ツイッターの認証バッジ取得はどうすればできる?錦戸亮は自作認証バッチで対応か?

投稿者: | 2019年10月5日

 

先日、ジャニーズを脱退した錦戸亮さんがツイッターを始めた際、「認証バッジはどのようにして付ければいいのか?」と悩んだ結果、「自分でハートマークを使って自作認証バッチを作った」ことで話題になっていましたね。

Twitterを利用していると、ユーザーアカウントの横に青いチェックマーク(認証済みバッチ)が付いている人と付いていない人がいますね。

気になる方もいるのではないでしょうか?

この青いチェックマークは、アカウントがTwitterによって本物のアカウントであることを認証されていることを示します。

要は、関心を集めるアカウントであると認められた場合に付与されるマークです。

有名人や芸能人、政治家などが該当します。

今回、Twitterの公式マークの付け方や申請などについてみていきたいと思います。

 


 

 

Twitterの公式マーク「認証済みバッチ」とは?

 

この青いチェックのバッチを、「認証済みバッジ」と呼ばれています。

関心を集めるアカウントであると認められた場合に付与されるマークのことを言います。

有名芸能人のアカウントを見ると付いていますよね?

ユーユーバーのヒカキンさんなども。

政治家で言うと、アメリカ大統領の「トランプ大統領」。

つまり、メディア、音楽、ファッション、ビジネス、政治、宗、ジャーナリズム、スポーツ、その他注目の分野などの分野で影響力のある方々に公式マークを付与することによって、本人のアカウントであることをTwitterが認証し、「なりすましなどによる被害を防止する目的」があります。

 

私の好きなX JAPANの「龍玄とし」の横にある青色の「レ点」

 

 

Aki☆

誰でも簡単に認証が受けられるわけではないのですね・・・。

フォロワー数が多い、関心を集めやすい、影響力があるなど色んな条件がありそうですね。

 

確かに、誰でも簡単に認証バッチを取得できたら、なりすましでアカウントを作れてしまい悪質なケースに使用されてしまいますね。

Twitterではアカウント名はとても簡単に作成できてしまいます。

他のユーザーと被ることが認められているため、偽物のアカウントを本物のアカウントだと誤認してしまう恐れがあり、発言が悪質に利用されてしまうことを未然に防ぐために、公式認証バッチのマークの付与が必要なのです。

 

Aki☆

トランプ大統領もツイッターで声明を投稿されていますよね・・

北朝鮮と首脳会談の連絡にも利用されていましたね。

 

なお、意図的に公式マークに似せたチェックマークを付加することによって認証済みアカウントを装う悪質なユーザーもいるかもしれませんので、注意しましょう。

 

 

ツイッターの認証バッチの取得方法は?

 

2016年7月から、この認証バッジを申請できるようになりました。

誰でも申請することはできても、「承認される人」と「されない人」がいたため、認証バッジはTwitterがその価値を認めたアカウントという誤解が広がりました。

よって、Twitterは2017年の11月から公認バッジのリクエストを一時停止しています。

 

なので、Twitterに、「関心を集めるアカウント」であると判断された場合に、アカウントは認証バッジをもらうことができるようですね。

 

 

認証バッチは取り消される場合もある?

がんばって認証バッチを取得しても、承認バッジが取り消されてしまうこともあるようです。

以下のようなことをしてしまうと、取り消しの対象となります。

 

・ID変更を行った

・アカウントを非公開にした

・ツイッターのルールに反した

 

アカウント名の「@ユーザー名」を変更すると、認証済みバッジが失われるようです。

一時期、バンダイナムコの公式アカウントからバッジがなくなったことで、ネット上で話題になったこともありましたね。

変更の際はリスクもともなうということですね。

 

 

非公開設定にすると、認証バッジが外れてしまうこともあるそうです。これは、タレントの武井壮さんがやってしまって話題になりました。

こちらは数日後に無事認証バッジが帰ってきたとのことでよかったですね・・・。

 

 

また、どんなSNSツールにもルールは付きものです。

≪Twitterルールへのリンク≫
https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-rules

ルールを違反すると認証バッチはおろか、アカウントも削除されることにもなりますのでしっかり守りましょう。

いずれにしても、ツイッターを利用する際は、認証バッチ取得の有無にこだわらず、一度規約やルールをしっかりを確認した方が良いということですね。

 

 

最後にまとめ

一般人が認証バッジの申請してもほぼ不可能な気がします。

著名人や有名人になればなるほど、「認証バッチ」は欲しくなるような気がしますね。

錦戸亮さんも無事に認証バッチを取得できるのでしょうか?

 

また、ネットの世界では、「なりすましなどが後を絶たない」のでこのような認証バッチを表示をしてくれるだけでも、安心してSNSを楽しむことができますね。

以上、ツイッターの認証バッジの取得方法についてでした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です