そのブログで使用する画像やアイキャッチ画像は使っても大丈夫?商用フリー写真をご紹介します

投稿者: | 2018年5月15日

ブログで使用する写真や画像、オシャレなアイキャッチ画像は、著作権など大丈夫でしょうか?

自身で撮影した写真や作成したイラストなどは良いのですが、

 ・著作権や肖像権は大丈夫なのか・・・。

 ・商用利用してもいいのか・・・

 ・無料?優良?

など、少々不安に思いながらサイト作りをしている方も少なくないのではないでしょうか。

 

先日も、大手有名サイトで使用されている数万種類画像が著作権関等の問題で削除みたいな動きもありますね。

せっかく時間をかけて作るブログ記事、後々指摘されると困りますので、今一度しっかりと把握しておきましょう。

 


 

■はじめに 写真やイラストの無断掲載はNGです。

今更ながらですが、ネットに掲載されている写真やイラストなどには、著作権等があります。綺麗な海外の風景の写真や、素敵なモデルの写真など。

自分のサイトで使用できたら、いいなぁ・・。と思うこともありますね。

無断で利用、掲載することは著作権侵害でNG行為です。

アドセンスを運営しているサイトであれば、停止になることもあるのではないでしょうか。

(運営規約にもあったと思います。)

ただ、写真などを提供しているサイトで、個人使用はOKだけど、商用利用はNGとか、ライセンス料を払えばOKなど、様々な利用の仕方があります。

 


 

■商用利用するなら「パブリックドメイン(PD)」やクリエイティブ・コモンズゼロ(CCO)が有名!

 

これらは一体なんでしょうか。下記に説明します。

 

【パブリックドメイン(PD)】:

著作権の保護期間が終了していたり、権利が放棄されている状態のもの。

(著作者の死後50年が経つと、パブリックドメインとして社会の共通財産となる)

 

【クリエイティブ・コモンズゼロ(CC0)】:

写真、イラスト、曲などの権利者が、著作物をパブリックドメインで提供し、著作権法上の制約などを一切課さないという意思表示をする法的ツール

ですので、単純明快に上記のパブリックドメインやクリエイティブ・コモンズの写真やイラストなどであれば「自由に使用してもOK!」ということです。

個人でもビジネスでも使用可能というのが嬉しいですね。

「ロイヤリティ」とか「クレジット表記」・・・などを考えなくてもいいということです。

 

今後、無料掲載可能な写真やイラストは、極力上記2つを使用することが無難ではないでしょうか。

 


 

おすすめする写真、イラストなどの提供サイトは?

当サイトではできるだけ自身で撮影した写真を採用する方向で進めていますが、ビジュアル性の高い写真や目に飛び込んでくるアイキャッチ画像などに使用させていただいています。

 

サイト名:Pixabay

URL:https://pixabay.com/

<PIXABAYのよくある質問より引用>
https://pixabay.com/ja/service/faq/Pixabayは著作権のない画像や動画を共有する、活気のあるクリエイティブコミュニティです。
すべてのコンテンツはクリエイティブコモンズCC0の下で公開されています。
これにより、たとえ商業目的であっても、許可を求めたりアーティストに信用を与えることなく安全に使用できます。

 

Pixabayのキーワード検索で使いたいキーワードを検索してみるとわかりますが、とてもクオリティの高い画像がピックアップされます。

掲載数も多いですので、自身にサイトデザインに合わせたものをピックアップすることもできるのではないでしょうか。

個人的にはおすすめのサイトです。

 


 

まとめ

いかがでしょうか。

無料で利用可能な写真やイラストを提供しているサイトはたくさんあります。

記事作成も大変ですが、記事に合った写真を選ぶことも意外と大変な作業ですよね。

多くのサイトを見て探すことも重要ですが、あまり時間をかけずに結果を出すには、まずは今回おすすめしたいこのpixabayをメインで利用しながら幅を広げてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です