ワードプレス(WordPress)で画像ファイルをフォルダ分け!Media File Managerプラグインを利用しよう !

投稿者: | 2018年6月5日

ワードプレス(wordpress)でメディアを任意のフォルダに分けて画像管理をすることはできないの?と疑問に思う時はありませんか?

記事毎に画像を任意のフォルダで管理したり、同じジャンルの画像をまとめたフォルダで管理したい、などありますよね。

Medeia File Managerのプラグインを利用すると、簡単に問題を解決することができますので、使い方を含めてご紹介いたします。

 

Aki☆
画像を探す時など、フォルダ検索できた方が絶対に便利!

何かいい方法はないんですか?クマ吉さん!

クマ吉
はいは~い!これから紹介するプラグインを導入してみましょう!

 

 

ワードプレス(WordPress)で画像ファイルをフォルダ分け!

ワードプレスで画像を扱い始めると、保存場所を任意に決めることができなくて、煩雑になった経験はありませんか?

各記事で作成した画像や、アイキャッチ画像などを出来れば別々のフォルダに別けて保存できませんか・・・。

 

ワードプレスのデフォルト機能には、画像のフォルダ管理機能はありません。

今回ご紹介する、「Media File Managerプラグイン」を導入すると任意のフォルダを作成することができ、関連するフォルダに画像データを保存することが可能となります。

 

ブログ運営を続けると、過去画像を参照する際、カテゴリ分けに保存されていると使いたいときに、さっと取り出せるので時間の無駄になりません。

何より作業効率のUPに繋がりますので、ブログを立ち上げたら是非導入していきましょう!

 

これからブログを構築しようとしている方は、先に下記の記事をご覧くださいね!

⇒ エックスサーバーの契約からドメイン設定・ワードプレスのインストール手順まで

 

 

 

WordPress画像管理プラグインMedia File Managerのインストール

 

【プラグイン】⇒【新規追加】画面を表示します。

キーワードに【Media File Manager】と入力し検索します。

【今すぐインストール】ボタンをクリックしMedia File Managerプラグインをインストールします。

 

インストールが完了したら、忘れずに【有効化】ボタンをクリックします。

 

 

 

WordPress画像管理プラグインMedia File Managerの操作方法

 

事前に画像をアップしておきます。

【メディア】⇒【Media File Manager】をクリックします。

 

Windowsエクスプローラーのようなフォルダ管理画面が表示されます。

これを見るとすでに操作イメージがつきますね?

移動したい画像を選択して、保存したいフォルダへ移動するというシンプルな方法です。

 

試しに、新規にフォルダを作成し、その中に画像を保存します。

下記の通り【+】ボタンをクリックし、任意のフォルダ名を入力し作成ます。

 

フォルダ名を「test」にしました。

 

フォルダが作成されると両方にフォルダが表示されます。

 

左側のフォルダ場所を作成した【test】フォルダへ移動します。

右側のフォルダは移動したい画像が入っているフォルダへ移動します。

移動したい画像をクリックしチェックを付けます。(複数選択可能)

【左▲】ボタンをクリックすると、新規に保存した【testフォルダ】へ画像が移動されます。

 

下記の通り、【testフォルダ】に画像が移行されました。

 

新規記事作成画面を表示します。

【Media-selector】ボタンが新しく追加されていますので、クリックします。

 

画像選択画面(Media-selecotor)が表示されます。

呼び出したい画像フォルダを選択します。

今回作成した【testフォルダ】を開きます。

 

記事に反映させたい画像の詳細設定を登録することができます。

タイトルやaltタグの説明文、画像サイズなどを調整します。

【投稿に挿入】ボタンをクリックすると、記事に画像が反映されます。

以上が、Media File Managerの画像管理の仕方でした。

もちろん、記事に画像を挿入する方法として、デフォルト機能の【メディア】⇒【ライブラリ】にて画像を投稿することも間違いではありません。

使いやすい方を選択しましょう。

 

 

 

WordPress画像管理プラグインMedia File Managerの優れた機能

 

フォルダ移動後、既存記事の画像のパス名を自動修正してくれます!

通常、HTMLでページを作成した後、画像ファイルの保存先を変更するとHTMLのパスを変更しなければ、画像が表示されないトラブルになります。

folder-aに保存された画像を folder-bに変更すると
<img src=”folder-a/image.png”>

このようにパスを変更する必要があります。
<img src=”folder-b/image.png”>

このような、パスの変更を意識する必要がないのがこのツールの優れた点の一つです。

 

 

また、Media File Managerの画像管理ツールでは、画像のリネーム(名前の変更)機能があります。

私個人的には、このリネーム作業は適用しない方がいいのではないかと思います。

変更前の画像ファイルの各種サイズ違いのファイルがそのまま残ってしまい、後で消すのが面倒だった経験がありました・・・。

私の使い方が未熟だったらゴメンナサイ。

この点を除けば、画像を任意のフォルダに分けて管理しやすくなる、まさに意図した動きです。

 

 

最後にまとめ

 

上記でも説明ましたが、既に投稿済み記事の画像を後から任意のフォルダに移動した場合、記事の画像は表示されなくなるのではないかと心配になる人も多いと思います。

でもこのMedia File Managerプラグインは、記事内画像ファイルのパスも自動的に修正してくれるのでとても便利です。

直感的にフォルダ管理ができる便利なプラグインですので、ブログ運営に便利なツールではないでしょうか。

 

Aki☆
画像表示エラーの心配がないのは嬉しいですね☆

 

くれぐれも使用する画像は、著作権などに違反しないものを利用してくださいね。

著作権違法の画像を使用していると、グーグルからペナルティが来ることになりますので、注意しましょう。

アイキャッチ画像などは、記事へ誘導するための引き立て画像です。

安心してブログで画像を使用するためには、下記の記事で詳しく紹介いたしますのでご参考にされてみてくださいね。

 

★合わせて読みたい参考記事
⇒ 【無料】ワードプレスおすすめプラグイン12選!ブログ効率UPに期待できます。

⇒ そのブログで使用する画像やアイキャッチ画像は使っても大丈夫?商用フリー写真をご紹介します

⇒ 簡単!ワードプレスの見出しデザインをプラグインで装飾設定・使い方

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です