インフルエンザで休む日数や期間は?【大人は仕事を何日休むべき?】

スポンサーリンク

インフルエンザで休む日数や期間は?【大人は仕事を何日休むべき?】

暑い夏が終わり、秋になってくると風邪シーズンの到来です。

1年の終わりが近づく頃、「インフルエンザ」に関するニュースが多くなりますね。

今年は、インフルとコロナのダブルとなりそうですが。

そこで、普通、インフルエンザに感染したら仕事は何日間休むのが適切なのでしょうか?

・熱が下がればいいのでは?
・3~4日くらい?
・医師の指示通り?
・うつされると困るので、1週間くらい?

・上司が怖いので、風邪程度で休めない。。。

などなど、働く環境によってさまざまな意見が出てきそうな感じがします。

そこで、本記事では会社員がインフルエンザに感染した場合、休む期間についてまとめていきます。

 

関連 インフルエンザの解熱後の過ごし方9選|暇すぎる自宅療養!回復期の暇つぶしは勉強?

 

インフルエンザで休む日数や期間は?【大人は仕事を何日休むべき?】

 

小学校の頃、インフルエンザに感染した時、

「やった!1週間ほど学校に行かなくていい!」「遊べるラッキー!」

と心で喜んでいた時がありました。

しかし、大人になるとインフルエンザに感染したあ場合、仕事は何日くらい休むのが適切なのでしょうか?

早く出社して、遅れを取り戻さねば・・・という焦る気持ちが出てきます。

 

子供がインフルエンザに感染した場合

 

子供の場合は、下記のように明確に方針が打ち出されているのでわかりやすいですよね。

現在、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています(ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません)。

インフルエンザに感染していることがわかりながら学校に行くことは、法律に反しているということになります。

要は、1週間くらい安静にするのが目安のようですね。

 

会社員がインフルエンザに感染した場合

 

会社員の場合は、学校保健安全法のような明確な定めはありません。

医師の診断および、会社の就業規則のルールに沿って対応するのが一番です。

 

厚生労働省のページより下記の回答があります。

 一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります。
排出されるウイルス量は解熱とともに減少しますが、解熱後もウイルスを排出するといわれています。排出期間の長さには個人差がありますが、咳やくしゃみ等の症状が続いている場合には、不織布製マスクを着用する等、周りの方へうつさないよう配慮しましょう。

厚生労働省 インフルエンザQ&Aより

 

周りのへの感染拡大が懸念されるため、だいたい1週間程度は外出しないように・・と言うのが正しい行動のようですね。

 

会社にとっても、インフルが感知しないまま会社に来て、周りの社員も次々とインフルに感染して業務に影響が出ることは避けたいはずです。

なので、普通の就業規則がある会社であれば、「インフルエンザに感染した場合は○○日間は出勤を控えること」と規定されているはずです。

 

最近であれば、熱が下がって体力も回復されているようであれば、在宅勤務やテレワークで仕事をするという選択肢も新たに定められているかもしれません。

テレワーク時代ともあり、以前のようにインフルにかかれば数日は休めるかも・・・という時代は終わったのかもしれませんね。

 

当然、テレワークができる会社の業種にもよりますし、社員の人数や環境によっても会社の規則は変わります。

いずれにしても、今一度、会社の就業規則を確認しておきましょう!

 

インフルエンザの解熱後の過ごし方9選|暇すぎる自宅療養!回復期の暇つぶしは勉強?
インフルエンザ感染後の自宅療養で解熱後の2~3日がなんとなく暇な方へ! インフルエンザに感染すると、高い熱などが出て辛くてしんどいですよね。 熱が出てくるときのあの不快感は、なんとも言えなく耐えがたいものです。 お...

 

インフルエンザに感染しても【仕事を休めない・出てこーい!】と言われる

インフルエンザに感染しても【仕事を休めない・出てこーい!】

仕事をしている方の中には、重要なポジションに就いていて、休めない人もいるかもしれません。

あるいは、「骨の1本や2本折れようが、病気になっても這ってでも出てこい!」という会社もあると思います。

かつての私の会社は、まさに後者のような感じで、職場の1人が、インフルに感染し起き上がれなくて、1週間休んだら、戻る場所がなく、そのままクビとなっていました。

 

会社によって色んな考え方があったり、その人の立ち位置の問題もあったりして、病気になっても休める場合とそうでないパターンってよくありますよね。(コネ社員はしっかり治るまで治療に専念できたり・・・)

 

本来であれば、インフルエンザに感染していたら出社をしないのが原則です。

先述の説明でも既に理解できるかと思います。

 

また、「労働契約法」第一章第五条に以下のように定められています。

使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

 

インフルエンザの感染症は、自分だけではなく他の社員への感染拡大も大いに考えられます。

感染した本人だけでなく、一緒に働く社員に対する安全配慮義務に違反している事になりますよね。

会社員として、社会人としてインフルエンザに感染したら、医師の指示に従って、自宅で安静にすることをおすすめします。

繰り返しとなりますが、いずれにしても就業規則などルールがあいまいな会社も多いので、しっかり確認しておくのがベストと言えますね。

 

しかし、次の章にあるように、インフルはインフルでも季節性のインフルエンザの場合は、就業規則のルールには適用されません。

覚えておきましょう!

 

Aki☆
オラオラ!点滴打って出てこい!何なら会社で寝泊まりしろや!
クマ吉
ひえ~!!会社の就業規則を確認しなきゃ・・
Aki☆
オレが会社のルールだ!

 

季節性インフルエンザは就業規則の対象にならない?

季節性インフルエンザは就業規則の対象にならない?

先ほどの例にもあったように、インフルエンザに感染しても「休めない」という人もいます。

「違反じゃないのか?」と思ったりしませんか。

調べてみた結果、「季節性のインフルエンザについての出社停止期間を定めた法律はない」というのが実情です。

学校と違って会社には、「従業員がインフルエンザに罹患した場合の法律上の規定が設けられていない」ということです。

事業者は、伝染性の疾病その他の疾病で、厚生労働省令で定めるものにかかった労働者については、省令で定めるところにより、その就業を禁止しなければならない。

労働安全衛生法」の第六十八条

 

現在、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています(ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません)。

 

要は、「厚生労働省令で定められている疾病にかかった場合」という定義がポイントです。

冬に流行する季節性インフルエンザは対象となっておらず、就業制限の対象とはなっていません。
(新型インフルエンザは該当)

 

おかしなことですが、季節性インフルエンザに感染して、会社に出勤を強制されても、法律違反にはならないのが現状なのです。

なので、「出てこーい」と言われても、その辺はグレーゾーンとなります。

 

ただ、会社によっては就業規則に、インフルエンザ罹患時の就業制限について定めているところもあります。

私が勤めた唯一のホワイト企業ではしっかり対応されていましたよ。

繰り返しとなりますが、自分の会社はどんなルールが定められているのか、まずは確認してみましょう!

就業規則の冊子がどこにあるのかわからない・・・とう会社もあると思いますが・・・。

 

いずれにしても、下記の「労働契約法」第一章第五条にあるように、

使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

インフルエンザなどの感染症は、自分だけではなく他の社員への感染拡大も大いに考えられますので、超ブラック企業以外は、常識ある会社のルールに沿って感染拡大のトラブルを避ける行動をとるはずです。

 

 

風邪やインフルエンザにかからないために

風邪やインフルエンザにかからないために

風邪やインフルエンザにかかると、正直辛いだけです。

ましてや、仕事や会社の対応などが絡んでくると、かなりメンドクサイです。

日頃から、体調管理に気を付けて、できるだけ風邪をこじらせないように工夫したいものですね。

食事をしっかり取る、睡眠をしっかりととる、外出時はマスクを着用したり、うがいや手洗いは忘れずにしていきたいところです。

コロナウィルスが発生して、マスクや手洗い、うがいは習慣化されてきているのかもしれませんが・・。

下記の関連記事もご参考にして、風邪対策をしていきましょう!

 

ちなみに、風邪などを予防するためには、免疫力を高めていきましょう!

余談ですが、免疫力についての英語フレーズを紹介した記事もありますので、ご参考にしてくださいね。

関連 免疫力の英語の読み方や発音は何て言うの?例文フレーズで症状を伝えよう

 

インフルエンザで休む日数や期間は?【大人は仕事を何日休むべき?】まとめ

 

いずれにしても、大人になってインフルで会社を休む場合、会社によっては少々厄介なことになる場合もありますので、普段から感染しないようにできるだけ気を付けたいものですね。

もし感染してしまった場合は、

厚生労働省の見解としては、「インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります。」

とありますが、会社員の立場としては、就業規則で定められているケースが強いので、合わせてしっかり確認しましょう。

 

実際、インフルエンザに感染して、無理して会社に向かっている途中で亡くなるというニュースも過去にありました。

仕事が回らなくなるから出勤したい・・、上司から焦らされているという気持ちはありますが、ひとまず、治すことを優先にした方がいいのではないか・・と思います。

 


 

日常会話の英語フレーズ一覧【ビジネスでも使える厳選まとめ集】ではカテゴリ別に使えるフレーズをピックアップしています。

まとめて読みたい方は是非ご覧ください。

 

私はこれで英語をマスターしました!
コンサル&無料体験レッスン実施中

専属コンサルタントが、現在のレベル、課題と目標を明確にして短期間で最適な学習方法をアドバイスします。

こんな方へ
・どうやって勉強したらいいかわからない
・なんとなく英会話スクールに迷われている方
・英会話教室に通ったけど、話せるようにならなかった
・自分の英語の弱点を知りたい方
・一度オンライン英会話をやったけれども飽きてしまった方
・海外の方との会議や海外出張で英語が話せず困っている
・今すぐビジネス英会話を覚えたい方
・途中でやめてしまった経験がある




受講開始して、途中で「思っていたのと違う」「自分には無理そう」等感じたら、 開始から30日以内であれば受講費を全額返金するシステムがあるので安心です。

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シゲキタイムズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました