田代まさし逮捕!ラッツ&スターやバカ殿様で活躍の面影なし!原因はストレスに負けた?

投稿者: | 2019年11月7日

2019年11月6日、タレントの「田代まさし」がまた逮捕されたことが報じられました。

これで一体何度目なのでしょうか?

再び薬物での逮捕をされてしまったマーシーこと田代まさし

日々、テレビでも話題となっていますが、薬の服用は芸能活動でのストレスを発散するためだったのでは?との意見も出ています。

依存症という部分は否めないのでしょうが、一度手を出すと抜け出せない罠があるようですね。

経緯などを見てみましょう。

 

 

田代まさしは、かつてシャネルズとして活躍してミリオンヒットも

 

かつては一躍有名な時期もあった田代まさし。

田代まさしはシャネルズとして活躍してミリオンヒットを記録し、CMやバラエティ番組にひっぱりだこな時期がありました。

また、ラッツ&スターは、シャネルズとして1980年2月に「ランナウェイ」でデビューし、大ヒットを記録。

1983年にラッツ&スターに改名し、以降も「め組のひと」などをヒットさせる活躍を遂げています。

私も小さい頃、テレビを見ると大抵は田代まさしが映っていたのを覚えています。

バカ殿様やものまね王座のMCとか、色んな番組に出ていましたよね。

バラエティだけではなく、歌手としても成功していただけに勿体ないですね。

 

 

また、当時の容姿もカッコよく、ファッションセンスなども真似をされたかも多いのではないでしょうか?

一見、見た目が派手に見える田代まさしですが、本人も認める程の「真面目な性格」。

そのためバラエティ番組に出た時は、「面白いことを言わなければ・・・」とプレッシャーに押しつぶされそうになる毎日だったと語られています。

そんな時に、友人から勧められたのが薬。

「芸能界という荒波に溺れそうな時に『違法な浮き袋』が流れてきてつかまってしまった」というニュアンスで後悔の思いを明かしています。

真面目な性格に付け込まれた悲劇の道の始まりだったのではないかと思われます。

 

 

 

なぜ、やめられなかったのか?

 

 

一般的に感じるのは、二度と買わない、近づかないようにするとやめられるのでは?と思います。

田代まさしは薬をやめようとする努力はされていたようです。

しかし、本人が語るように、「気持ちよかったという記憶は脳に強く残っていて断てなかった。十数年間梅干しを食べていなくても、見ただけでツバは出る。それと同じで薬を見たらいまでも脳が勝手に反応しちゃう怖さはある。」とコメントもされています。

また、実際に握手会で薬を渡されたり、ポストに薬を入れられたり、楽屋に戻ると薬物がおいてあったりと、あの手この手で誘惑をされていたことも明かしています。

これでは、どれだけ意志が強くてもぐらついてしまうのでしょう。

これが、依存症の怖さというものなのかな・・と改めて実感してしまいます。

 

 

最後にまとめ

 

幅広い世代で人気のあった田代まさし。

めちゃめちゃ面白いバラエティのおっさんだったイメージが強く、 志村けんのバカ殿様では側近やってお茶の間の大爆笑とってた時代が懐かしいです。

また、親の世代では、 鈴木雅之さんとか桑野信義さん(クワマン)とかのラッツ&スター(シャネルズ)というバンドでヒット飛ばしてたのに本当にもったいない人でした。

薬と縁がなければ、今でも活躍されていたように思われるだけに・・・。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です