ドクターXは1本1億円の製作費・全話20%超え!他の高額番組を調べてみた!

投稿者: | 2019年9月17日

 

2019年10月からスタートの「ドクターX」の製作費がなんと「1本1億円」と言われています。

また、米倉さんのギャラが民放では破格の1本500万円という話もあります。

ドクターXは、第2シーズンから第5シーズンまで全話平均視聴率が20%超えを達成しています。

また、最高視聴率だった第3シーズン最終回の27.4%超えも目指していることから、製作費およびギャラも妥当な数字なのか・・とうなずけますね。

視聴率も人気も、「私、失敗しないので」。

1本1億円の製作費ってすごいですよね。

他の番組の製作費はどのくらいなのでしょうか?

調べてみましたので、ご参考にしてみてくださいね。

 

 

ドクターXの製作費は1本1億円!

 

ドクターXの製作費は、なんと1本1億円。

バブル期とは違い、番組制作費の削減を迫られている時代ですが、ドクターXは別格のようですね。

出演者もとても豪華ですし、主役級の役者さん達が多数出演されていますので、とても楽しみです。

それもそのはず、視聴率も全話平均視聴率が20%超えを達成。

同作品の最高視聴率(第3シーズン最終回)27.4%を超す勢いのドクターX第5シーズンです。

 

「他局からしたらうらやましい限りの潤沢な制作費です。今やテレ朝の看板ドラマシリーズとなっただけに、シーズンを重ねるごとに制作費が増加。今や“1本1億円”とも言われています。米倉さんのギャラが民放では破格の1本500万円と言われるのも納得です」(民放キー局のドラマ班スタッフ)
引用:Yahooニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-00010006-jisin-ent

 

「米倉さんの『ドクターX』のギャラはこれまでも女優トップクラスで、“1本500万円以上”といわれていました。しかし今回はさらにアップ。1本800万円以上が提示されたそうです。ドラマが放送される3カ月間で、総額約1億円! これほどの額は聞いたことがありません。そうした局の本気度に、米倉さんもついに首を縦に振ったそうです」(テレビ局関係者)

引用:女性自身 https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1728892/

スタッフ一同のプレッシャーは半端ないのでしょうけど、「私、失敗しないので」で決めるのでしょうか。

 

 

過去に製作費が高かった番組を調べてみた

 

さて、番組制作費が高額な作品を少々調べてみました。

ドラマではなく、バラエティ番組となりましたが。

 

時代は少し遡り、バブル時代には今と違って製作費も広告費も莫大な予算がありました。

ゴールデンタイムに超有名タレントを多数出演させて、爆破シーンなど、とても豪華な番組がありましたよね。

弁当も豪華だったり、タクシー代をチップのようにもらえることが普通にあったようです。

 

■風雲たけし城

セットだけで総工費1億円と言われています。

多くの芸能人が出演されており、賞金100万円など、いかにもバブル時代を象徴するような番組でした。

 


 

■お笑いウルトラクイズ

1回の製作費で数千万円と言われています。

爆破シーンも多数あることもあり製作費も多かったようです。

また、上記の風雲たけし城もそうですが、大勢のタレントやスタッフが必要とうこともあり、製作費は高かったと言えます。

ちなみに、お弁当は叙々苑。

 

 

最近の番組で製作費が高いものを調べると下記の番組が該当しました。

 

■世界の果てまでイッテQ!

製作費:約3000万円。

ウッチャンナンチャンの内村光良さんがMCを務める「世界の果てまでイッテQ」が今、最も制作費の高いバラエティ番組となっています。

かつて出演していたベッキーの降板以降は、出演者にお金をかけない方向で進めているようです。

 

 


■踊る!さんま御殿!!

制作費:約1000万円。

1日2本撮りにして、スタジオセットの積み込みとバラシの経費を浮かせているようです。

 

 


 

■とんねるずのみなさんのおかげでした

■めちゃ×2イケてるッ!

残念ながら、上記の2つの番組は終了になってしました。

この2つの怪物娯楽番組も製作費がとても高く、最後の製作費は、3000万円と1500万円だったとのことです。

 

 

 

逆に製作費が比較的安い番組を調べてみた

 

■YOUは何しに日本へ?

■家、ついて行ってイイですか?

いずれも200万〜300万円の製作費のようです。

ディレクターさんと、ハンディカメラ1台でほぼ成立するVTR企画との理由からです。

確かに、スタッフも最少人数で良さそうですね。

 


 

■モヤモヤさまぁ〜ず2

散歩系の番組はスタジオセットが不要というメリットがあります。

また、ロケは1日足らずで終了することもあり、200万〜300万円の低予算で制作できるようです。

たまに特集でハワイやヨーロッパなどでモヤモヤされていることもありますが、スタジオセットなどが不要問面もあり、製作費は節約できていると言えますね。

 

 

最後にまとめ

「1本1億円」の製作費のドクターX、とても楽しみですね。

バブル時代並みの製作費ともあり、費用対効果やプレッシャーは大変そうですね。

視聴率も楽しみですね!

 

ドクターX~外科医・大門未知子~3 DVD-BOX

新品価格
¥19,730から
(2019/9/17 23:38時点)

ドクターX2019が続編!米倉涼子の髪型やファッションも見どころ!

河北麻友子は英語の発音が上手!ペラペラで3年ぶりの連ドラ決定か!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です