就職転職活動ハローワーク活動レポートver3

投稿者: | 2018年4月16日

今回の就職転職活動ハローワーク活動についてお知らせします。

 

もう、何十社に履歴書を送付したんだろう・・・。

PCの履歴を見るとぞっとするような戦歴が。

 

現実社会に復帰するためには、決して諦めてはダメなのです。

とにかく活動し続けるしかない。

 

さて、今回は、ハローワークさんには公開されない求人を求めて、民間の人材紹介会社さんを利用することにしてみましたので、記事にしてみました。

 

転職は過去にも何度も経験していますが、いずれも利用したのはハローワークさん。

しかし今回、転職活動に苦戦を強いられていることもあり、民間の人材紹介会社さんを利用してみることにしました。

 

まず、Indeedさんのサイトを見て求人を探してみると、様々な求人案件がリストアップされてきます。取り扱っている窓口会社さんが、民間の人材紹介会社なのです。

 

トライしてみた求人募集を見つけたらエントリーするのですが、初めて利用する時は、事細かな自身のプロフィールや職務経歴などを事前に窓口となる民間会社さんへ登録したり面談したりする必要があります。

 

これが結構時間もかかり大変です。

 


 

■A社の特徴

<エントリーについて>

A社専用のエントリーシートに記載。

自身のプロフィールや保有資格一覧、経歴など詳しく記載する必要がある。

また、ワードやエクセル等で作成した履歴書や職務経歴書データも合わせてアップロードする必要がありました。

※なんとなく、2度手間のような気がしますよね・・。

 

<対応など>

対応は「電話面談形式」

エントリーが完了すると、次の日に担当者より直接電話がかかってきました(県外から)。

先方の企業サイドへ応募するにあたり、プロフィールや職業経験を確認されました。

顔写真のデータをすぐにメールで添付するよう指示があり、何も考えずに送信しました。

(今考えると個人情報的には怖いですね・・)

 

結局、不採用となり残念な結果でした。

「あなたに合った案件をまた後日ご提示します。」と言われたが、それっきりです。

 

<個人的な感想>

事前の打ち合わせは、電話だけでは担当者と意思疎通が図れないような気がしました。

また、担当者が県外在籍であることもあり、私が応募しようとして企業さんの場所や建物を実際に見たわけでもなく、評判も知らないとのこと。

県外在籍なので無理もないですが、重要なことがいまいち伝わらない・・・そんな印象でした。

地元に担当者が在籍する紹介会社さんを選択するのがベターかと思います。

 


 

■B社の特徴 

広告の案件が多い求人サイトでした。

 

<エントリーについて>

エントリーするには、事前に紹介会社さんへ、プロフィールや履歴書、職歴を登録する必要がありました。

それだけならよかったのですが、自身の過去の作成物も必要とのこと。

作成物は、前職で業務の一端として携わったホームページの制作やリニューアル物件をまとめました。

さすが、専門求人サイトだけあって、当然ながらハードルが高い印象でした。

 

<対応など>

対応スタイル:「担当者と対面の相談形式」

面談時間:約1時間

高級オフィスビスの一角に会社があり、その中で直接担当者と面談の形式。

面談の様子ですが、印象としては、年齢が年齢ということもあり、前職がバリバリな広告系やメディア系ではなかったこともあり、担当者のあまりやる気がない様子が伝わってきました。
(私も過去に仕事でいろんな人を見ているので、雰囲気は伝わります!)

・そーですか・・ん~まぁ年齢も年齢ですしね・・・。

・あっ、ところでなんで前職は辞められたの?

・本当のこと言っちゃってくださいよぉ!

・ぶっちゃけ何があったの??えっえっ何?

 

などなど、時計を気にしながら、ため息つきながら、足を組み替えながら・・。

 

<個人的な感想>

来るんじゃなかった。

帰りたくなりました。

せっかく取得した資格も生かして、現状、厳しいのはわかってるけどチャレンジしたくて相談にいったのに、「何?」って思いました。

せっかく持って行った数少ない私の実績も見ないで。

 

最後に資料を渡されました。

「求人のURLが記載されているので、まぁ、自分に合ってる先があれば連絡ください。」と。

 

2度と見ることがないURLになりましたが・・。

 

対応は、さておき、本当にこのオフィスはとても景色がよかったです。

テレビで見かける、企業もたくさん入ってました。

こんなところで働く人もいるんだな・・・と。

モチベーションアップにつながったことだけがメリットでした。

 


 

■C社の特徴

<エントリーについて>

事前に、自分の独自の履歴書と職務経歴書をアップロードするだけで、登録が完了しました。A社のような専用の書式に記載する必要がなかったので、スムーズでした。

 

<対応について>

対応スタイル:「担当者と対面の相談形式」

面談時間:約1時間 or 気が済むまで

大きな人材会社ではないけど、担当者はとても優しく、過去の話をきちんと聞いてくれました。勤めていた業界の厳しさや今後の方向性、仕事の立ち位置の苦労話など。

本当に詳しくて、恐れ入りました。

 

求人の案件についても、エントリーする前に対面で話をする機会を設けてくれました。

エントリー先の企業についての特徴や考え方などを丁寧に説明してくれます。

また、配属先の立ち位置や社内の雰囲気など、わかる範囲で答えてくれます。

私がエントリーしようとしていた案件は、とてもパワハラが強い企業様だったらしく、それを理解した上でのエントリーを促されました。

これは、非常に大切な事前情報ですね。

 

<個人的な感想>

本当に良い担当者で対応もGoodです。

ただ、残念なのが、この人材会社が持っている求人の案件数が少ないこと。

提案先が無い状態。

担当者いい方なのに・・・うーん残念。

 

とりあえずC社は、今後も継続してお世話になっていくつもりです。

 


 

■D社の特徴

<エントリーについて>

対応スタイル:「担当者と対面の相談形式」

面談時間:約1時間

エントリーの前に、事前に担当者と面談が必要でした。

履歴書、職務経歴書を直接持参してD社へ向かいました。

いずれも書式は自由記載でOK。

独自のフォーマットへの記載は不要で時間短縮。

 

<対応について>

私の担当者は若い方でした。

過去の職歴を聞かれて話をしていたけど、就職難の時代や勤めていた業界の話が分かっていないような様子でした。

それでも、まじめに聞いてくれて、一緒に応募先の案件を提案していただけたので、対応はGoodです。

 

 

<個人的な感想>

今、1社応募中で、結果はどうなるのかわかりませんが、吉と出てくれると嬉しいのですが。

何故か、職を探している私の方が担当者を応援したくなるタイプでした。

 


 

■まとめ

民間の求人紹介会社は本当にたくさんあると思います。

それぞれ持っている求人も同じ案件も重なっている場合はありますが、そうでない場合もあります。しかも、担当者や社風によっても自分に向き不向きの紹介会社もありますので、数社に登録するのがよいのではないでしょうか。

 

また、積極的に案件を提案していただける紹介会社さんもあれば、こちらから担当者にエントリーしたい意向を伝えないと何もしてくれない紹介会社もあります。

 

数ある案件先の企業サイドからしてみると、現時点での求人は特に必要としていないようであり、「優れた人材がいたら会ってみよう」とう考えのようです。

 

当然といえば当然ですね。

私も飛びぬけたスキルや才能があれば、年齢関係なく、すでにオファーは来ているはず・・。

 

基本は、「自分で動く」ことが大切だということですね。

 

転職活動されている方、この記事が少しでもお役立てると幸いです。

一緒に就職・転職活動を頑張りましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です