ワードプレス(wordpress)でサイトマップを簡単に作成できるプラグインとは?

投稿者: | 2018年5月5日

ワードプレス(wordpress)でサイトマップを簡単に作成できるプラグインをご紹介します。

それは、サイトマップを簡単に作成、管理するツール「PS Auto sitemap」です。

このツールを利用しなくても記事の一覧をカテゴリ別に一覧表示させることでサイトマップを表示できるかもしれませんが、記事を追加した時や、いったん削除した時など、サイトマップに都度変更を加えるのは煩雑な作業となりますよね。

このような便利ツールは使わなきゃ損ですね。

 


 

サイトマップとは?

サイトマップとは、一言で表すと、サイト内のページリンクをまとめたページのこと。

検索エンジンとユーザーの双方に、そのサイトにどうのようなページがあるのかを伝えるために必要な一覧です。

このサイトマップには非常に重要な役割があり、SEOの向上にも密接に関わっているんですね。

新しく公開したページが検索エンジンにインデックスされるスピードも全く違います。

検索エンジンのクローラーの回遊性も大幅に変わりますので、アクセスアップや順位に大きく関わってきますので、サイトマップは必ず作成しましょう。

 


 

PS Auto sitemapプラグインのインストール

 

【プラグイン】⇒【新規追加】のページを表示します。

キーワードに【PS Auto Sitemap】を入力し、検索します。

PS Auto Sitemapをインストールします。

インストールが完了したら【有効化】ボタンをクリックします。

プラグインが有効化になったことを確認します。


 

PS Auto sitemapの設定

新しく記事を作成します。
(固定ページで記事を作成してもOKです。)

記事に<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>と入力し、【更新】ボタンをクリックします。

記事が更新され、URLの「 ~?post=685&action=edit~ 」を確認します。

当サイトでは「685」ですが任意の番号になりますので、メモを取って覚えておきます。

 

【設定】⇒【PS Auto sitemap】をクリックします。

 

サイトマップを表示する記事:685
※685の部分は、自身のサイトの記事で生成さらた任意の数字を記載してください

それ以外の設定値はデフォルトのままでOKです。
今後自身のサイトデザインに合わせて調整してみてください。

【変更を保存】ボタンをクリックします。

サイトマップの記事を更新して表示して見ましょう。

如何ですか、サイトマップが作成されていることを確認できましたか?

ページを作成すると自動的にサイトマップも更新されますので、便利ですね。

以上がサイトマップの設置および設定方法でした。

 


 

まとめ

冒頭でも記載しましたが、サイトマップはユーザビリティやSEO向上、アクセスアップなどサイト運営をするにあたって非常に重要なページです。

ブログ記事をコツコツと書き溜めてしっかりとインデックス登録し、アクセスアップ向上に努めましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です