就職転職活動ハローワーク活動レポートver4

投稿者: | 2018年4月26日

今回の就職転職活動ハローワーク活動についてお知らせします。

今日は、「年齢」について感じることがあったので記事にしてみました。

 

さて、天気も良くて過ごしやすい日になりましたね。

こんな日はどこか遠くに遊びに行きたいところですが、我慢してハロワに。

駐車場が満車で、離れた場所に案内されました。

いつものようにハローワークの求人端末を利用して職探し。

自分も含め、みんな必死に画面を見ながら仕事を探しています。

 

そんな中、めぼしい求人が見つかったのか、53歳の女性の方がカウンターで紹介の手続きをしている様子が聞こえてきました。少し再現します。

【ハロワ担当者】
年齢は53歳で、医療事務の経験があるんですね。
で、○○○病院の医療事務に応募されますか?

【女性】
はい。お願いします。
私、前職では医療事務の仕事をしていて、主任として活躍していたんです!
自信ありますので!

【ハロワ担当者】
○○○病院さんですか?
53歳の医療事務経験者の女性の方、応募してもよろしいですか?
・・・・
ダメみたいですね・・・年齢が・・・。

【女性】
えっ?
私、主任として実績あるんですよ~!!!

悲しいことに、年齢で弾かれてしまったわけです。

過去の経験や実績はそれなりにあるんだと思いますが。

かわいそうだけど、これが現実なのか・・・と改めて年齢という厳しさを実感しました。

私も、何度悔し涙を飲んだことか・・・。

 

業種によって違うと思うけど、「人が足りない」「有効求人倍率が増えた」などと言っていますが、実体験から言えることだが、中々再就職は厳しいです。

スキルシートに経験や実績を記載しても年齢だけで判断されちゃうと、「ガックリ」ですよね。

話だけでも聞けや!と思えます。

 

アメリカなどでは、性別や年齢などはあまり評価の対象ではなく、「スキル」を重視しています。

日本も少しずつ変わってきているとはいえ、未だに「年齢」や「転職回数」を面接でよく聞かれます。

人それぞれ、事情があるんですよ!

転職経験のない担当者に言われても、いまいちピンと来ない。

 

 

きっと、「年齢」や「思うように経験を積めなかったスキルや実績」がネックで、転職活動に苦戦を強いられている方も少なくないはず。(私もそうです)

諦めずに、応募してまずは、社会復帰を目指しましょう。

まじめに働いて得る報酬は絶対に必要です。

 

でも、サラリーマンはいつ予期せぬケースで職を失うかわかりません。

しかし、ネットビジネスは、年齢や過去のスキルや実績なんて、そんなことは一切関係ない。

考えのベクトルを少し変えました。

仕事はあくまで「社会勉強の時間」と「人脈作り」と割り切りました。

あのクソみたいな面接官は、あくまで社会勉強で出会った1人に過ぎないと思いましょう。

 

今から自分で稼ぐ力を身に着けませんか?

「年齢」や「過去のスキルや実績」が一切関係のない土俵での勝負を。

 

 

今日のあの女性は次、どこの企業をエントリーするんだろう・・・。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です