしたバイヤーが選りすぐりの素材を集めていて、素材には塩分を濃くしたり合成保存料を使用したりせず、素材の旨みを存分に楽しめるように、急速冷凍で用意しています。

食べ方もいたって簡単。

宅配便で届いて、食べる1日前に冷蔵庫に入れるだけ。

食べる1~2時間前に常温で少し待ったらよりおいしく食べられます。

これなら、時間がない忙しいいご家庭でも家族でおせち料理を簡単に楽しめますね。

味や素材も一級品です。

 

<第三者機関の監査をクリアしているからより安心>

子供に安心して食べさせられる安全基準について、学識経験者と消費者委員(主婦)の方の計6名から構成された食質監査委員会が審査を実施し、すべての監査をクリアしたおせちのみ取り扱いしています。

 

【Oisix】満足度96.1%のおせち料理

 


 

最後に

如何でしたか?

おせち料理の歴史はとても古いものだったんですね。

食がいつでも食べられる現代にとってそのありがたさは薄れがちだけど、今一度、そのありがたさを感じたいですね。

食に感謝。

 


 

<おせち料理に関する関連トピックス>

毎年、おせち料理は作っていますか?それとも今年はお取り寄せですか?

年末年始の忙しい主婦のために、時間節約としてお取り寄せおせち料理はいかがですか?

蓋を開けると納得の品ぞろえと豪華さです。

早期割引キャンペーンもありますので、ご興味のある方はお気軽にどうぞ。

デパートや百貨店、老舗のおせち料理はいつ頃販売するの?

 

<新春に関する関連トピックス>

忙しい年末が過ぎるとお正月。季節は新春、「春」です。

お財布を新調しようと考えているのであれば、断然季節は「春(張)」の時期がベストですね。

こちらの記事も合わせてご参考にしてくださいね。

春財布はいつ買った方がいいの?金運財布にするにはどうすればいいのか?

お財布を買ったら少し寝かせて金運アップを!期間や場所は?

お財布の色や素材には金運アップの意味があった!

 

<今年こそはチャレンジの年!>

春の季節は何か新しいことを始めるベストなタイミングですね。

それと同時に継続も試されますけどね。

皆さん3日坊主にならないように計画を立てましょう。

ちなみに何かを始めるために縁起の良い日があります。

一粒万倍日カレンダー★何かを始めるのに適した日!

一粒万倍日という言葉を知っていましたか?

何かを新しく始めるなら縁起の良い日をチェックしてみてくださいね。

継続は気持ちも大切ですから。

 

 

<年末年始で食生活が乱れがち!スーパーフードで健康をキープ!>

ハロウィンやクリスマス、お正月など年末年始には様々な大きなイベントがありますね。

また、2月になればバレンタインシーズンですのでチョコレートを食べる機会も多いのでは?

当然、暴飲暴食で食生活も乱れ体調を崩したり太ったり・・体調管理にはくれぐれも気を付けましょう♪

<ダイエット系>

基礎代謝が落ちて太るタイプにおすすめ!ダイエット効果があるスーパーフード3種

食べ過ぎて太ってしまうタイプにおすすめ!ダイエット効果があるスーパーフード3種

食物繊維が不足で便秘気味で太るタイプにおすすめ!ダイエット効果があるスーパーフード3種

<肌のトラブル系>

肌のシミが気になる人におすすめ!美容に効果があるスーパーフード2種

肌のくすみが気になる人におすすめ!美容に効果があるスーパーフード2種

<目の疲れに>

目の疲れが気になる人におすすめ!疲れ目のあなたにおすすめのスーパーフード2種

<スーパーフードとは?>

ダイエットや美容、疲れ目に効果あり★スーパーフードの魅力とは?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です