【簡単】ブログのアクセス数を10倍に増やす正しい方法!初心者必見!

スポンサーリンク

ブログのアクセス数を増やすためには、何を気を付けたらいいのか知りたくありませんか?

ポイントを抑えずに記事を書き続けても意味がありません。

最初から完璧を目指す必要はありません。

修正を重ねて検索上位へ表示させる方法を解説していきます。

 

 

【簡単】ブログのアクセス数を10倍に増やす正しい方法は?初心者必見!

はじめてブログを開設した方にとっては、何を注意して記事を書いていいのか分からないという悩みが多いです。

この部分をうやむやに進めてしまうと、結局記事をどれだけ書いても、誰からも検索されず、アクセス数が集まりにくい結果となってしまい、ブログ継続を断念してしまうことにつながりかねません。

2016年のGoogle検索回数は推計で「約2兆回」と言われています。

その矛先を自分のブログへ向けて検索してもらえるようにすることが必要です。

これから紹介するポイントに沿って、記事作成を継続させていきましょう。

 

 

最初から完璧を目指さず、まずは30記事程度書いてみる

初めてブログを開設したら、最初から完璧な記事を目指さず30記事程度書いてみることをおススメします。

何故かと言うと、最初から完璧な記事を目指そうとするとハードルが高くなり、途中で継続する意思が薄れてしまうからです。

意外と30記事も書けず、途中で断念する人は多いです。

まずはブログに文章を書くことに慣れること、そして文章を書き続ける習慣をつけることが、とても大切です。

習慣付くと、ブログ記事を書かない日があると、逆に不安になります。

ブログの良い点は、いつでも記事を修正できることなので、まずは、記事を書くことに抵抗をなくすことが超基本です

クマ吉

10記事書けたら30記事書けるよ!

30記事書けたら50記事も書けるよ!

簡単そうだけど、意外と続かない人が多いのです。

 

 

 

最初に書いた記事から順に見直しをする

30記事程度書いた後、もっと記事を増やすことも大切なのですが、一度最初に書いた記事から見直してみましょう(リライト)。

何故、見直す必要があるのかと言うと、検索結果の順位を上げることを目的としているからです。

勿論、記事を見直すことによって自分が成長した証を確認することもできます。

 

見直してみると分かりますが、

・意味不明な記事

・タダの日記・・・

・誰に向けてのメッセージなのか分からない内容

・明らかに情報不足

・記事内容がダブっている

・タイトルにキーワードが全く入っていない

 

などを発見することができます。

この発見はとても大切です。

たとえば、記事が情報不足だと発見できれば、横展開として記事を追加していきましょう。

また記事内容がダブっているのであれば、統合することも必要になります。

タイトルにキーワードが入っていないのであれば、話になりません。

関連記事があれば、記事と記事を内部リンクとして積極的に結び付けましょう。

記事を定期的に見直すことでコンテンツのクオリティが高まり、完成度が高い記事へと変化していきます。

そこで取り入れて欲しいのが、下記の手順を意識して、定期的に記事を修正していくと効果が出てきます。

 

★記事の見直し(リライト)の目的★

・リライトの目的は、検索結果の順位を上げることを目的としている

・記事が変だからリライトをする目的ではない

・リライトをする前に、現在の順位を確認すること

・検索順位は約3か月位で変動してくため、リライトの頻度は3か月程度でOK

 

 

 

 

検索ボリュームが多く、競合が少ないキーワードの選定

まずは、自分が選んだキーワードが、実際にどの程度の検索ボリュームがあるのかを調査していきましょう。

出来れば、ミドルレンジキーワードあるいは、ロングレンジキーワードをおススメします。

要は、年間を通じて流行りすたりのないキーワードです。

せっかく記事を書くのであれば、今だけの流行りのキーワードよりも、長く安定して検索されるキーワードを選ぶようにしましょう。

ミドルレンジやロングレンジキーワードについては下記の記事を参考にしてくださいね。

⇒ ブログのキーワードの決め方が分からない!seo対策鉄板の3つの方法とは!?

 

下記のツールを利用しましょう!

関連キーワード取得ツール

キーワードプランナー

 

関連キーワード取得ツールで、自分が選んだキーワードを調査します。

例) 「英語 アプリ」など

そうすると、「英語 アプリ」に関連する様々なキーワードの一覧が表示されます。

 

 

 

該当するキーワードを、キーワードプランナーでどのくらいの検索ボリュームがあるのかを調査していきます。

この時意識してほしいのが、検索ボリュームが多いジャンルを狙うのがベストなのですが、既に他のブログもたくさん記事を書いています。

試しにGoogleやYahooでキーワードを検索してみると分かりますが、膨大な数のライバルサイトがあることに気が付きます。

 

検索上位の記事よりも良い記事を書いていくぞ!という自信があれば、書いても良いですが、あまりにもライバルが多いのはあえて避け、比較的ライバルが少ないキーワードを選び直し、記事にすることも大切です。

何故なら、検索ボリュームが多いジャンルで検索上位を取れると、アクセス数が爆発し、収益が発生します。

よって、ライバルサイトの中には企業が大金をかけて作り込んでいるサイトが多数存在するため、個人サイトが割り込めるチャンスが極めて低いからです。

 

では、狙い目としては、「複数キーワード」がカギとなります。

「3語、4語のキーワード」を用いてタイトルを付け、記事にする方法です。

 

例)

英語 アプリ 無料

英語 アプリ 無料 子供

 

 

このように、複数のキーワードが入ったテーマであればライバルサイトも数も多少減ってきます。

また、複数の検索キーワードで調べる人は、既に知りたい目的もピンポイントです。

単に「英語」で検索する場合、検索ボリュームは膨大かもしれないけど、英語の何を知りたいのか漠然としています。

記事的には書きにくいですよね。

しかし、「英語 アプリ 無料 子供」の検索キーワードで検索ボリュームがあるのであれば、調べている人は何を目的としているのか一目瞭然です。

その求めている答えを記事に反映させてあげればよいわけです。

 

実際に、自分の子供が英語の無料アプリで効果があったものがあれば、体験談も含めて記事にすれば、大手サイトには真似できないオリジナルのコンテンツに変化させることができます。

 

よって最初は、3語、4語と少々ジャンルが小さいテーマでたくさん関連記事を書き、次第にアクセス数が増えてくると、2語、3語で検索されてくるようになります。

やがて多くのアクセス数が集まり出すと、キーワード1語でも検索されるようになります。

結論、検索ボリュームが大きいテーマを選びつつ、最初はニッチなテーマから関連記事を蓄え、アクセスアップへつなげましょう。

 

 

 

タイトルは極力32文字で作成する

キーワードを選んだら、タイトルの長さは32文字を目安に考えましょう。

適当に32文字と言っているわけではありません。

理由があります。

検索エンジンに表示されるタイトルの長さを数えてみると、29文字程度だからです。

長いタイトルを付けると、語尾が「・・・」になって最後切れていませんか?

大切なキーワードが「・・・」で隠れてしまわないように、できる限り左の方に設定しましょう。

また、タイトルが32文字のメリットは、ツイッターで拡散する時に、途中でタイトルが折り返されず、見易くなることも挙げられます。

 

 

タイトルや見出しに選択したキーワードが複数入っていること

極力左端に選んだキーワードを設定し、魅力的で「おっ」と思われるタイトルを付けていきましょう。

どんなテーマでもライバルサイトが存在します。

似たようなタイトルばかりだと、人は大抵検索上位の記事ばかりをクリックします。

1人勝ちを打開するためには、人を引き付けるタイトルの工夫が必要です。

人の心を動かすキャッチコピーにも技術があります。

下記のサイトがとても参考になりますので、タイトル作成の参考にされてみてくださいね。

★バズ部 ⇒ キャッチコピーの基本型30

 

 

 

 

コメントをもらえるようにしよう!

記事を継続させるモチベーションの1つに、時折、コメントをいただけると嬉しさがありませんか?

「自分の記事に共感してくれた」、「役に立ちました、ありがとうございます」などのメッセージをいただけると、次の記事作成に向けてモチベーションや工夫が沸いてきます。

このような口コミやファンの存在はとても大切で、ファンが増えれば触れる程、記事の拡散につながります。

SEOの観点からしてもメリットは高いと言えます。

ファンを大切に、そしてコメントをいただいたら自分自身も足跡を残すこともアクセスアップには欠かせません。

 

 

トレンド記事は練習にぴったり!

もし手っ取り早く、アクセス数を増やす体験をしてみたい!と思えば「トレンドブログ」を書いてみましょう。

今旬のキーワードは、世の中の多くの人が注目しているキーワードです。

 

誰よりも早く、そして詳しく記事を提供していくと、1記事で5000pvや1万pvを突破することもあります。

1日に3~5記事を継続し、100記事、200記事を作って行くと、次第にコツが掴めて、どんなジャンルが、アクセスが集まるのかなんとなくわかるようになってきます。

 

トレンドブログの良い点は、「自分が選んだキーワードが正解だったのか」、「不正解だったのか」、「タイトルや記事コンテンツが魅力のあるものだったのか」、をすぐに答えがわかります。

大手のニュースサイトなどをリライトした程度では、当然アクセスは集まりません。

ただ悲しいのは、トレンドの旬が過ぎてしまうと、パッタリとアクセスが無くなってしまうのも、トレンドブログの特徴です。

基本的は書き続けていくことでアクセス数が発生していく方法です。

 

ブログで稼がれている運営者さんは、トレンドブログを一度はされたことがある人は多いのではないでしょうか。

時代が変わっても、トレンドブログの考え方は無くなりませんので、試してみる価値は大いにあります。

 

ちなみに、私がトレンド記事を色々と書いた中で、「事件・事故」に関するテーマを書いた際、とても驚くほど、アクセス数が集まりました。

しかし、グーグルアドセンスの評価としては、私の書いた「事件・事故」の記事内容がイマイチだったのか、全ての記事のアクセス数が一度リセットされたような状態になったことがあります。

書くテーマは慎重に選びましょう。

小さな子供から大人まで、誰が見ても大丈夫なコンテンツや表現力が必要だからです。

 

 

 

人気ブログランキングへの登録も効果あり

検索エンジンからの流入がまだ増えていない場合は、Googleからとても評価が高い「人気ブログランキング」サイトに登録することをおすすめします。

特にブログを立ち上げたばかりの際は、陸の孤島状態だからです。

ブログランキングは、様々なジャンルのカテゴリが用意されており、自分が登録されているブログは現在何位にランクインしているのかが一目でわかります。

常にあなたのブログがランキング上位に位置していれば、トップページに表示されるため、常に多くの人の目に触れることになり、アクセスアップにつながります。

ブログランキングの登録に関しては、サイト審査も無くバナーやURL、タイトルなどの設定をするだけでランキングの一覧に表示させることができ、被リンク効果を得られます。

まだ、ブログランキングに登録されていない方は、参加はとても簡単なので、登録しておきましょう。

 

 

 

人気ブログランキングへの参加方法について

 

まずは、人気ブログランキングへアクセスします。

 

メニューの【新規登録】をクリックします。

 

 

人気ブログランキングの新規登録画面が表示されますので、内容を登録します。

登録先カテゴリの選択画面が表示されますので、自身のブログのジャンルに合わせて登録し進めてください。

 

登録が完了すると、メールアドレスにログインURLが届きますので、まずは【マイページ】にログインしましょう。

※ログイン情報は大切に保管しておきましょう。

 

 

人気ブログランキングのバナーを貼ろう!

 

人気ブログランキングの【マイページ】にログインしましたか?

メニューの【リンクバナーURL】をクリックします。

テキストメニューやバナーなどの様々なタイプのリンクバナーが用意されています。

自身のサイトデザインに合わせて、コードをコピペして記事に貼り付けましょう。

 

 

 

 

Pointルーレットも忘れずに!

 

バナーを貼りましたか?

INポイントを稼ぐ方法の1つとして、マイページの左下にある【ルーレット】を回してみましょう!

10ポイント、20ポイント、30ポイントのどのポイントが出ましたか?

出たポイントは、次の日のINポイントに加算されます。

使えるものは何でも使っていきましょう。

 

 

 

人気ブログランキングの仕組みとは

 

ランキングの一覧見ているとINとかOUTとか・・・一体なんでしょう。

それぞれには意味がありますので解説します。

★ INポイント

⇒ 自分のサイトに貼り付けた人気ブログランキングのバナーがクリックされた時にもらえるポイント

★ OUTポイント

⇒人気ブログランキングから自分のブログへリンクされた時にもらえるポイント

 

つまり、OUTの数が大きいほど、人気ブログランキングからたくさんアクセスがあることがわかるわけですね。

OUTの数が多いブログのタイトルやコンセプトを参考にするものポイントです。

なお、INポイントの数が多いほど、ランキングの一覧において上位に位置します。

そこで、「自分で何回もバナーをクリックしたりすれば件数が増えるのでは?」と思うかもしれませんが、同じパソコン(IPアドレス)では1日に1回までしかカウントされません。

ですので、家や会社で使用している複数のPCやスマホで何度もクリックしても、同じIPの可能性が極めて高いので、どれだけ複数の機器でクリックしても1日1回のカウントなのです。

ファンを1人でも多く増やすことが大切ですね。

有益な記事を定期的に公開し、お礼に「ポチッ」と押して押していただけるようになることが重要です。

 

 

 

最後にまとめ

最初から完璧な記事作成は難しいです。

ブログは何度も記事を追記・編集することができます。

要所要所で見直し、記事の質を高めていきましょう。

見直す作業は、自分自身の成長にもつながります。

自分自身がプロデューサになったと思い、アクセス数を10倍にtも20倍にもアップさせていきましょう!

 

 

気が付いたら英語をマスター?
英語は毎日の生活で使うと無理なく習得できます!
英語の学習方法のアドバイスを貰うだけでも価値アリ!
「挫折続き」の英語学習に終止符を打ち、多忙でも継続できた秘訣を聞きたくありませんか?

ブログ運営・稼ぐ ブログ運営
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シゲキタイムズ

コメント

  1. Taym より:

    こんばんは。
    ランキングを駆使してアクセスアップに励みます。
    参考になりました。

    • kuma より:

      Taymさん コメントありがとうございます。
      ランキングシステム、活用していきましょう♪

  2. ゆきぴ より:

    こんばんは。
    ブログランキングからきました。
    アクセスアップの方法とても勉強になりました。
    参考にさせていただきます。
    ポチっと応援して帰ります。

    • kuma より:

      ゆきぴさん、いつもありがとうございます。
      参考にしていただけてとても嬉しいです。

  3. Manohiro より:

    Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    ブログランキングへ登録しています。

    勉強になりました。

    今後も訪問させていただきます。

    よろしくお願い致します。

    • kuma より:

      Manohiroさん、いつもコメントを残していただき、ありがとうございます。
      こちらこそ、励みになります。

  4. takafumi より:

    こんにちは。
    私のブログはまだ10記事ぐらいなので、
    30記事になったらランキングに登録してみようと思いました。
    また訪問させていただきます。

    • kuma より:

      クマ吉です。
      takafumiさん、コメントありがとうございます。
      是非、ランキングサイトでお会いしたいですね。
      一緒に頑張っていきましょう。

      では。

  5. Miki より:

    とても分かりやすい解説有難うございます。
    始めたばかりなので参考にしていきたいです。
    ポチ!

  6. イース より:

    こんばんは
    ランキングから来ました。
    大変勉強になりました。
    お礼を込めて、モチベーションアップになるようにコメントを記載させていただきます。

    • クマ吉 より:

      イースさん、こんにちは。
      記事がお役にたててとても嬉しいです。
      頑張って続けて行きましょう❗

  7. FuGu21 より:

    こんにちは。
    アクセス数アップを見込めるタイトルの付け方、ブログランキングへの登録の仕方など、とても勉強になりました。
    ありがとうございます。

    • kuma より:

      タイトルのことばかり考えていると、何故か、俳句みたいに思える時があります。

タイトルとURLをコピーしました