ドクターX2019が続編!米倉涼子の髪型やファッションも見どころ!

投稿者: | 2019年9月9日

ドクターX2019が続編!米倉涼子の髪型やファッションも見どころ!

 

米倉涼子主演の「ドクターX」が2年ぶりの2019年10月から続編が放送決定!

令和も「私、失敗しないので!」の決めセリフ炸裂する予感です。

シリーズは遂に第6に突入します!

全シリーズ平均視聴率が19%を超える大ヒットドラマなので、今回の最新シリーズも目が離せませんね!

今回はドラマ【ドクターX・2019】のあらすじや詳細情報について調べたことを紹介します!

 

 

2019年ドクターXはいつから放送?

 

放送開始日:2019年10月スタート!

放送時間:毎週 木曜日21時~

放送局:テレビ朝日系

 

大人気ドラマ・ドクターXの概要は?

 

今回初めて見る方対して、まずは「ドクターX」のドラマとは何かを簡単に紹介します。

 

『Doctor-X 外科医・大門未知子』シリーズとは?

⇒ テレビ朝日系の大人気医療ドラマ。

⇒ これまでの全シリーズの平均視聴率が19%を越える大人気ドラマ

 

主演は、女優の「米倉涼子」が演じるフリーランスで、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進む天才外科医のストリーです。

大門未知子の「わたし、失敗しないので!」とかっこよく決め台詞を言い、誰もできない難しい手術を次々に成功する、痛快作品となっています。

 

さて、2017年の第5シリーズが終わり、今回は待望の6シリーズが開幕となります。

 

『ドクターX』過去の作品は以下の通りとなります。

○2012年『ドクターX』第1期

○2013年『ドクターX』第2期

○2014年『ドクターX』第3期

○2016年7月3日『ドクターX』スペシャル

○2016年『ドクターX』 第4期

○2017年『ドクターX』第5期

○2018年9月「〜復刻版〜」が放送

最初の第1期のみ平均視聴率 19.1%だったようですが、それ以降は各シリーズは平均視聴率20%を超えていますので、大ヒット、大人気ドラマです。

月9で力を入れた作品でも思うように視聴率が伸びないパターンも結構あり、ネットでもよく叩かれていますよね・・・。

そう比べると、米倉涼子が出演するドクターXシリーズは民放ドラマでは類を見ない安定した高視聴率をたたき出す人気ドラマですね。

「視聴率も、絶対に失敗しないので!」って感じでしょうかね。

 

 

2019年のドクターXの気になる概要や続編は?

 

前回の第5シリーズの最終回では、後腹膜肉腫を患い、余命3カ月と診断され、遂に終了のか・・と誰しも思いました。

しかし手術が成功し、奇跡の生還、海外の病院で働く姿まで描かれて、2017年版は幕を閉じています。

まぁ、少々謎が残り、でも元気にハッピーエンドなのか・・と個人的には思っていましたし、続編はないだろうなぁと思っていました。

 

ところが!

2019年4月30日放送「羽鳥慎一モーニングショー夜の拡大版今夜決定!あなたが選ぶ平成ニッポンのヒーロー総選挙」で、米倉涼子さんが出演されており、以下のように気になるコメントをされていました。

「まぁーでも私も、そろそろ見たいかな。…やっぱり『白衣とか欲しいな』と思うときあります」と。

今考えると、続編のプチ告知ですよね。

 

令和初2019年のドクターXの概要は下記の通りです。

大門未知子が日本へ帰国!再始動!

第4、5シリーズで未知子が派遣されていた国内最高峰の「東帝大学病院」。最新シリーズでもこの「東帝大学病院」を舞台に物語が展開していきます。
2019年、令和の時代を迎え、大混乱に陥っていた医療界――権威世代と次世代のバランス、コンピューターやAIとの共存など多くの問題が時代の波となって押し寄せる中、「東帝大学病院」はかつてないほどの大赤字に見舞われていました。
そんな倒産寸前の“白い巨塔”にやってきたのは、「ハゲタカ」の異名を持つ投資家のニコラス・丹下。世界でも指折りの企業再生のプロである丹下が打ち出す再生プランとともに、「東帝大学病院」は経営再建の道を歩み始めることになります。
しかしそれは一方で“医療の合理化”を迫られるということでもあり、病院はリストラやコストカットという現実にも直面。命のやりとりをする医療現場は、ビジネス最優先となり、ますます政治と権力争いの場へと変貌を遂げていくのです。
そんな中、丹下に呼ばれて「東帝大学病院」にやってきた大門未知子。新たな権力争いが激化する“白い巨塔”で、またも孤高の戦いに挑むことになります。

引用:テレビ朝日(https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/#/?category=drama)

東帝大学病院はそのままに舞台は展開しますので、個人的にはホッと安心しました。

西田 敏行さんが演じる(蛭間 重勝)が院長役として続行となり、またいつもの重要なメンバーもそのまま継続とのことなので、楽しみです。

 

 

2019ドクターXの主な配役

 

個人的に気になる配役をピックアップしてみました。

名前 プロフィールなど
米倉 涼子

役:大門 未知子

(だいもん・みちこ)

 

 

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの天才外科医。

■決めセリフ

「私、失敗しないので!」

「医師免許がなくても出来る仕事は一切致しません!」

「論文の下調べ、致しません!」

「学会のお供、致しません!」

などが有名です。

2001年に明英医科大学医学部医学科を卒業。卒業後は東帝大学医学部外科医局に入局したが、まもなく退局し、2002年にキューバ・クバナカン医科大学医学部へ編入。卒業後は、クバナカン医科大学病院に勤務。僻地医療・軍医・船医を経験した後に日本へ帰国する。現在は神原名医紹介所に籍を置き、フリーランス外科医として活動している。
引用:wikiwand

岸部 一徳

役:神原 晶

(かんばら・あきら)

 

 

「神原名医紹介所」の所長で、元外科医。過去に医師免許をはく奪されており、謎の存在。

また、未知子が唯一「師匠」と慕う存在。

大門美智子によるオペが成功すると、蛭間院長へ手術代の高額な請求書と共にメロンを持参するシーンが定番であり人気の場面。

最後は廊下をスキップ?らしいノリで駆けていく姿が印象的。今回も健在なのか?

内田 有紀

役:城之内 博美

(じょうのうち・ひろみ)

大門美智子と同じく、「神原名医紹介所」に所属。元は城之内自身も帝都医科大学附属病院第三分院に所属していた。

現在は、フリーランスの麻酔科医でシングルマザー。

主人公大門未知子の相棒的存在であり、大門美智子が指名するほど頼りにする数少ない優秀な医師の一人。

西田 敏行

役:蛭間 重勝

(ひるま・しげかつ)

 

「東帝大学病院・知床分院」の院長。

表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血な性格の持ち主で、医療界のトップに君臨するのが彼の夢。

第4シリーズのラストで、優秀な医師たちを中国の病院に大量に引き抜かれた責任を問われ、「東帝大学病院」病院長の座から転落。

第5シリーズで再び「東帝大学病院」院長に返り咲くも、収賄疑惑をかけられ、東京地検特捜部に逮捕されてしまう。

遠藤 憲一

役:海老名敬

(えびな・たかし)

東帝大学病院の外科副部長。

立場的にはかなりの権力を持つが、あまり強く言えない立場で、憎めない存在。

出世欲が原動力のすべてのようだが、実は「一人でも多くの患者を救いたい」という青年のような志も忘れていない。

■決めセリフ

「御意(ぎょい)」

院長の無理難題には「御意」の一言。

勝村 政信

役:加地 秀樹

(かじ・ひでき)

 

「東帝大学病院」の外科医・准教授。

「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い。肩書や権力よりも金を選んだため、同期よりも出世は遅い。大門未知子の手術に協力したせいで「帝都医科大学付属病院 高松第24分院」に左遷されるなど、数々の迷惑を被ってきたため、未知子を「デーモン」と呼んで疫病神扱いする。

 

 

 

2019ドクターXの主題歌

 

過去の主題歌はSuperflyが全て担当していますので、同じく主題歌はSuperflyになるのでしょうか?

主題歌はまだ未発表ですが、わかり次第追記したいと思います。

 

『ドクターX』の歴代主題歌

第1期:Superfly「Force」

(作詞 – 越智志帆、作曲 – 多保孝一、編曲 – 蔦谷好位置)

 

 

第2期:Superfly「Bi-Li-Li Emotion」

(作詞 – 越智志帆 / 作曲 – 多保孝一 / 編曲 – 蔦谷好位置)

 

第3期Superfly「愛をからだに吹き込んで」

(作詞 – いしわたり淳治 / 作曲 – Tomoya.S、越智志帆 / 編曲 – 蔦谷好位置)

 

 

第4期:Superfly「99」

(作詞 – jam / 作曲 – Tomoya.S / 編曲 – 蔦谷好位置)


第5期:

Superfly「Force -Orchestra Ver.-」(作詞 – 越智志帆、作曲 – 多保孝一)

Superfly「ユニゾン」(作曲 – いしわたり淳治作曲 – Tomoya.S)


下記は、5作連続で主題歌が決まった時のSuperflyさんと米倉涼子さんのコメントです。

Superfly コメント

5作連続で主題歌を担当させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
1作目から、大門未知子が変化・進化していくように、Superflyの楽曲も変化・進化していけるよう、毎回気持ちをこめて参加させていただいています。
今回は意外で驚きのある作品に仕上げられたと思うので、どんな風に流れるのか、とても楽しみです!

本当にありがとうございます!

米倉涼子 コメント
Superflyさんとはずっと一緒にやってきましたし、どこへ行くにも一緒だという感覚が、私の中には常にあります。ですから、今回も主題歌を引き受けてくださって、本当にうれしかったです。
“Superflyさん=ロック”というイメージが強かったこともあり、今回の楽曲は意外でした。これまでの主題歌は前進する姿勢を全面に押し出したものでしたが、今回の2曲はアレンジなども含め、いろんな捉え方ができる楽曲になっています。「患者さんと一緒に戦っていこう」という未知子の再決意はもちろん、彼女がたどってきた道のり、これまで助け合ってきた仲間たちへの思いなども感じられて、胸が熱くなりました。そんなダブル主題歌と今回の『ドクターX』がどんな“ユニゾン”を奏でていくのか…。私自身もすごく楽しみです!

引用:テレビ朝日 https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x_05/music/

 

 

米倉涼子の髪形やファッションも見どころ満載!

 

ドクターXのドラマのもう1つの楽しみとしては、米倉涼子の「ファッション」ではないでしょうか。

美脚すぎるほどの美脚で、どんな洋服もかっこよく着こなしますよね。

40代で完璧にミニを履きこなす人っていない。

今回のファッションも楽しみですね!

 

 

河北麻友子は英語の発音が上手!ペラペラで3年ぶりの連ドラ決定か!

 

 

ドクターX2019が続編!米倉涼子の髪型やファッションも見どころ!」への1件のフィードバック

  1. 英雄故事

    おはようございます
    ランキングから来ました
    久々の再開ということで楽しみですね~

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です