世界最少年!天才オセロ少年が現れる!福地啓介くん。飛行機での祝福サプライズも!

投稿者: | 2018年10月18日

 

最近連日のようにテレビで注目を集めている、天才オセロ少年、福地くん。

 

世界オセロ選手権で優勝したのは、世界最少年の日本人。福地啓介くん11才(神奈川県在住)。

第42回世界オセロ選手権(チェコのプラハで開催)で史上最年少での優勝を達成しました。

⇒ 第42回世界オセロ選手権inプラハ(2018/10/9~10/12)

今や時の人ですよね。

過去の最年少優勝記録は15歳とのこと。福地くんはこの記録を大幅に更新したわけです。

見れば見るほど賢い顔をしていますよね。

自分の11才の時は一体何をしていたのでしょうか・・・。オセロはしていたと思いますが。

私も感じましたが、ただものではないオーラを持っていると称賛するコメントが多数ありました。

 

 


 

◆帰りの全日空の機内で祝福サプライズが!

 

チェコのプラハから日本へ帰る飛行機でサプライが起こりました。

この時のフライトを務めたのが機長の谷田邦彦さん。

福地くんへの祝福メッセージが流れました。

 

話はこれで終わらず、谷田機長と福地くんはなんと、オセロでつながっていました。

谷田機長は1982年のオセロ世界選手権で当時の最年少優勝者でもありました。

上記で記載した15歳の優勝者。

全日空の調整などもあったのかもしれませんが、この巡りあわせはまさに奇跡なのではないでしょうか。

この機長のサプライズ祝福は、乗客の方々から感動と拍手喝采だったとのことです。

この同じ機内に乗り合わせている方々もとてもラッキーですね。

改めて、このお二人に拍手です。

 


 

日本オセロ連盟の公式サイトに福地くんをはじめ、JAPANチームの写真が掲載されていました。

また、全国幅広く、大会や定例会などが開催されているのがわかります。

将棋に続き、オセロもとても暑いですね。

日本オセロ連盟の公式サイトは下記のURLです。

https://www.othello.gr.jp/

大会やイベントなど、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 


 

チェコのプラハってどこ?

プラハはチェコ共和国の首都で、街はヴルタヴァ川によって二分されています。

歴史的な建造物が数多く残る人気の観光都市です。

ベルリン(ドイツ)やウィーン(オーストリア)、ブダペスト(ハンガリー)など、他国の主要都市からもアクセスよいのも魅力的です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です