お寿司をもっと美味しく食べるポイントから、「美肌効果」のある寿司食材をご紹介!

投稿者: | 2019年1月5日

 

 

旅行先やちょっとリッチにお寿司を食べたくなる時ってありませんか?
美味しいですよね、お寿司は。
回転寿司などはファミリーも多く、楽しく好きなものを注文して食べますが、少々高級なお店でお寿司を食べようと思うと何だか妙に不安になりませんか?
今回ご紹介する記事は、お寿司屋についての基本マナーを知ると、もっと美味しく食べられること間違いないし!
また、この人「通」かも・・と思わせるテクニックをご紹介していきたいと思います。

 

あら汁に入っているネタをチェックしよう!

 

お寿司屋さんに行くと、「今日のおすすめ」にあら汁がある場合があります。
そのあら汁に使われている魚は、その日に入荷され、さばいた可能性が高いのでとても新鮮で美味しいのです。
つまり、鯛のあら汁があれば、鯛を頼むと新鮮というワケ。
「今日のおすすめ」には、逸品が隠されていることも多いので、お寿司を注文する際に選んでみましょう。

 

ワサビのつけ方を知っていますか?

 

ネタを箸でめくり取って、ワサビを付けて、醤油を付けて食べていませんか?
お寿司屋さんでワサビのつけ方にもルールがあるようです。

・ワサビ抜きの寿司の場合
⇒ ネタの上にお箸で少し付けて食べるのが正解。

ワサビを醤油に溶くのは香りが飛んでしまうのでNGのようです。
またネタをめくってつけるのはせっかく一体化して提供された美味しいにぎりの意味がなくなってしまうのでNGです。
ちなみに、軍艦巻きは、ガリを使ってネタに醤油をつけるのが通とされています。
奥が深いですね。知りませんでした。

 

せっかく食べるのであれば、太りにくい食べ順を知ろう!

 

美味しいお寿司を食べる際、カロリーも気になるところですね。
実は太りにくい食べ順やお魚があるようですので、ご紹介したいと思います。

「食べ始める前に、お茶を半分ほど飲み、ガリを食べる」ことです。
内臓を温め、食物繊維を摂ることで、糖質や脂質を吸収しにくくする効果が期待できるとされています。
もともと酢飯には、ご飯に比べると脂質を吸収しにくい利点もあるのです。

また、青魚は「やせる脂」と言われています。
アジ、イワシ、サバなどの青魚に含まれる脂は、生活習慣病予防やダイエット、美肌に欠かせない栄養素として注目されている「オメガ3脂肪酸(ω-3脂肪酸)」を含んでおり、脂肪燃焼効果が期待できます。
また、人間と体温が近い肉の脂と違い、体に蓄積されにくいという脂という利点もあります。

 

美肌効果が期待できるネタってあるの?

 

そもそも魚介類は、美肌に欠かせない良質のたんぱくが豊富な食べ物です。

・タウリンが多いネタ
⇒ タコ、イカ、貝類、

・鉄分豊富なネタ
⇒ マグロの赤身、ホタルイカなどが効果的

・抗酸化成分(シミを防ぐ効果)のあるネタ
⇒ サーモンやイクラ

・ビタミンCが含まれるネタ
⇒ タラコ、明太子など

これらの成分を体の隅々まで届けるためには血行を良くすることも大切です!
しっかり食べて、血行を良くしておきましょう!

 

濃いネタの後はガリで口をリセットするのがポイント

 

お寿司は、どんな魚から食べていますか?
食べたいモノ順という人も多いのではないでしょうか。

しかし、寿司は、淡泊なものから濃いものへと進むのが基本とされています。
例えば、濃厚なトロを先に食べてしまうと、白身魚の繊細な味がわからなくなり勿体無いのです。
そうはいっても、そう簡単にはいきませんよね。
その時に活躍するのが「ガリ」の存在です。

ガリを食べると、舌をリセットする効果や殺菌効果もあります。
このガリは、寿司文化が生まれたころから存在するそうで、欠かせないものなのです。
ガリを有効に使って、美味しくお寿司を楽しみましょう。

 

甘いお寿司で〆るのが通!

お寿司屋さんに限らず、飲食の後、最後にデザートやスイーツの甘いものが出てきます。
当然、お寿司の世界でも同じことが当てはまります。
昔から、寿司の世界では、かんぴょう巻きや玉子で〆るのが通だと言われています。
玉子などは途中で食べていませんか?
粋で通な食べ方を目指すなら、最後は甘いお寿司で〆るのがポイントのようですね。

 

 

春の季節におすすめなお寿司ネタをピックアップ!

 

桜鯛
桜の季節に獲れる美味しい桜色の真鯛
この季節だけの真鯛の別名。
白身が赤味をおびて桜色になるのは、産卵期に向かって脂を蓄えているから。
桜色の姿と「白身魚の女王」の名にふさわしい上品な旨みが特徴。

 

初鰹
秋の戻り鰹に比べて身が締まっていてあっさり
春から初夏にかけて太平洋を北上するのが初鰹で、深紅に輝く身が印象的。
旬の味覚をこよなく愛した江戸っ子からは「女房を質に入れても初鰹!」なんて心待ちにしていたとか。

 

鰆(さわら)
漢字を見れば一目瞭然。春を告げるほろ甘い赤身!
甘みも旨みもほどよく、やわらかくほどける食感が特徴。
白身魚と思いきや、分類は赤身魚。炙って食べることも多い。
成長するたびに名前が変わる出世魚で「サゴチ」とも言われています。

 

サヨリ
噛むほどに感じる旨みとほのかに感じる苦みが人気
細くて透明な、はかなげな姿にふさわしい、品のいい味わい。
噛むほどに旨みと甘さが出て、最後に苦みがチラリ。花見魚とも言われています。

 

金目鯛(きんめだい)
鮮やかな紅白の姿が目印。脂ののりがいい深海魚。
鯛という名前がついているのに、実は鯛とは別の深海魚。その鮮やかな外見と目の色からこの名に。白身魚のなかでもずば抜けて濃厚な旨みががあり、炙っても美味。

 

アオリイカ
舌にねっとりと絡みつく春に巨大化するイカの王様
日本近海のイカの中で、もっとも大型。
大型と聞くと堅そうだけど、肉厚な身は歯ごたえはいいのにやわらかく、甘みが濃厚でねっとり。後味のキレの良さも人気の理由。

 

ホタルイカ
芳醇なミソもまるごと!生でもゆでても美味。
姿は小さいけれどまるごと食べられるので、イカの魅力を味わい尽くせる。
メスが美味しいとされ、にぎりで出されることも。

 

生シラス
小さいながらもプリッ!
苦みも美味なイワシの稚魚。
桜エビと同様、春秋に獲れる寿司ネタで、脂がのって大きくなる秋に比べると、食感がよくてさっぱり。鮮度が命のため、入荷しないことも多いので、メニューがあれば即オーダですね。

 

桜エビ
ピンク色にキラキラと輝く。駿河湾の海の宝石
春秋に漁期を迎える小型のエビで、獲れるのは駿河湾のみ。
乾燥で出回ることがほとんどなので、宝石のように輝く生の桜エビは、まさに季節の贈りものです。

 


 

最後にまとめ

 

いかがでしょうか。
お寿司の知識って奥が深いですね。
普通、お寿司は「冷たいもの」と思われがちですが、実際食べると、にぎりはほんのり温かさを感じる食感であったり、ワサビのつけ方一つにしても、普段全く意識していないことが多いのではないでしょうか。
これを機会に、是非、ポイントを押さえた「通」で「粋」な食べ方をしてみませんか?
是非、お役に立てると幸いです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です