ワードプレス(wordpress) All In One SEO Packプラグインのインストールから設定まで

投稿者: | 2018年5月2日

ワードプレス(wordpress) All In One SEO Packプラグインのインストールから設定までを解説します。

ブログを運営して、検索サイトで少しでも上位に表示させるためには、SEO対策が必要になります。

WordPress はSEOに強いと聞きますが、初期状態のままではSEO対策 が十分に行われていません。

これを解決するために、ネットビジネス開始後にインストールしておきたいプラグインの一つとして、このAll in One SEO Packが挙げられます。

すでに100万以上の WordPress にインストールされており、実績も十分です。

初期段階でしっかりとSEO対策を設定し、魅力あるブログ運営を行ってサイト収益を目指すきっかけになれば幸いです。

 


 

All In One SEO Packプラグインのインストール

【プラグイン】⇒【新規追加】画面より、

キーワードに【All In ONE SEO PACK】と入力します。

【今すぐインストール】ボタンをクリックします。

 

インストールが完了したら、【有効化】ボタンをクリックします。

 

プラグインが有効化になると、【All in One SEO】のメニューが表示されます。

 


 

一般設定の詳細設定

【一般設定】の画面を表示します。

下記の通りにチェックをします。

 


 

ホームページ設定の詳細設定

 

【ホームページタイトル】:サイトタイトルを入力します

【ホームディスクプション】:サイトの要約文を入力します

【代わりに固定フロントページを利用する】:無効にチェックします

 


 

タイトル設定の詳細設定

 

【タイトルを書き換える】:無効にチェック

 


 

カスタム設定の詳細設定

 

【カスタム投稿用のSEO】:有効にチェック

【SEOを行う投稿タイプ】:投稿、固定ページにチェック

【詳細設定を有効化】:有効にチェック

【カスタム投稿タイプの列ラベルを表示】:投稿、固定ページにチェック

 

次に、【Googleウェブマスターツール】および、【Being Webマスターセンター】のコードを下記に登録します。

コードの取得については、下記の①と②の手順ページより取得します。

①Googleウェブマスターツールのコード取得の手順

②Being Webマスターセンターのコード取得の手順

 


 

Google設定の詳細設定

 

Googleアナリティクスのサイトにログインし、GoogleアナリティクスIDを確認します。

GoogleアナリティクスIDの確認方法について

 

Google アナリティクスをまだ導入していない場合は、下記をご参照ください。

Google アナリティクスとは?導入すにはどうすればいいの?

GoogleアナリティクスIDを入力します。

 

 

赤枠の通りにチェックします。

【ドメインのトラッキング】は、自身のサイトのURLを入力します。

 


 

Noindex設定の詳細設定

SEO面では重複コンテンツや情報きわめて少ないページは低評価となり、一部の低評価でサイト全体に影響が出ることがあります。よってGoogleへこのページは検索結果に表示させないという設定を行っています。

基本的にはデフォルト設定のままでOKです。

noindexで投稿にチェックを間違えてつけると、検索エンジンにインデックスされませんのでご注意ください。
(検索されない)

 

下記の設定もデフォルト値のままでOKです。

 


 

詳細設定の設定

こちらの設定についても、デフォルト設定のままでOKです。

 

下記の項目もデフォルト設定のままでOKです。

 

内容を設定したら、最後に忘れずに【設定を更新】ボタンをクリックします。

 


 

All in OneSEO の一般設定

サイトマップというキーワードを聞いたことはありますか?
運営中のブログにはどんなページやカテゴリがあるのか、どのくらいの更新頻度があるのか・・などの情報を検索サイトに伝えるための重要なファイルのことです。
通常は、自身で作成して、検索サイトに登録するのが基本のようですが、正直やり方がわかりません。
助かることに、All in One SEO Packにはそれを作成する機能が搭載されています。
しかも自動生成機能なので余計な労力は必要ありません。
後は、検索サイトのロボットがブログの隅々までクロールしてくれるようになり、インデックス登録してくれます。
All in One SEO Pack をインストールしたら、最後に、この設定も行っておきましょう。

 

【一般設定】の項目をクリックします。

【XMLサイトマップ】の【Active】ボタンをクリックします。

 

Activeの状態になると、メニューに【XMLサイトマップ】が追加されますのでクリックします。

 

 

【XMLサイトマップ】の画面が表示されます。

今回は、下記の赤枠に示したように設定値を変更しました。

【ファイル名接頭語】:sitemap (デフォルト値でOKです)

【更新を予約】:更新頻度に応じて変更します。

【サイトマップインデックスを有効化】:チェックを外す
サイトマップは1つのファイルに50,000個までのURLしか登録できないため、それ以上のページがあれば、チェックしておきます。(通常50,000ページもないですよね・・)

【投稿タイプ】:メディア・添付ファイルのチェックを外します。
※これにチェックすると画像だけのページまでインデックスされてしまます。

【タクソミー】:赤枠のようにデフォルト値でOKです

 

以下の設定についても、赤枠のデフォルト値のままでOKです。

 

追加ページについても、下記のようにデフォルト値でOKです。

 

除外項目の設定についても下記の通りデフォルト値でOKです。

※サイトマップに載せたくないカテゴリやページがあれば別ですが。

 

優先順位についても下記の通りデフォルト値でOKです。

 

頻度についても下記の通り、デフォルト値でOKです。

設定値を変更したら、【サイトマップを更新】ボタンをクリックし内容を保存します。

 

下記のようなXML Sitemapが作成されます。

 

まとめ

以上で、All In One SEO Packの設定が終了しました。

今回の設定はプラグインのインストールの中でも一番設定項目が多かったのではないでしょうか。

アクセスアップには欠かせないと言ってもいいくらい重要な設定ですので、ブログ運営を始めた初期段階で設定することをおすすめいたします。

基本的には、ユーザーに有益な記事を提供することが最優先ですが。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です