【炎上】謝罪文添削!神戸教員いじめ加害者保身で逆効果で批判殺到!

投稿者: | 2019年10月17日

 

この加害者達の謝罪文、なめてるのか!?

神戸市立東須磨小学校で教員いじめがあった問題で、度々口に無理矢理激辛カレーを流し込む映像が出ています。

有給休暇中の加害者4名から、被害者や児童へ向けた謝罪文が発表されましたが、逆効果。

対応の遅さもさることながら、内容に関してネットユーザーから批判の声が殺到しています。

特に40代女性教師に対して「かわいがってきた」発言に対して怒りの声が強く爆発しているようです。

謝罪文を含め経緯を確認していきたいと思います。

 

 

加害者、児童へ向けた謝罪文を公開

 

 

 

神戸市立東須磨小学校の教員いじめ・暴言問題を巡る保護者説明会が行われ、加害者4人の謝罪コメントが読み上げられました。

説明会は、10月16日に開催。

Yahooニュースに謝罪文の全文が公開されていますのでまずは紹介ます。

 

【30代男性教員A】

ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません。ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。

東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

【30代男性教員B】

自分自身の相手への配慮に欠ける言動や、軽はずみな言動に、最低な人間だと実感しました。一社会人として、人間として、恥ずべきことと考えています。もし、許されるのであれば、被害教員やご家族に直接、誠心誠意、謝罪したいと思います。

東須磨小の児童、保護者の皆さん、自分の身勝手な言動で、たくさんの迷惑をおかけしました。この事案を機に自分の在り方をしっかりと見直し、自分の言動に対して猛省を続けたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

【30代男性教員C】

相手のことを思いやらずに、自分勝手な行動で相手を傷つけたことを反省しています。被害教員をはじめ、私の行動で嫌な思いを先生方にさせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです。私の犯した行為は、許されることではありません。東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています。

【40代女性教員】

子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。

被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、苦しんでいる事実を知りました。本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています。

 

この説明会のことを調べてみても、この4名の加害者は出席をされていません。

たったこれだけの謝罪文なのか?

耳を疑ってしまいました。

後でも記載しますが、特に最後の加害者の女性教師の発言が酷すぎますよね。

個人的にもそう感じて読んでいたら、世間も同じことを考えていました。

「子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが・・」

なめているのか?と思いました。

 

 

あまりにも遅すぎる謝罪会見!

 

謝罪文の内容も勿論反論があるのですが、問題は謝罪会見の遅さが指摘できます。

加害者に対して、校長もはっきりとした結論を出せてないようにも感じます。

自宅謹慎となっていますが、扱いは有給休暇。

しかも時間が経つにつれて、閉ざされた学校の教師間の上下関係やリーダー格の「女帝」という名前、さらなるいじめの被害者の存在も浮き彫りとなりました。

事件が起きてから今回の謝罪文が発表されたわけですが、加害者が直接被害者へ謝罪しているわけではありません。

 

 

以下、個人的な意見ですが、これだけの大きな社会的問題となっており、児童への悪影響の現状を考えると、「懲戒解雇」が妥当な判断ではないかと感じます。

加害者の教師に対して、今後の教育指導の場を検討されているような発言もありましたが、正直甘すぎるのではなないかと感じますね。

教員免許を返納し、教育というフィールドから金輪際離れるのが一番の務めだと思っています。

 

 

謝罪文の内容がヤバすぎる!添削付きツイートも!

 

今回の公開された謝罪文は早速SNSで評価されています。

疑問の声や批判、そして謝罪文を添削するツイートが複数投稿されています。

代表的なものを下記に載せます。

 

 

 

 

多数の添削ツイートやその他多くの意見を確認すると、

・誠意が感じられない

・事の重大性を理解していない

・保身としかとらえられない

・顔出しで被害者に謝罪しろ

など、厳しい意見が投稿されています。

当然ながら、神戸いじめ教諭らの謝罪文はこの内容では、到底納得できないという声が大多数のようですね。

 

また、教員いじめの大問題となるきっかけになった激辛カレーを無理やり食べさせる動画ですが、現場は学校の家庭科室でした。

学校側は、現在は使用をしない方向で対応されており、2019年11月末までに改修を予定としています。

一体この改修工事のお金はどこから出るのかな・・・と思いませんか?

もしかしたら、税金ですか?と疑ってしまいます。

先述にも書きましたが、加害者は「有給休暇中」です。

 

 

上記のツイートを見ても、もはや異常な教育現場です。

 

 

 

女性教師の「かわいがっていた」発言に非難殺到!

 

 

 

特に謝罪文の内容で指摘されているのが、女性教師のコメント。

謝罪コメントにある「自分の思いがあって接していたつもり」「かわいがってきた」の部分です。

自分から「かわいがってきた」というのは、どう考えても上から目線として感じられます。

このような公の謝罪文として出すことからも、日常の教育現場において、明らかに上下関係があったのではないかという指摘になります。

この「かわいがり」というキーワードは、「相撲」を連想される方も多いのではないかと感じます。

私個人もそう思いました。

実際に「かわいがり」として新人への暴力事件が相撲協会でも度々、問題視されてきました。

 

また、別の批判箇所として、「子供たちを精いっぱい愛してきたつもり」。

自分の保身としてしか感じられない。という批判も多いです。

 

 

最後にまとめ

 

もちろん、学校の先生全員ではないですが、大学を卒業し、教師の免許を取り、そして学校で生徒を教える。

どう考えても学校というとても小さな領域しか知らない人が多いのかな・・と感じました。

逆に一般の会社を知らないというか・・(あくまで個人の意見です)

 

いじめは私も含め、受けてきた側の人はとても多いと思っています。

それだけにこの教師のいじめ問題はとてもシビアで当然、一言一言が注目される問題です。

学校でも、会社でもいじめはありますし、いじめられた側は忘れることができない一生の傷となります。

 

このような一部の学校の先生がいることで、その他多くの素晴らしい先生方の評価が下がるのはとても悲しいことです。

かつて、英語の楽しさを教えてくれて、お世話になった素晴らしい先生を、私は尊敬していますし。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です