今井絵理子の内閣政務官にSPEED起用に何故。仕事や役割は?

投稿者: | 2019年9月13日

 

元SPEEDの人気メンバー今井絵理子自民党参議院議員が、内閣府の政務官に内定されました。

当選1期のSPEED就任と言われていますね。

当選1期の今井議員が政府の役職に就くのはこれが初めのことで、9月13日、女性活躍担当の内閣府政務官に正式に任命され、第4次安倍再改造内閣の一員となりました。

まさに、サプライズ人事と言われています。

そこで、内閣府政務官に任命とありますが、実際にどんな仕事をされるのでしょうか?

 

 

 

今井議員が務める内閣府政務官の役割とは?

 

内閣府政務官は、小泉進次郎環境相も過去に務めたことがあるポジションです。

「政務官は若手の登竜門だ」とも世間からは言われています。

 

内閣府大臣政務官をウィキペディアで調べてみると下記の通りにあります。

「内閣府大臣政務官(ないかくふだいじんせいむかん)は、内閣府を担当する大臣政務官である。定数は3名。
2012年2月1日以降は他省の大臣政務官の職を占める者をもって充てられる、内閣府大臣政務官を置くことができる。」

 

ピンとこないので色々と調べてみました。

大臣政務官は、大臣を助ける役割を持ち、大臣・副大臣と共にチームとして働くイメージです。

大臣一人で様々なことを統括するのは困難だろうということで、2人の副大臣と、3人の政務官を置くことになっています。

省によっても人数は決まっていますので、選ばれし1人といえますよね。

なりたくても誰もがなれない。

それに選ばれる今井議員はまさにSpped出世というわけです。

 

実際の今井議員の役割は「女性活躍」や「IT政策」などを担当する方向で現在調整されているようです。

9月13日の閣議で詳細は決定されるとのことです。

直接表舞台の場ではないかと思いますが、今後の活躍を期待したいですね。

 

 

今井議員が務める内閣府政務官について世論は?

 

SNSなどの世論の声を見る限り、「なんで?」という声が多いように感じますね。

今井議員はシングルマザーで聴覚障害者の息子を懸命に育てていることから、有権者の支持を集めてきて、期待されてきました。

しかし、元市議の橋本健氏との不倫疑惑で騒動というスキャンダルが報道されています。

このような不貞を疑うような行動が、「裏切られた」と感じるた人も多いのかもしれませんね。

そのイメージの強い今井議員だけに、なぜ起用されたのか?という疑問の声が上がっているのかもしれませんね。

今後は今以上に立場のあるポジションかと思われますので、過去のスキャンダルを払拭する働きが期待できそうですね。

頑張ってほしいです♪

 

 

 

 

何故、今井議員が内閣府政務官に任命されたのか?

 

 

現在、メディア等で報道されているニュースからは、正確な理由などは分かりませんでした。

一部ネットからの推測情報としては、

今井議員を置くことによって、今後自民党の不祥事報道に対し、国民感情を鈍感にさせ、麻痺させるのが、安倍の狙いではないか・・ともささやかれていますが、実際はどうなのでしょうか。

真実はいかに・・。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です