池上彰さんが痩せて心配!病気や心労が原因か?おススメの本とは?

投稿者: | 2019年8月31日

 

久しぶりに池上彰さんが出演しているテレビを見たら、随分と疲れているのか、痩せていたことが気になりました。

今日は、池上彰の激やせの理由は何かあるのでしょうか。

きっと同じように感じた視聴者の方も多いのではないでしょうか。

 

 

池上彰は疲れている?

 

テレビのゴールデンタイムによく登場している池上彰さん。

今どきの難しいニュースや事件をとても分かり易く解説してくれて、大人の私もへぇ~そうだったんだ・・と、とても役に立っています。

そんな池上彰さん、最近久しく番組を見たら、こんなに痩せてたっけ?と感じました。

以前のイメージと違うな・・・痩せて顔色があまり良くないような・・と第一印象。

目の下のクマや頬のコケが目立ちます。

何となく、体調がベストではない様子が伺えます。

無理しないで!と個人的に言いたい。


 

 

 

池上彰さんは病気なのか?

 

最近、病気を公表、療養していた三遊亭円楽師匠。

2018年9月にガンを公表されています。

その際も、「痩せたのでは?」「声が少し変?」などの多くの心配の声が寄せられていました。

広島平和式典での池上彰さんの痩せた姿を見て、同じように心配を感じた人も多いのではないかと思いました。

 

テレビ出演以外にも多忙なスケジュールに違いないはず。

もう少し、仕事をセーブしたりしてもいいのではないかと、個人的に心配を感じています。

 

 

ちなみに、上記のツイートの池上彰さんと比べるとどう考えても少々やつれている感じが隠せないような気がしますよね。

 

 

 

おススメしたい池上彰さんの本

 

NHKを経てフリーのジャーナリストとして活躍していて、相当な読書家であることでも有名ですね。

また、池上彰さんは毎日のようにテレビやラジオに出ていて、大学で教鞭や講師などの仕事ももたくさんあってマルチですね。

知らないことって全くないのではないか・・と思ってしまいますね。

 

今回おススメしたいのは、『知の越境法 質問力を磨く』光文社新書 池上彰/著。

何でも知って良そうな池上彰さんでも、知らないことはあるとのことです。

 

知らないことがあって、こんなこと初歩的なことを聞いたらまずいかな・・・と思う瞬間ってありませんか?

迷っているうちに、機会を逃してしまって後悔するなんてことはあるのではないでしょうか。

 

池上彰さんは、「質問力を高めるには、素朴な質問を恐れない、ということが大事です」と池上さんは言う。「あるいは、これを聞いたら恥をかくとか恥ずかしいと思わないことです」とコメントされています。

偉大な池上彰さんがこのようにおっしゃっているのであれば、私はガンガンに聞く姿勢を取るのが吉と受け止めました。

その方がチャンスを逃さず、楽しいい人生になるのではないかと思いますね。

 

ご興味があれば是非読んでみてくださいね。

 

世界で起こる問題を誰もが分かる言葉で解説し、総選挙後には政治家への突撃取材でお馴染みの池上彰。しかし、その八面六臂の活躍も、NHK時代の“左遷”から始まった。記者としてのキャリアを順調に積み重ねてきたが突如、「週刊こどもニュース」キャスターへの異動を命じられる。それでも腐らず、複雑なニュースを小学生にも分かるように噛み砕く語り口が好評を得て、ついに国民的番組に押し上げる。この成功体験から、分かりやすさは武器になり、専門を持たないことは分野の垣根を越える強みだと気づき心機一転、フリージャーナリストの道へ―。異動、転身とは、現状を脱し新天地に飛び込むという意味で「越境」であり、積極的な行為だ。幾多の領域を跨いで学び続ける著者が、その効用と実践法を説く越境のススメ。
引用:Amazon Bookデータベース

 

知の越境法 「質問力」を磨く (光文社新書)

新品価格
¥864から
(2019/9/29 23:04時点)

 

 

最後にまとめ

 

池上彰さんのニュース番組は、いつも「分かり易い!」が特徴です。

池上さんほどわかりやすく解説できる人はいないんじゃないかな・・・と私は思います。

なので、無理をなさらない程度で過ごしてほしいですね!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です