宝塚市、就職氷河期世代を対象に3名程募集!応募者殺到!倍率600倍!

投稿者: | 2019年8月31日

 

バブル崩壊後の1993~2004年頃に不況に直面した「就職氷河期世代」の方々を支援する取り組みが最近動いていますよね。

働きたくても働く先がない、生きていくために派遣やパート、アルバイトをと転々と余儀なくされ、収入もキャリアも身に付かず。

悔しくも年齢だけ重ねてしまう現実。

大問題ですよね。

私も、就職難にずっと悩まされている1人なので、この「就職氷河期世代」の問題は少しでも解決に向かってくれるといいな・・と感じています。

 

ただ、今の若い世代の方たちは「就職氷河期って?」何と思う人も多いかもしれませんね。

 

 

 

就職氷河期世代って?

 

1993年~2004年に高校や大学などを卒業された世代。

バブルが崩壊し、雇用環境の厳しい時代を余儀なくされ、学校を卒業しても正社員になれず、非正規社員や派遣社員、パートやフリーターとして、その後の人生を余儀なくされた世代のことです。

働きたくても、働く先が見つからない。

逆にリストラされる方もたくさんいた時代です。

当然、収入面やキャリアなどにおいても差が付いてきます。

また、上司や先輩たちは、自分が生き残ろうとしてリストラ対象者を力のない立場に押し付けていく(ここは今も同じかもしれないですね・・)。

 

面接の際も非常にインパクトがあった体験があるので紹介します。

新卒採用枠2人の募集枠に、ざっと100人近い新卒者が狭い会議室に集合しました。

面接官と思われる担当者が、「今日は暑いので、スーツの上着脱いでも良いですし、ボタンをはずしてもいいですよ」と言っていた。

スーツの上着を脱ぐ人や、ボタンを外す人が大半おりまして、面接官は「はい、今上着を脱いだ人やボタンを外した人は帰ってください。」と。

こんなやり方は、今の時代でもあるのでしょうかね?

 

 

 

宝塚市が就職氷河期世代を対象に3名程募集!応募者が殺到しなんと倍率600倍に!

 

政府は、就職氷河期世代のヤバイ現実をなんとかしないといけないということで、色々と策を練っているのも事実。

兵庫県宝塚市では、就職氷河期世代を対象に正規職員として3名程募集したところ、応募者が全国から殺到し、なんと倍率600倍になってしまったとか。

当初、宝塚市では最大でも500人程と想定していたようですが、蓋を開けるととんでもない応募人数に驚愕し、1次試験会場を3か所から10か所に増やして対応するとのこと。

 

政府は就職氷河期世代への支援策を作り、正規雇用を3年間で30万人増やす目標を設定しているようですが、現実はまだまだ根が深く解決には時間がかかりそうですね。

 

今の若い世代の方は、どちらかというと引く手あまたで、企業サイドもウェルカム状態。

就職御祝い金や交通費までいただいている人もいるようですね。

就職氷河期世代から見ると、今の卒業生達は、バブリーな感じに見えるのは私だけでしょうか?

 

 

 

最後にまとめ

 

宝塚市、就職氷河期世代を対象に3名程募集!応募者殺到!倍率600倍!

如何でしたでしょうか?

これが、これから社会の先頭に立つ世代です。

私が先頭に立つ日も少しずつ近づいているのか・・・と思うと恐ろしいですね。

冷静に考えるととんでもない時代になりそうです。

 

とにかく、1つ言えることは自分のお金は自分で稼ぐ考えが一番かと。

会社依存型で稼ぐこともとても重要だと思うけど、正直またいつリストラされるかもわかりません。

その度に嘆くのはもう結構! No Thank you!!

自分で稼ぐ力やスキルを身に着けていくことも大切なのかな・・・と日々思うようになりました。

ネットが普及してきた今だからこそ、こんな考えもできるのかもしれませんね。

 


 

⇒ ネットで稼いでプチ贅沢☆資産ブログの作成!副収入で月5万円を目指せ!

⇒ A8.netの本人申し込み、セフルバックで利用し誰でも賢く稼げる方法!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です