アフィリエイトブログはカテゴリ分けが重要な理由。関連記事でSEO向上!

スポンサーリンク

アフィリエイトブログだけに限った話ではなく、アクセス数が多いブログはデザインや記事のコンテンツも優れているだけではなく、ユーザー目線のカテゴリ分けもしっかりと対応されていることに気が付きます。

見た目の華やかさも大切なのですが、ユーザーが次に知りたい情報をストレスなく提供、誘導するための記事の整理整頓は欠かせません。

訪問ユーザーさんが、どの記事の窓口から訪れてくれても迷くことなく目的地までたどり着けるように分類しておくことが、SEO向上にも、ユーザー満足度にもつながります。

今回は、カテゴリ分けのコツや方法について解説していきたいと思います!

ご興味のある方はご参考にしてみてくださいね。

 

 

アフィリエイトブログはカテゴリ分けが重要な理由。

アフィリエイトブログで取り扱う商品を効果的に紹介する際に必ず行ってほしいのが、「カテゴリ分け」です。

何故、カテゴリ分けが必要なのか?

★カテゴリ分けが必要な理由★

・ユーザが求めている情報にストレスなくたどり着ける(迷子にならない)

・離脱率の低下

・SEO対策につながる

 

皆さんも経験があると思いますが、必要な情報を検索している時は早く目的の記事にたどり着きたいですよね?

どこに書いてあるのか、探すのに苦労をするブログやサイトがあります。

時間があれば根気よく探す人もいるかもしれませんが、多くの方はストレスを感じてしまい、他のブログやサイトへ移動してしまいます。

よって、どの記事からアクセスがあってもスムーズにストレスなく、目的の記事へたどり着けることが大切です。

 

例えばの例で挙げると、「ダイエット」。

最近食べ過ぎて顔が丸くなって、顔痩せについて情報を知りたいな・・と思っている方にとって、

下記のようなカテゴリだと親切ですよね?

 

<ダイエットブログ! カテゴリ一覧>

・上半身ダイエット

・下半身ダイエット

・お腹のたるみダイエット

・顔痩せダイエット

・二の腕ダイエット

・毎日のながら運動でダイエット

 

目的の「顔痩せ」ダイエットのカテゴリの中には、当然、顔痩せに関する「有益な情報記事」と「アフィリエイト記事」が多数用意されています。

ということは、「顔痩せダイエットのカテゴリ」をクリックして、その記事を読んでいる人は、「顔痩せダイエットのための商品や情報が欲しい人、興味がある人」です。

つまり、カテゴリ分けをしっかりとしておけば、「その商品がとても気になる人」に関連記事を確実に読まれることにつながりますし、ストレスなく目的の記事へとたどり着けます。

収益の面で言うと、「その商品を買いたい人に、ピンポイントでその商品を薦める」ことができるのでカテゴリ分けは必要です。

 

逆に、カテゴリ分けがしっかりとされておらず、「ダイエット」だけの大きなテーマだと、たとえ顔痩せダイエットの有益な記事があったとしても、多くのユーザーはたどり着くことができず、ブログやサイトを離れてしまう結果となってしまいます。

これはとてももったいないですね。

カテゴリ分けは、ブログアフィリエイトに欠かせない要素となりますので、サイドメニューなど、ユーザビリティを考慮して設置しましょう。

読んでもらいたい順にカテゴリを並べることもユーザ目線として大切です。

しっかりと読んでもらえる記事、そして関連記事への誘導は、SEOの面にとっても非常に高く評価されます。

記事が増えてきたら、カテゴリ分けはしっかりと分けていきましょう!

 

 

だれでも簡単にできるカテゴリ分けの無料ツールってないの?

いざ、ストックされた記事をカテゴリ分けしようとしても、どのように仕分けたらいいのか分からない方も多いと思います。

まずは、たくさん書いた記事を大まかでいいので、ジャンル分けをしていきましょう。

そうすると、今後どんな記事を増やす必要があるのか、あるいはどんなカテゴリが必要なのかが明確になります。

そこで、役立つのがこのツールの存在です。

 

キーサーチベーター ⇒ keysearch Beta

キーサーチベーターのサイトで例として「英語 アプリ」と検索をすると、画面に収まりきれていいませんが、下記のイメージが表示されます。

 

 

中央の赤丸が検索したキーワードです。

その周りを取り囲んでいるのが、関連キーワードとなりさらにその配下の内容となります。

このイメージを見ると、自分がどの分野のコンテンツ記事が不足しているのか一目瞭然で分かります。

また、ユーザー目線とした必要となるカテゴリや、その関連性も把握することができます。

 

ただ、気を付けなくてはいけないのは、カテゴリの階層をあまり深くし過ぎてしまうと、逆に目的の記事が見つけにくくなってしまうので注意しましょう。

3階層までにしておくのが無難です。

 

 

 

お勧めする商品数は多すぎず、少なすぎがベスト

ブログアフィリエイトをする際には、当然紹介する商品は多い方が良いです。

Aという商品を欲しいとは思わない人でも、Bという商品なら欲しいという人もいるかもしれません。

その逆パターンもあります。

ですが、アフィリエイトのジャンルにもよりますが、あまり多すぎるのもよくありません。

実際にどれがいいのか伝わりにくくなるからです。

 

あれもこれも紹介していると、それを見たユーザーは、

 

「で、結局はどの商品が本当に良いの・・?」

 

と迷ってしまい、結果として購入率が減ってしまう危険性が高いからです。

 

では、どのくらいの商品数をアフィリエイトするのがベストなのでしょうか?

 

これは、あなたが行うアフィリエイトのジャンルによっても異なるので、一概には言えませんが、

例えば、「化粧品」というとても大きなカテゴリでアフィリエイトしているならば、50個でも多すぎるとは言えないです。

女性雑誌を見ていても分かりますが、これでもかというくらい化粧品やコスメの話題が掲載されています。

でも、「ニキビ」という限定されたカテゴリだけであれば、50個の商品というのは、いくらなんでも多すぎますよね?

せいぜい10個くらいが限度ではないでしょうか?

 

★Point★    

○ 大カテゴリ「化粧品」や「健康食品」の場合は、50個くらいの商品数を目安

○ 小さなカテゴリの場合は、10個くらいの商品数を目安

 

 

 

商品記事ばかりではなく、有益な情報配信も忘れずに!

ブログアフィリエイトを行う際に注意しなければならないのは、アフィリエイト記事ばかりにならないように工夫することが大切です。

確かに、商品を薦めたい気持ちはわかるのですが・・・、そればかりだと、

「この人、商品を買え買えばかりでなんだかうっとおしいよね!!」

「検索ページに戻ろう」

となりかねません。

 

当然ながら、アフィリエイトでコテコテのサイトやブログは、イメージがあまり良くないので、見た瞬間に、あなたのブログが有益な情報源でなく、「ただの広告ブログ、アフィリエイトブログ」だと認識されてしまいます。

 

アフィリエイトブログで記事を書く時は、「有益な情報配信」をすることは必須です。

有益な情報を配信し続けることで、いざアフィリエイト記事を書いたときに、ユーザーの購入率が上がります。

有益な情報配信ページとアフィリエイト記事の割合的には、「7:3」を目安にすると丁度いいとされています。

 

アフィリエイト記事だけでボリューム数を増やすのではなく、有益な情報記事でボリュームを増やした方がアクセスアップにも繋がり、よりアフィリエイト報酬を得やすくなるのです。

あくまで「何かに特化した情報配信ブログ」であって、「決してアフィリエイトのためのブログではない」と思われるのがとても大切なことです。

 

 

最後にまとめ

以上が、アフィリエイトブログはカテゴリ分けが重要な理由についての記事となります。

真似したくなるとても素晴らしいサイトやブログたたくさんあります。

まずは、色んなサイトやブログをユーザーとして訪問しながら、自分のブログでは何が足りないのかを日々研究していきましょう!

 

★合わせて読みたい参考記事
⇒ 【無料】ワードプレスおすすめプラグイン12選!ブログ効率UPに期待できます。

⇒ ネットで稼いでプチ贅沢☆資産ブログの作成!副収入で月5万円を目指せ!

 

 

 

気が付いたら英語をマスター?
英語は毎日の生活で使うと無理なく習得できます!
英語の学習方法のアドバイスを貰うだけでも価値アリ!
「挫折続き」の英語学習に終止符を打ち、多忙でも継続できた秘訣を聞きたくありませんか?

ブログ運営・稼ぐ ブログ運営
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シゲキタイムズ

コメント

  1. takafumi より:

    おはようございます。
    アフィリエイトではカテゴリ分けがとても重要なのですね。
    そして商品紹介は自然な流れを重視。
    価値提供のある記事を書くのはむずかしいですが、
    挑戦しないと・・と思いました。

  2. nuts より:

    こんにちは。
    ブログランキングから来ました。
    カテゴリー分けが大事なのですね。
    参考にさせていただきます。
    ありがとうございました。

  3. 田口君志 より:

    こんばんは。ナルカナです。ランキングから来ました。アフィリエイト初心者ですので、いろいろ参考にしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました