天龍源一郎が小脳梗塞発表!声の原因はラリアット!嫁も乳がんなど闘病

投稿者: | 2019年9月10日

 

2019年9月9日、天龍源一郎が小脳梗塞であると報道メディアより発表されました。

天龍源一郎は2019年4月中旬から体調不良を訴えていて検査入院をされており、小脳梗塞であると診断されましたが、症状は安定しているとありました。

天龍さんの声はラリアットで喉が潰れたとされていますが、今回と関係があるのでしょうか?

いずれにしても無理をせず静養されて欲しいですね。

 

天龍源一郎さんが小脳梗塞を発表

2019年9月9日、天龍源一郎が小脳梗塞であると発表されました。

天龍源一郎は2019年4月中旬から体調不良を訴えていて検査入院をされており、小脳梗塞であると診断されました。

それ以降小脳梗塞で3度入院をするものの、2019年9月9日現在は後遺症などは現れておらず、小脳梗塞は安定状態であると発表されています。

どうか安静に治療に専念されてほしい気持ちです。

 

また、天龍源一郎の声の原因は病気が関係していたのか?と調べてみると、

プロレスでラリアットを受けすぎて喉が潰れたためとコメントされています。

それ以外にもアルコールが大好きでよく飲んでいるので喉が焼けたことも原因と言われています。

ラリアットで喉が潰れる・・もう想像がつかない世界ですね。

 

 

 

天龍源一郎さんの嫁も大病をしていた

 

天龍源一郎さんの嫁:まさ代さんは、2011年に乳がん発症し、術後4日で退院し、「旦那の世話をするために!」とのことで退院されたのが話題となりました。
しかし、その後も病気と闘い、心臓弁膜症や胆石症、糖尿病なども併発し療養が続いています。

天龍さん自身、亭主関白という自分自身の罪を認めて、嫁のために世話をしたいという思いから、2015年にプロレス人生にピリオドを打つ決断をしました。

 

■天龍さんの亭主関白の一面としては、

・嫁は旦那のことを「大将」と呼ぶこと
・嫁を競馬場まで馬券を買いに行かせる
・嫁は旦那よりも先に寝るな!
・旦那の飲み代を払う

などが有名です。

 

飲み代に関しては、天龍さん自身のお金で支払うわけではなく、嫁がスタナックで地道に働いて稼いだお金を支払に回していたとのことです。
代金に関しても数万円ではなくて、数百万円という単位だから驚きです。

でも嫁の「まさ代」さんは、天龍源一郎さんのことを「超一流のプロレスラー」になって欲しかったと語っているのが泣ける感じですね。

そんな生活を支え続け心身ともどもに酷使した結果、大病を患ったという結果になったというわけですね。

 

 

一人娘の紋奈さんについて

 

天龍さんには、一人娘の紋奈さん(あやな)さんがいます。

親子ともに仲が良く、尊敬する父のために、2010年に設立されたプロレス団体「天龍プロジェクト」の代表を務めています。

紋奈さんは、2017年11月14日に埼玉県在住の一般会社員の男性と結婚を発表しました。

結婚に至った経緯は、2016年に友人主催のパーティで出会い、その後、交際に発展したとのこと。

仲が良いのは良いことですね♪

 

 

 

天龍源一郎さんの入場曲

 

天龍源一郎さんの入場曲のBGMがありましたので、この機会にどうぞ。

 

 

最後にまとめ

 

天龍源一郎は小脳梗塞と闘っています。

病状は安定しており、多くのファンはホッと一安心ではないでしょうか。

同じ病気の人に勇気を与えて闘う天龍さんの今後の人生にも見逃せませんね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です