ウィッグを着用すると頭が痛い!解消のコツはないの?

投稿者: | 2018年7月21日

ウィッグを着用した経験のある方なら一度は感じたことがある問題。

「ウィッグを着用すると頭痛がして辛い・・・」

頭痛解消のコツを今回、ご紹介したいと思います。

 

オシャレアイテムの一つとしてウィッグがあります。

ファッションに合わせて、ショートヘアにしたりロングにしたり。

またカラーリングする前の参考にもなりますね。

このウィッグ、今や女性だけではなく男性でも利用していることも少なくないですね。

 


 

冒頭でも言いましたが、ウィッグを着用した経験のある方なら一度は感じたことがある問題。

 

「ウィッグを着用すると頭痛がして辛い・・・」

 

このような経験はありますよね?

締め付けられて、吐き気がしたりしますよね。

 

Kuma吉もたまにファッションに合わせてウィッグを被る時があって、もう頭が締め付けられるようで、痛くて痛くてたまらなくて、トイレでウィッグを外した経験があります。

 

その時の原因は、ウィッグを被る前に髪を束ねるための「ネット」でした。

比較的新しいネットだったので、ゴムがきつかったんだと思います。

外すと、一気に楽になりましたので。

 

男性で短髪の方であれば、ネットなしでウィッグを着用する手段もアリだと思うけど、女性の場合はネットが必要になります。

 


 

自身の体験をもとに、ウィッグを着用した時の頭痛解消をご紹介します。

 

<頭痛解消のポイント>

(1) ネットのゴムをすこし伸ばして緩める

(2) 少し大きめのウィッグにする

 

ウィッグ着用時の頭痛の原因は、自身の体験からも言えますが、ほぼ間違いなくネットのゴムの締め付けです。

短時間ならいいのですが、長時間ともなると苦痛になります。

オシャレをしているのに、笑顔どころじゃなく、逆に表情怖いんだけど・・・と思われます。

 

そこで、解消のポイントとしては、(1)のネットのゴムを少し緩めることをおすすめします。

ネットにも様々な素材や種類があり、「ストッキングのような生地のネット」は個人的におすすめでした。

ネットが緩いとウィッグがずれちゃうのでは?と思うかもしれないけど、ヘアピンでしっかり固定すると大丈夫です。

ものは試しで、しっかりゴムを緩めてみましょう。

これだけで、解消するケースが多いです。

 

(2)の少し大きめのウィッグにするですが、基本的には頭の大きさとあったウィッグを選びましょう。

ウィッグにはアジャスターがついているので、多少大きさや締め付け具合を調節できます。

小さいウィッグを選択してしまうと、せっかくネットのゴムを緩めて改善しても、頭痛の原因になっちゃうので、注意しましょう。

アジャスターを緩めたりすると、ウィッグがズレやすくなるので、ヘアピンでしっかりと数か所とめておきます。

 


 

いきなり本番で試す前に、必ず事前に自宅などで試してから実践することをおすすめします。

・ウィッグを長時間着用して気分が悪くなったりしないか

・ウィッグをつけたまま食事しても違和感がないか

・暖かい場所や寒い場所に長時間いても違和感がないか

 

など、確認するポイントは人それぞれたくさんあります。

 

街中で頭痛が原因で、いきなりウィッグを外すわけにもいきませんので・・・。

ビックリされます!

 

焦る気持ちはあるかもしれないけど、十分にテストを試してからにしましょう。

「オシャレは時に我慢」かもしれないけど、頭痛は辛いでよ。

 

是非、ご参考にしていただけると幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です