大谷翔平が左膝手術で今季絶望。カーランジョーブクリニックで再帰を!

投稿者: | 2019年9月13日

 

大谷翔平投手(25)が9月13日にロサンゼルス市内の病院で左膝の二分膝蓋骨(膝の皿部分)の手術を受けると発表されました。

全治まで8~12週間の見込みで今季中の復帰は絶望的との報道です。

大谷翔平は約一年前2018年にも右肘を手術されています。

その際、カーラン・ジョーブ・クリニックにて手術をされています。

このクリニックは野球選手、スポーツ関係者など多数の手術実績のある有名な病院とのことです。

一体どんなクリニックなのでしょうか?

 

大谷翔平投手が左膝手術へ!

 


2019年9月12日、大谷翔平がロサンゼルス市内の病院で左膝の手術を受ける事が明らかになりました。

左膝は先天性の痛みで、これまで症状はありませんでした。今シーズンになって症状が出てきました、とコメントされています。

手術を受けて後完治するまでは8週間から12週間かかると見られています。

大谷翔平の今シーズン復帰の可能性は絶望的な状態に追い込まれています。

ちなみに谷翔平の手術予定日は日本時間で2019年9月14日。

アメリカ・ロサンゼルス市内の病院で左膝関節の前部、膝蓋骨を手術を受ける予定です。

一体、どこの病院なのか気になりますね。

 

 

2018年にも右肘を手術の時はカーラン・ジョーブ・クリニック

 

大谷翔平選手は、2018年に右肘の手術を受けています。

その時の病院が、ロサンゼルスにある「カーラン・ジョーブ・クリニック」

執刀医はニール・エラトロッシュ医師。

2018年10月1日にトミージョン手術をしており、その後2019年5月7日に実戦復帰をしています。

このカーラン・ジョーブ・クリニックは、そもそもトミージョン手術を考案した病院。

このカーラン・ジョーブ・クリニックは野球選手をはじめ各種スポーツ関係者など、多数の手術実績のある有名な病院です。

あの、巨人の桑田選手や松坂投手も救ったとの実績があります。

2019年8月10日の手術後8度目のブルペン投球の際、「良くなってきている実感がある」とコメントもされています。

 

最後にまとめ

 

超一流プレイヤーだけに、手術費用もどのくらいかかるのか不明ですが、1日も早く復帰されて活躍する姿を見たいものですね。

焦らずに頑張ってください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です