矢沢永吉の怒りの二転三転コメントがヤバい!理由は何?苦情メールとは?

投稿者: | 2019年10月14日

 

矢沢栄吉さんが、台風19号の影響でライブを中止されました。

その中止に伴って、後日メールで届いたファンからのメールで届いた苦情について怒りの返信をコメントされています。

一度は削除されたコメントでしたが、再度コメントは復活するなど、二転三転が続く対応。

矢沢栄吉さんがこれほどまでに怒をあらわにするのは、一体に何がどうなっているのでしょうか?

経緯などを確認してみたいと思います。

 

 

台風19号により矢沢永吉さんのライブは中止へ

 

 

2019年10月に発生した台風19号は、日本列島に多大な災害として影響が出ています。

矢沢永吉さんのライブもそうですが、ラクビーや様々なイベントが中止を余儀なくされました。

 

矢沢永吉さんは、2019年10月12日に東京の日比谷野外大音楽堂で43年ぶりとなる野外公園を開催予定でしたが、台風19号の影響で中止を決定されます。

そして、ファンに向けて、リハーサル風景等を、インターネットで配信しようと急遽決める流れとなり、配信は1週間後の10月19日の夜に延期することも公式サイトで発表されました。

しかしながら、ファンからのメールで届いた苦情について怒りの返信を矢沢永吉さんはコメントされています。

 

【ファンと思われる人からのメール】

「なぜ台風直撃の時に?」
「ライフライン使ってモラルないですねぇ」
「トップが常識ないのなら
そりゃあファンもモラル無いですよねぇ」

 

【矢沢永吉さんからのコメント】

「なにも知りもしないで、
よくここまでいいたい放題で
書けたもんですね!」
「何もできないくせに、
人の揚げ足ばかり取ってて楽しいですか?」

「どの立場の人も、
その人その人で頑張ってんだよ!」
「メールごときで言いたいこと
言ってんじゃねーよ、たくっ」

顔がわからないネットの特徴を利用して、好き放題書いているように思われます。

ライブ中止やその後の対応など、苦渋の決断が矢沢永吉さんのサイドではあったと推察されますね。

 

 

怒りのコメントが1度削除され、再度掲載の二転三転

 

 

先述の矢沢永吉さんの怒りのコメントが掲載されていますが、実は掲載が二転三転あったようです。

下記の時系列の通り、掲載され、一度は消されていますが、再度掲載されています。

 

2019年10月12日午後・・・矢沢永吉さんは、メールに対して怒りのコメントを投稿。

2019年10月13日正午・・・コメント削除。

2019年10月13日16時前後・・矢沢永吉さんの怒りのコメントが再掲載

 

おそらく、矢沢永吉さんの事務所サイドの動きもあったのでしょう。

二転三転があったとして、最終的には掲載を決めたということは、矢沢栄吉さんの発言は、事務所の意見としても正しいと判断してのことと推察できますね。

ファンであれば、今回の中止の理由は黙って理解してくれると思いますが・・・。

 

 

匿名でSNSを使って揚げ足取りを取る発言が多い

 

SNSなどのコミュニケーションツールは、楽しく利用する分に関してはとても便利なツールだと思います。

しかし、匿名で発言を出来るということは、何でも好き勝手にコメントを投稿する人も少なくありません。

生活していると、不平不満は誰もが感じているだけに、怒りの矛先がどうしても匿名で発言できるSNSに向いてしまうのも事実。

矢沢永吉さんがコメントされているように、揚げ足を取るような行為や、挑発を仕掛けてくるような内容が多いように感じられます。

好きなアーティストのことをめちゃめちゃに言っている人の発言内容を見ると、なんだか悲しくなる時がありますね。

 

矢沢永吉さんの

「メールごときで言いたいこと言ってんじゃねーよ、たくっ」

の一蹴する言葉には、彼の顔が浮かんできますね。

 

いずれにしても、メールやSNS、ブログもそうですが発言や投稿内容には責任を持たないといけないのも事実です。

感情や怒り任せに投稿すると、いつか自分に返ってくる恐ろしい結末になると思いますので。

このブログを運営する自分自身も、今一度投稿には責任を持って対応していきたいと思います。

 

 

最後にまとめ

 

 

2018年9月に台風が直撃したX JAPANの幕張メッセ3daysですが、この時最終日が台風で中止となっています。

無観客ライブとしてWOWOWで放送されています。

X JAPANファンからはライブ中止に関して特に苦情のメッセージなどはなかったと記憶しています。

私自身も文句なしです。

 

今回の、矢沢永吉さんへの苦情ととれるメールの方は、本物のファンではないのでしょう。

ファンなら矢沢永吉さんやスタッフがファンのために下す行動に一切の文句はないですから。

また、ライブ映像の配信の延期などについても、ギリギリまで悩んでの決断もあったのだと思います。

被災して苦戦している方々もいる中で、配信することは適切な行動なのかどうか、矢沢永吉さんの優しさなどが表れた決断だったのではないかと思いました。

 

 

 

 

矢沢永吉の怒りの二転三転コメントがヤバい!理由は何?苦情メールとは?」への1件のフィードバック

  1. 英雄故事

    こんばんわ
    ランキングから来ました
    匿名だからやりたい放題ですね・・・
    一々対応するのは本当にお疲れさまという感じです

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です