人為的?オーストラリアの大規模火事の原因はユーカリの木による自然発火ではない?

スポンサーリンク

オーストラリア東部で発生している森林火災による煙は、国内のみならず、風に乗って何万キロ先へも飛ばされています。

なんとこの煙は、ずっと浮遊し続け、1/13(月)には世界一周して再びオーストラリアにたどり着いたというのだから驚きです。

1/14日(火)オーストラリア第二の都市メルボルンの空は一面、黄茶色に染まり、大気汚染レベルは世界で最悪となりました。

移動距離はなんと、20,000キロを超えます。

自然の威力は凄まじいといえます。

類を見ない大規模火災ともあり、ニュージーランドの氷河がオレンジ色に染まったり、12,000キロも離れた南米アルゼンチンやチリ、さらにブラジルの空も黄色く霞むくらいの世界レベルでの被害が発生してしまっているようです。

一体どのようにしてこのような大規模火災・災害が引き起こされてしまったのでしょうか。

 

 

 


 

オーストラリアには、ユーカリ油が豊富な木が何処でもあため自然発火しやすい!

 

ユーカリの木と聞くとコアラを連想しますよね。

ユーカリの木の葉っぱを手にとって、丸めるとほんのりとユーカリの匂いがします。

この木の葉っぱ、大量のユーカリ油を含んでいて太陽の熱により自然発火するという特徴があります。

そして、このユーカリの木はオーストラリアには、意外と何処にでも生えている木だから、一度発火してしまうと連鎖反応として燃え広がってしまう危険性があるのです。

とはいえ、オーストラリアはユーカリの木は今に始まったわけではなく、何千年も前から生えていて、自然発火を繰り返してきています。

大自然が勝手に焼畑農業のような焼畑を繰り返し、栄養を循環させていくという優れた自然再生のメカニズムでした。

しかし、今回はどんどん炎の勢いは増すばかりで、炎が風に飛ばされてながら、被害も拡大し続けています。

炎が消えない原因の一つとして、「雨がほとんど降らなかった」ことが指摘されます。

乾燥しているだけに、打つ手なしの状況が続いているようです。

 

 

オーストラリアの大規模火災により、焼け出されたラクダが、民家の貴重な水を飲んでしまうため射殺される事態にまでなっています。

 

 

オーストラリアの火災の原因は何か?

 

前述のとおり、油を含んだユーカリの木が燃えやすいことは火災の拡大に関わっていることは確かのようです。

しかし、自然的な要因と人為的な原因があるようです。

 

■自然的要因

⇒ 気候変動による干ばつ

⇒ 落雷

⇒ 油を含んだユーカリの木が豊富

やはり近年は、気候変動により、しっかり雨が降る時期に全く降らなかったりするわけで、必要な水分がないため、カラカラ状態といえます。

乾燥しきっている中、出荷してしますと、たちどころに拡大してしまうのが原因です。

自然敵要因として、落雷が木々や送電線を損傷させることが出火の原因として考えられます。

 

 

■人為的な要因として

言葉の通り、人が放火することで山火事などを引き起こすケースです。

下記のような記事がありました。

 

森林火災が猛威を振るっているオーストラリア東部で、栽培している大麻草を守ろうと、森林火災の進行方向にある下草などを焼く「迎え火」を試みて新たな森林火災を起こしたとされる男(51)が、逮捕され、16日に裁判所に出頭した。

引用:https://www.afpbb.com/articles/-/3255193

大麻草を火災から守ろうと、火災の進路を無理矢理に変更させたことにより、別の場所へと炎が拡大してしまったようですね。

この大麻草は合法的なのか違法的な栽培なのかはわかりませんが、仮に隠ぺいを図っていたとすると、とんでもないことです。

 

 

 

 

広がる復興への支援活動!

 

あまりにも大きな大規模火災。

水の枯渇もそうですが、食料不足も隠せない現状。

世界の著名人からの寄付も続々と集まっているようです。

 

オーストラリアの伝説的なクリケット選手シェイン・ワーンさんは、自分のクリケットキャップをオークションにかけると発表。これまでに30万豪ドルの値がついた。

オーストラリアのクリケット選手は、国際試合のデビュー戦で「バギー・グリーン」と呼ばれるキャップをもらい、キャリアの間それを被り続ける。集まった資金はオーストラリア赤十字の災害救援救護基金に寄付される。

今年のゴールデングローブ賞でテレビドラマ部門の主演女優賞(コメディ・ミュージカルシリーズ)を受賞した英女優・脚本家のフィービー・ウォーラー=ブリッジさんは、授賞式で着ていたスーツをオークションにかけると発表した。

また、豪テニス選手ニック・キリオスさんは、1月以降、1回サーブを打つごとに200豪ドルを寄付すると述べた。

テニスの世界からは他にも、世界ランキング1位のアシュリー・バーティー選手が、ブリスベン大会で得た150万豪ドルの賞金を全て寄付すると発表。ロシアのマリア・シャラポワ選手やノヴァク・ジョコヴィッチ選手も寄付を申し出た。

さらに、カリフォルニア在住のモデル、ケイラン・ワードさんは、寄付の証明書と引き換えに自分のヌード写真を送ると発表。これまでに50万ドル以上を集めたという。
引用:BBCニュース https://www.bbc.com/japanese/51029911

 

 

日本では2月3日の恵方巻にちなんで、スーパーなどでも予約受付を開始されているようですが、毎年、大量の売れ残りによるフードロス問題が浮上しています。

エコ問題の課題は、身近なイベントから考えることも必要なのかなと感じますね。

 

 

最後にまとめ

火災は人為的な部分も少なからずあるようですが、大部分は自然的な要因によるものと思われます。

地球規模での気候変動が大きく背景の原因としてあることには間違いなさそうです。

燃えてしまった部分はすぐには回復することはないです。

5年後、10年後にまた緑が復活すれば良いですが、逆に砂漠化になってしまうと大変です。

大規模火災が一刻も早く収束することを祈っています。

 

 

 

 

気が付いたら英語をマスター?
英語は毎日の生活で使うと無理なく習得できます!
英語の学習方法のアドバイスを貰うだけでも価値アリ!
「挫折続き」の英語学習に終止符を打ち、多忙でも継続できた秘訣を聞きたくありませんか?

ニュース/芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シゲキタイムズ

コメント

  1. イース より:

    こんにちは。
    ランキングから来ました。
    人為的な理由もあるようですね。とにかく、これからどう復活するか。砂漠化だけは阻止しないといけないですね。

タイトルとURLをコピーしました