ブラック企業で睡眠時間が3時間【365日出勤】脱出するべき?

投稿者: | 2019年1月20日 , Last update: 2019年12月18日

世の中働き方改革と言っているけれど、まだまだブラック企業も多いですね。

時間外サービス残業は当然のごとく、365日出勤で身も心も疲れ果てている方はいませんか?

今回は、自分も何度もブラック企業で睡眠時間を削りながら働いてきましたが、慢性的な寝不足は正しい判断もできなくなり、緩やかに自爆する傾向が高いです。

脱出したい気持ちもあるけど、どうしようか・・と悩んでいる人も多いと思います。

自身の体験談も話しながら、今後の人生プランの参考にしていただけると幸いです。

 

 

ブラック企業で睡眠時間が3時間【365日出勤】脱出するべき?

ブラック企業の定理は人それぞれかと思います。

自分で会社を立ち上げて、寝る間も惜しんで仕事に励む人は別ですが。

 

私の結論としては、「脱出した方が、長い人生を考えると特」だと思います。

何故なら、貴重な自分の時間をすべて会社に捧げることになるからです。

今日の日付が分からなくなったり、時計を見なくなったら、もう真剣に考え時です。

 

睡眠時間を削り過ぎるとどうなるのかを、自身の体験を元に以下にまとめてみました。

 

 

正しい判断ができなくなる

当然ですが、慢性的な寝不足は日中眠くて仕方ないです。

頭が常にボーッっとしており、眠さを堪えるのがやっとの状態となりますので、頭り前の話、仕事の効率が悪いです。

この思考力低下の状態で、パワハラや恫喝が毎日毎日続くと、やがて悲観的になり、死を覚悟するようになります。

 

「俺から逃げられると思うなよ!」

「恩を返せ!」

「なんだその顔は!」

「性格が悪い!」

「声が悪い」

実際に追い込まれた人にしか分からない、怖さです。

 

ちなみに、眠気対策で効果があったツボ押しマッサージを記事にしてみましたので、悩んでいる方はご参考にしてみてくださいね。

⇒ 眠気で悩んでいます!仕事中の午前中が特につらい。改善方法を紹介!

⇒ 強烈な眠気を何とかしたい!ツボ押し効果で仕事中も眠気なくスッキリ!

 

 

車の運転が怖くなる

慢性的な睡眠不足やストレスなどの影響もあるのか、一概には言えませんが、車の運転が次第に怖くなり乗りたくなくなってきました。

特に、高速道路やトンネルなどの広くてスピードが出る場所ですね。

やがて、自宅から会社までの通勤も怖くなる時がしばしば。

この睡眠不足とストレスから解放され、数年たったら次第に回復し、運転ができるようになったことを考えると、睡眠不足およびストレスは車の運転の妨げにもなる傾向があると考えられます。

怖くなったら、乗らない方が絶対に良い判断です。

大事故になったら、これこそもう取り返しがつきませんので。

また電車通勤の人は、線路に絶対に飛び込まないようにしましょう。

死んだら負け、終わりです。

その一線だけは守りましょう。

 

高速道路やトンネルの恐怖症を克服した体験談を記事にまとめてみました。

同じように悩んでいる方は、ご参考にしてみてくださいね。

⇒ 【高速道路恐怖症】運転が怖い、パニックや苦手意識を克服するには?

⇒ 【高速道路のトンネルの運転が怖い】パニック・めまい・苦手を克服するには?

 

 

性格や口調、顔つきが狂暴になる

人に対して怒ることがなかった程、温厚な性格だったのに、一度ブラック的な環境に何十年も染まると人は変わります。

煽り運転などの事件がありますが、とても狂暴な発言をしていますよね。

でも、あれ以上の勢いの口調になっていますし、暴力的になります。

とにかく起きている間中イライラしており、手あたり次第にモノを壊していく始末。

気が付けば、顔の人相も性格も悪くなり、気づいたときには、誰も周りにいなくなりました。

 

第一印象はとても大切です。

男性も女性も、いつまでも心身ともに若々しくありたいものですね。

⇒ 抜け毛薄毛白髪による冬老けを防げ!改善方法は○○だった!

⇒ 紫外線対策は年中必要!シミになる時間って知ってる?メラニンが生成される時間は・・

⇒ 美肌をつくる4つの水で年齢を自由にコーディネート!実年齢よりも若く見せる秘訣は?

 

 

ブラック企業で働いた実際の体験談

かつて私も、就職氷河期時代に新卒でなんとか会社に就職することができました。

その後、いつくも転職があるのですが、その中でも数社のブラック企業の体験談をピックアップしてみます。

自分よりも、もっと過酷な環境で働いて苦労されている方もいますが、自身の置かれた環境がと比較して、後の行動の判断材料としていただけると嬉しいです。

 

<1社目の実態>

新卒後に待っていたのは、初日から深夜残業の実態です。

仕事があっても無くても、朝8:00~深夜2:00まで会社に拘束され、深夜2:00以降から仕事が入る時もありました。

小さな会社でしたが、体力の限界が主な理由で、毎月のように退職者がいる実態。

都会とは違い、地方なので、電車通勤や終電時間という概念が一切なく、時間に区切りがないのが怖いところでした。

ざっと以下のような状態でした。

 

・平均睡眠時間:3~4時間

・とにかく日中が眠く、思考力が低下

・車の運転中に眠さが襲い何度もヒヤヒヤした

・年間休日:約50日

・何も仕事が無く、スキルを身に付けられない

・毎日のように1時間以上も続く面談と言う名の説教

・全員イライラしており、仲間はずれを作る実態

 

同じく別会社で入社した友達は、その頃、しっかりとビジネスの基礎研修を学びながら、技術研修もしているとのことでした。

半年後に会った時には、話し方や雰囲気もしっかりしていて、希望に満ち溢れた目になっていました。

「希望の部署で○○のスキルを身に着けるんだ!」と。

新卒の20代前半の若い自分にとっては、将来が不安となり、そして睡眠不足もたたり、体力の限界を感じて1年程で退社に追い込まれました。(私の番です)

その後、私が所属していた部署もなくなりました。

淋しいものです。

しかし、この1社目はまだまだマシな方だったのは、この当時まだ知る由もないのです。

 

 

その後、数社採用となり一生懸命働きましたが、当時の冷え切った世の中、リストラの波に何度も溺れました。

 

 

<何社目かの実態>

気が付けば20代の後半。

履歴書の戦歴が既に半端ない。

何とか採用していただいた、この企業がある意味、最強だった。

ここも1社目と同じく、自分が所属していた部署だけでも毎月退職者がいた。

会社全体で考えると、1週間に1人くらいは退職者がいるような感じでした。

また、気に入らない社員は、クビを宣告され路頭に迷っている人も多数。

1社目はまだ勤務時間という面だけが主に辛かったのですが、ここでは、それに加えてパワハラや恫喝が加わります。

とにかく、周りのスタッフも同様、目を付けられないように怯えて過ごすしかない時間でした。

また、仕事の失敗についても部署を飛び越えて責任転換されるのが恐ろしい。

 

・睡眠時間:0~3時間(36時間勤務などもあり)

・休日:なし

・上司の家の世話を強要

・人格否定、容姿否定

・死ねと言われた社員もいた

・1日数時間、毎日続く恫喝

・容姿の良し悪しで何人もクビになっている

・コネ社員以外はゴミ扱い

 


 

毎日毎日、全員の前で恫喝・罵倒され続け、ごくまれに片隅で褒められる。

「君が必要だ」と。

そしてまた頑張ると、また毎日恫喝・罵倒の日々が続きます。

「お前は、役に立たん!」

「どこに行っても使い物にならない!」

「存在価値も存在感もない!」

「俺の言うことだけをただやっていればいい!」

「お前は死んでも構わん!」

 

休みも返上、睡眠時間も削って仕事をしていくと、次第に思考回路が回らなくなり、これが普通の環境なのか・・・、ここしか居場所がないのか・・・と錯覚してしまいます。

 

まさに典型的な負のスパイラルです。

 

これに耐えるあなたは、きっと別のフィールドで仕事をすることになった場合、少なくともメンタル面で負けることはないです。

きっと。

 

とにかく、健康面、精神面だけには注意が必要です。

病気や鬱になると、とてももったいないですし、何より時間がもったいないと判断できます。

 

 

 

ブラック企業を辞めた後どうなりますか?

ドラえもんのタイムマシンがあればいいですよね。

先のことがわかれば誰も心配はありません。

複数の転職経験がありますが、とても凄いスキルがあれば別だと思いますけど、転職は年齢の壁がとても厚いです。

自分の方がスキルがあっても、企業は、未経験の若い人を採用される傾向が高いです。

 

私自身もそうだったのですが、転職先が決まる前に辞めると、当然だけど厳しい現実が待っています。

追い打ちをかけるかのように、市民税などの税金を含め払ってね・・・と郵便が送られてきます。

失業給付や3か月、半年分の貯金がないと辛いです。

次の目的が決まっていないと、何も集中して物事を進めることができないので不安です。

家族があるともっと深刻ですので、慎重に行動に移した方が得策と言えます。

しかし、体が悲鳴をあげて壊れる寸前なら、辞めた方がいいです。

 

 

脱出、転職する前にできることをやっておく

次のチャレンジに対しての計画を立てましょう。

・同業種に行くのですか?

・新規業種に行くのですか?

・独立するのですか?

 

とにかく、できることは考えて行動しましょう。

私の場合は、早期脱サラを目指しているので、自身の力で稼ぐ方を模索しました。

特に自分の好きな時間にできるWebを通じて稼ぐスタイルに魅力を感じたので、少しずつWeb系の資格や情報収集に努めました。

後に、このサイトにつながるわけですが。

あの時は、本当に寝る時間なかったです・・・。

 

いずれにしても、行動あるのみです。

取引業者と仲良くなっておくのも良いですね。

取引業者さんは色んな会社に出入りしているわけなので、会社の雰囲気や人間関係などの情報はとても役に立ちます。

ハロワなどで自分で探しても、その会社がどんな雰囲気なのかわかりませんよね?

 

また、いくつかの人材紹介会社に登録しておくのもいいと思います。

複数に登録しましょう。

自分に向き不向きな紹介会社がありますので。

担当者にもよるのですが、良い担当者であれば、悩み事をきちんと聞いてくれますし、次にどのように行動したらいいのか的確にアドバイスしてくれます。

履歴書や職務経歴書は書き慣れていますか?

担当者によっては、遅い時間でも電話でフォローしてくれる方もいます。

⇒ 紹介会社からのスカウト求人!甘い求人には気を付けろ!私は商品じゃないので!

⇒ スカイプ面接のやり方や環境設定はスマホでも簡単です!経験者が解説

 

 

同業種、新規業種、いずれにしても転職する際は疲れます。

少しでも負担を軽減するためにも、現状をしっかり把握し準備が必要です。

ちなみに副業も楽な道のりではありませんが、積み上げ式なので長い目で見てチャレンジしてもいいかと思います。

⇒ ネットで稼いでプチ贅沢☆資産ブログの作成!副収入で月5万円を目指せ!

⇒ 【主婦おすすめ】A8.netのセルフバックや本人申し込みで稼ぐ賢い方法!

 

 

無駄な固定費を早く削る

ブラック企業と分かりながら辞められない最大の理由として、「お金」です。

お金がが入ってこなくなると、生活ができません。

私は、脱出するために、無駄な固定費を削り、失業後の活動費や生活費に充てるようにしました。

私の場合だと、美容院代です。

唯一の楽しみとしてリッチに使っていたのですが、毎月10,000~15000円使っていました。

1年で約120,000~180,000円です。

10年近く通っていたので、車が買えるほどの金額です。

よって、1000円カットに変えて、削れる固定費は見直し、退職後の補てんに回したというわけです。

当然のことを言っていますが、生活環境を変えるためには、一時でも無駄な固定費を見直さないと計画が立ちません。

即行動できます。

生活が安定したら、また再開してもいいわけです。

何か1つ捨てる覚悟と勇気も必要です。

 

SMBC調査の貯金額の実態が公表されていました。

現実の厳しい実態が浮き彫りとなっているようです。

賢く、コツコツと固定費を節約して貯金体質を早め早めに整えておくのも賢い選択です。

⇒ 【副業】貯金を増やす方法やコツはブログ?SMBC調査の貯蓄実態!

⇒ 目的別口座の方法を使えば貯金を簡単に管理できる!使いこなして貯金体質を目指せ!

 

 

最後にまとめ

ブラック企業で、睡眠不足とストレスに立ち向かいながら仕事を頑張り続けることは、ある意味尊敬します。

でもカラダは1つなので、壊さないようにしないといけないですね。

会社側は「自分たちは使い捨て」ですが、「自分のカラダや時間は使い捨てではありません」。

自分はストレスに強いから大丈夫と思っていても、カラダは悲鳴をあげていることもあります。

 

何かを決断するのは、とても勇気がいりますし、パワーも必要です。

それと同時に、時間はあっという間に流れていきますので、計画をもって行動することが重要です。

この先の人生において何を重視するのか、よく考えてから行動することをおすすめします。

お金ですか?

自由な時間ですか?

人間らしい生活ですか?

 

あなたは何を重視しますか?

 

 

★合わせて読みたい参考記事
⇒ ウェブデザイン技能検定は国家資格!就職に有利?独学で受かりますか?

⇒ 社会人の人気習い事ランキング?体験して決めると失敗しにくい!お得なチャンスを利用しよう。

⇒ 英語を無理なくマイペースに学べる学習方法や無料アプリツールなどをご紹介!

⇒ ネットで稼いでプチ贅沢☆資産ブログの作成!副収入で月5万円を目指せ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です