台風19号長野県千曲川が堤防決壊。北陸新幹線かがやきも水没へ運行状況に影響も

投稿者: | 2019年10月13日

 

台風19号の影響で各地に被害影響が出ています。

長野県の千曲川が堤防決壊し、千曲川沿いでは自衛隊がヘリコプターを用いて救助活動を行っているようです。

また、今回の台風による大雨で千曲川の氾濫したことで、長野市赤沼にあるJR東日本の長野新幹線車両センターで新幹線の車両が水につかる被害が出ているということです。

 

 

長野県千曲川氾濫で新幹線かがやきの車両も水没

 

長野県の千曲川の堤防決壊が報じられたのは2019年10月13日午前6時頃でした。

台風19号による大雨で千曲川の氾濫したことで、長野市赤沼にあるJR東日本の長野新幹線車両センターで新幹線の車両が水につかる被害が出ています。

周辺一帯が水没しているため、職員が詳細確認ができない状態とのことです。

新幹線「かがやき」が水没してしまったことにより、今後の運行状況に影響がでるかもしれないとのことです。

写真を見てもわかるように、川が氾濫したことにより、一気に浸水したのではないかと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このかがやきの車両は、12両編成でなっています。

7台(1車両あたり約3億円)ということは推定252億円の損害がすでに出ております。

また、営業再開までに時間もかかることから被害は甚大なものとなります。

 

また、自衛隊は、川が氾濫する前に到着されており、すでに午前7時に千曲川の川沿いで救助活動に当たり、住民などを引き上げ救出をされています。

 

 

 

最後にまとめ

 

人命救助は最優先でもちろんだけど、インフラや交通機関においてもまた大きな被害となっていまいました。

新幹線と言う早くて便利な公共機関のダメージも今後気になります。

新幹線「かがやき」はこの7車両だけではないと思いますが、レール整備なども含め、早い復旧を祈っております。

 

 

 

 

台風や雨の低気圧が原因か?今日は頭痛や体調不良でだるいのは。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です