ワードプレス(wordpress)で目次を簡単に作成設置する方法

投稿者: | 2018年4月24日

「ワードプレス(wordpress)で目次を簡単に作成設置する方法」を解説します。

今回、目次を簡単に作成設置する方法として、プラグインを使用します。

しかし、プラグインを追加しなくても目次を使用することはできますが、HTMLタグやCSSのタグを少々追加する必要があります。

このようなHTMLタグです。
<li class=”sample”>
<ul>見出し1</ul>
<ul>見出し2</ul>
<ul>見出し3</ul>
</li>

HTMLの勉強として使用するのもアリですが、見出しに修正があったりすると管理が煩雑になってしまうデメリットがあります。
ここで時間をとられていても仕方ないので、プラグインツールを使って時間短縮を図りましょう!


 

プラグインツールのインストール手順

【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。

キーワードに【Table of Contents Plus】と入力し検索します。

検索されたプラグインの【今すぐインストール】ボタンをクリックします。

 

 

【有効化】ボタンをクリックします。

 

プラグインが正常に適用されたことを確認してください。

 

【プラグイン】⇒【TOC+】を選択します。

 

【TOC+】の設定画面が表示(全表示)されます。

※この設定画面が表示されなければ、プラグインが正常に適用されていません。

 


 

設定値について

 

目次の位置設定:デフォルト設定のままでOKです。


 

目次の表示条件:見出しの設定をした時、いくつ見出しを作ると自動的に目次が作成されるかの設定値です。
当サイトでは、【4】⇒【3】へと変更しました。

 


 

【page】⇒【post】へ変更しました。

 


 

見出しテキストについては、デフォルト設定のままでOKです。

 


 

階層表示、番号振りもデフォルト値でOKです。
1.○○○
1.1△△△
1.2△△△
のような表示方法です。

 


 

これも、デフォルト値のままでOKです。

 


 

外観も基本的にはデフォルト値でOKです。
当サイトでは、文字サイズを【100%】⇒【120%】に変更しました。

 


 

目次のデザインです。
自身のサイトに合った、好みのデザインを選択します。

 


 

上級者向けは特に設定は必要ありません。

【設定を更新】ボタンをクリックし、適用します。

 

 


 

まとめ

以上が、目次の作成方法の手順でした。

ツールを知らないと簡単だけど、面倒な作業です。

作業を少しでも軽減させるためには、プラグインツールは欠かせません。

当サイトも今後のブログ作成を通じて、おすすめのプラグインがあれば随時ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です