紹介会社からのスカウト求人!甘い求人には気を付けろ!私は商品じゃないので!

投稿者: | 2018年6月13日

就職・転職活動は体力もメンタル面も必要です。

ついつい焦ってしまって条件を妥協した結果、失敗した!

というケースもよくある話ですよね。

今回の記事のポイントは、「あなたの働く条件や妥協点は?」

を実体験を基に考えてみました。

 

よく、人材紹介会社さんに登録しておくと、スカウトメールや電話連絡があったりしませんか?

つい先日、とある紹介会社より長期勤務の募集があるとの連絡がありました。

前職の経験を生かせて、大きな企業なので勤務時間もきっちりしているとか。

 

担当者曰く

・一度大きな会社で働くと価値観が変わるよ。

・労働時間もしっかりしている。

・ブランド力が付く。

・明るい雰囲気の室内での仕事ですよ。

と何度も何度も繰り返しPRしていました。

 

仕事内容を聞いても、上手くニュアンスが伝えられないので、企業担当者より説明します。

といい、あまりにも勧めてくるので、一度お話を聞くことになりました。

 

ちなみに、私の転職条件の譲れない主なポイント 

・日祝の休日

・日勤のみの仕事(夜勤なし)

(多少の残業や休日出勤はOK)

・転勤なし

・前職のスキルを活かせられれば本望

※この先、ネットビジネスをもっと加速させたいので、時間を確保したい。

 

 

訪問してみると、確かに「大きな建物の会社」でした。

 

親会社が大きな会社で、そのグループ企業と取引のある会社とのことでした。

いろんな部署がある中で、「監視部」というセクションであなたのスキルを存分に生かしてほしい!と企業サイドより言われました。

大規模システムが稼働しているので、システム障害が発生しないように日々アラート監視するのがメインの仕事と言っていました。

もちろんその他付随する様々な仕事はあるようでしたが。

 

 

気になる労働条件を聞いてみた!

 

・24時間、365日の稼働業務のため、日勤、夜勤のローテンション業務。

・休日は決まった曜日ではなく、ローテーション制。

・8時間勤務で、多少の残業はあり。

・明るい照明、エアコン完備の室内業務。

 

この他にも色々あるのですが、

この夜勤の部分、仕事内容を聞いたときに「あれっ?」と思ったので何度も質問をしたら、

渋々・・

「夜勤もあるんで・・・」

「あっ、でも最初は希望通り、日勤でいいんだよ・・・」

「あれ、紹介会社の担当者から聞いてなかったかなぁ・・」

みたいな様子でした。

「マジ、ふざけんなや!!」 と心の声。

 

 

会社訪問後、紹介会社の車の中でクロージングが始まる

 

企業訪問が終わり、派遣会社の担当者と感想・意見を交えながらお話しが始まりました。

 

「ねぇ、いい会社でしょ?」

「前職と違って労働条件いいでしょ?」って。

「ブランド力つくからさ~・・行った方がいいよ!」

「何より自信につながると思うんだ!」

「ここで行かないと逃げだよ・・」

みたいなことを長々と言ってました。

 

私は、何を言われても、即決はせずにその場を離れました。

 

 

 

 

もう一度、頭を整理してみた

 

■一度大きな会社で働くと価値観が変わる

⇒確かに、企業の建物は大きかったです。扱っているものも大きかったです。

 

■労働時間もしっかりしている

⇒確かに8~13時間程度(残業代アリ)の勤務時間。

でも、希望していない夜勤がもれなくプレゼントされます

しかも、質問するまで夜勤のことは隠しているし。

 

 

■ブランド力が付く

⇒不明です。スキルが伴ってのブランドだと思います。

もとより、私はブランドに興味ありませんので。

 

■明るい雰囲気の室内での仕事ですよ。

⇒照明器具は申し分ないですね。

スタッフの顔もよく見えました。

 

 

総合的に考えてみて

 

冒頭でも記載したけど、私の希望条件にはマッチしていないです。

このご時世、休みのシフト制や夜勤は仕方ない部分はあるかもしれないけど、私の今回の希望の中では、「夜勤」はごめんなさいです。

夜勤は前職だけでもう結構です。

そのために、紹介会社には事前に、「日勤希望」とはっきりと伝えていたのに。

 

何より、事前に何故、仕事内容や労働条件を伝えてくれないのか。

夜勤の件も何度も質問しなければ答えてくれない、だまし討ちのような手を使ってくるのか。

 

よって、丁重にお断りしました。

が、後日も電話がかかり、

「なんとか来てくれないか~」

「先方の方に説明できないよ~」

「一回だけでもダメ?」とTELがありました。

 

でも無理なものできないので、スパっと切り捨てました。

私は、商品じゃないので!

 

 

 

最後に言いたいこと

 

仕事を探していて、中々見つからず焦る気持ちは出てきます。

ついつい、自分のハードルを下げてしまって、妥協ということも考えてしまいます。

でも、自分にとっての労働条件の絶対に譲れない点は、ブレてはだめだと思います。

給与、休日、日勤、夜勤、転勤有無、人間関係など、様々な条件が、人それぞれあります。

 

焦る時こそ、スキを突かれますので、自分の妥協点がどこなのかをしっかりと意識して就職、転職活動を心がけましょう。

紹介業者はいいことばかり言ってきます。
(すべての紹介会社がそうではありませんので誤解のないように)

時には、首を縦に振らすために挑発もしてきます。

でも、毎日毎日働くのは自分ですからね。

そこを間違えないようにしましょう。

 

「自分がされて一番困ること、ムカつくこと」を質問するといいですよ!

 

一緒に楽しい人生にしましょう♪

この記事が、お役に立てると幸いです。

 


 

最後に、すべての紹介会社さんがこのような対応ではありません。

本当に親身になって相談に乗っていただける紹介会社さんや担当者がほとんどです。

そこは、誤解のないようにしてくださいね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です