ヒトヒト感染!新型コロナウィルスはSARSと同じB級伝染病!感染元はアレだった

スポンサーリンク

2020年1月21日、中国で発症した新型のコロナウイルスによる肺炎の問題ですが、日本や中国などアジア地域を管轄するWHO(世界保健機関の地域事務局)が、ヒトからヒトへの感染がみられると発表がありました。

「医療関係者への感染があったことも強い証拠」としての裏付けのようです。

1/21の報道ステーションでも、今回のコロナウィルスについては、SARSと同じB級伝染病としての位置づけに当たるといわれていました。

1月後半は中国の春節。

30億人近い人が大移動する時期でもあるので、感染問題が深刻となっています。

SARSを含め、コロナウィルスの情報について調べてみました。

 

<追記 2020/1/30>

今回のコロナウィルスの感染拡大は、あのSARSを越えるスピードで拡大しているとのこと。

中国の武漢市から1月29日に日本へ帰国した人のうち、新たに1人が体調不良を訴えて東京・大田区の病院に搬送されていることが分かっています。

これで体調不良を訴えた人は5人目となっています。

刻々と感染拡大が世界規模で広がっているようで、テレビの放送中にも随時情報が更新されているのが気になります。

 

 

コロナウィルスの肺炎問題は、SARSと同じB級伝染病に

 

2002年に中国で発症したSARSによる伝染病。

やがて20年近く前の出来事ですね。

若い世代の方は知らない人もいます。

 

■SARSとは?

SARS(重症急性呼吸器症候群)

※B級伝染病としての位置づけ

期間:2002年~2003年

発症人数:8098人

死亡者:774人

発生国:2002年 中国の広東省で発生

2003年 ヒト⇔ヒトへの感染が確認される

2003年2月下旬 広東省の感染者が香港ホテルに宿泊したことにより、他の宿泊客などに感染したとみられる

その後、北米、ヨーロッパ、南アフリカにも感染が拡大していく

 


 

 

SARSの伝染病が発症したときは、テレビでは連日トップニュースだったのを覚えています。

手洗いや外出時のマスク着用の啓蒙が多かったですね。

 

今回のコロナウィルスに関しても、テレビで報道されていましたが、SARSと同じB級伝染病として位置付けられたとのことです。

まだ、SARSのように、感染が爆発的に広がる事態は今のところは考えにくいようですが、感染者が増えると、ウィルスの変異のリスクはより高くなるので警戒が必要と言われていました。

今のところは、「濃厚接触」したケースに限られているから、まだ安心というわけですね。

 

しかしながら、中国の春節がもう間近に迫っており、どう考えても濃厚接触するケースが増えることが懸念されます。

同じく、多くの方が大移動されるわけですので、現状よりも収束するとは考えにくいと個人的には思います。

ウィルスが突然変異しないことを願いたいものです。

 

新型コロナウィルスの感染元は「食用ネズミ」が原因か?

夕方のニュースを何気に見ていたら、新型コロナウィルスの感染源とされるのが、食用のネズミが原因とのことでした。

「タケネズミ」という種類のようです。

食用のネズミがいること自体、私は知りませんでした。

ネズミ以外にもコウモリも市場に売られているとのことです。

 

ちなみに、コウモリはとてもばい菌が多い生物と以前テレビで紹介されていたことを覚えています。

実際に調べてみると、コウモリには狂犬病をはじめ、さまざまな細菌や寄生虫がついていることがあります。

ノミやダニなどの害虫だけではなく、コウモリのフンには雑菌・寄生虫がたくさんいます。

人によってはアレルギーが発症してしまうケースもあるようです。

 

今回、市場に食用?として売られていたコウモリは、ばい菌がいない種類なのかどうかまではわかりませんが、少々謎がありますね。

いずれにしても、ネズミやコウモリを含め、市場で販売されていた管理状態もどのようなものだったのかも調べないと、また同じような感染が発生してしまうような気がります。

 

春節で30億人が大移動!新型コロナウィルスによる肺炎の対応方法は?

別記事でも紹介したのですが、流行が確認されたばかりの新型コロナウィルスによる肺炎に対する特効薬などは、現時点ではないようです。

感染者が増えることによって、ウィルスも変異することが考えられることから、自分の身は自分で守る対策が極めて必要のようです。

感染の報告内容が甚大になってきた中国国内では、マスクが売り切れ状態とのことです。

マスクは一番身近で感染を防げるアイテムです。

中国の春節以降、日本にも感染が拡大する前に、マスクの予備は備えておきたいところですね。

花粉症対策などでもマスクは年賀ら年中役に立ちますので常備しておいたほうが吉のようです。

テレビでも言っていましたが、手を洗う、アルコール消毒をするなど、通常の感染対策をまずは徹底するのがベストとのこと。

ここまでくると、自己防衛しかないですね。

大きな被害になる前に、事態が落ち着いてほしいものです。

 

Mask shop マスク ライト グレー (個包装)無香料 6枚入 洗って使える (花粉症・PM2.5・黄砂a・ハウスダスト・風邪 対策) ポリウレタン製 ジッパー付きパッケージで持ち運びに便利 品質保証

新品価格
¥735から
(2020/1/19 01:21時点)

 

ピッタマスク(PITTA MASK) GRAY 3枚入

新品価格
¥316から
(2020/1/19 01:20時点)

 

 

主な航空会社の飛行状況(フライト)を確認する

海外旅行や出張の際には、遅延情報や感染に関する制限事項も更新されているかもしれません。

最新情報を確認しておきましょう。

 

・JAL ⇒ JALの運行状況確認

・ANA ⇒ ANAの運行状況確認

・スカイマーク ⇒ スカイマークの運行状況確認

・Peach ⇒ PEACHの運行状況確認

・Jet Star ⇒ Jet Starの運行状況確認

 

 

 

最後にまとめ

新型コロナウィルスの感染元の原因がネズミの可能性が高くなったことは、ある意味感染拡大を抑えるいい情報かもしれません。

日本は、今年「ねずみ年」ともあり1年の始まりから少々複雑な感じがしますね。

国よっての食文化の違いはあるものの、管理面や衛生面についてもこれまで以上の厳しい確認が必要なのかもしれませんね。

 

 

★合わせて読みたい参考記事
⇒ 新型コロナのワクチン開発はいつ完成?アメリカJ&Jが着手へ!東京オリンピックまでに完成なるか?

⇒ 新型コロナウィルス肺炎が中国発症し日本にも上陸!春節で30億人が大移動で打つ手あるのか?

⇒ 中国の春節大移動で新型肺炎は拡大?春節の時期はいつ?風習や文化・過ごし方は?

⇒ ヒトヒト感染!新型コロナウィルスはSARSと同じB級伝染病!感染元はアレだった

 

 

 

 

 

日常会話の英語フレーズ一覧【ビジネスでも使える厳選まとめ集】ではカテゴリ別に使えるフレーズをピックアップしています。

まとめて読みたい方は是非ご覧ください。

 

私はこれで英語をマスターしました!
コンサル&無料体験レッスン実施中

専属コンサルタントが、現在のレベル、課題と目標を明確にして短期間で最適な学習方法をアドバイスします。

こんな方へ
・どうやって勉強したらいいかわからない
・なんとなく英会話スクールに迷われている方
・英会話教室に通ったけど、話せるようにならなかった
・自分の英語の弱点を知りたい方
・一度オンライン英会話をやったけれども飽きてしまった方
・海外の方との会議や海外出張で英語が話せず困っている
・今すぐビジネス英会話を覚えたい方
・途中でやめてしまった経験がある




受講開始して、途中で「思っていたのと違う」「自分には無理そう」等感じたら、 開始から30日以内であれば受講費を全額返金するシステムがあるので安心です。

ニュース/芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シゲキタイムズ

コメント

  1. イース より:

    こんにちは。
    ランキングから来ました。
    原因がわかるまではこれでもかぐらいの徹底した対応をしてほしかったですね。原因がわかれば、対応する方法もみえてくるので、早い沈静化を祈ります。

タイトルとURLをコピーしました