吉野彰が2019ノーベル化学賞!妻に決まったぞ!旭化成名誉フェロー&名城大学教授とは?

投稿者: | 2019年10月9日

 

2019年10月9日、旭化成の名誉フェロー、名城大学の教授の「吉野彰」さんが、ノーベ化学賞を受賞されました。

ノーベル賞に最も近い男と言われていました。

吉野彰さんが小型で大容量のリチウムイオン電池の原型となる新しい電池の開発に成功したことにより、私たちの生活がとても便利になりました。

吉野さんの功績を振り返ってみましょう。

 

 

吉野彰さんはどのような方?

 

 

吉野彰(よしの あきら)

生年月日:1948年1月30日
出身:大阪府吹田市

1970年 京都大学工学部 石油化学化卒業
1972年 京都大学工学研究科修士課程修了
2005年 大阪大学の大学院 工学研究科の博士取得
1972年4月 旭化成に入社
2003年10月 旭化成グループフェロー
2005年 旭化成の吉野研究室室長

2004年には紫綬褒章も受賞されており、多数の肩書があります。

それに加えて、ノーベル化学賞。

多大なる功績を収めた科学者です。

 

 

 

吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞しました

 

 

ノーベル賞に最も近い男と言われていた、旭化成の名誉フェロー、名城大学の教授の「吉野彰」さんが、ノーベル化学賞を受賞されました。

発表されたのは、2019年10月9日。

今や私たちの生活に欠かせない携帯電話などのリチウムイオン電池に密接に関わっています。

吉野さんがいなかったら携帯電話やスマートフォンなどの小型デバイスの普及は遅れていたかもしれませんね。

 

1981年にリチウムイオン二次電池の研究に着手。

1985年に試作品が完成。

しかしながら、当時はリチウムイオン電池の用途はデジカメぐらいにしか無く、日の目を浴びることはなかったそうです。

しばらくは苦戦を強いられた吉野さんですが、大きな転機を迎えたのは1995年の「ウィンドウズ95」。

ウィンドウズ95はパソコンが一般家庭に普及し始めたきっかけとなり、その後、パソコンはどんどん小型化していくことになります。

「小型の電子機器を持ち歩く世の中がやってくる」と吉野さんの先見の目は正しく、大ブレイクすることになりました。

機器の小型化はますます進化しており、パソコンから携帯電話、スマートフォンへとデバイスはどんどん進化しています。

また、パソコンや携帯電話だけではなく、人工衛星や電気自動車など、私たちの生活には切っても切れない存在となりました。

吉野さん、本当におめでとうございます。そして、ありがとうございます。と言いたいですね。

 

 

 

吉野彰さんは、幼少期に「ロウソクの科学」に影響を受けた

 

吉野彰さんが科学の道に進むきっかけとなったのが、小学生の時に先生にすすめられた「ロウソクの科学」という本。

ロウソクの科学は、イギリスの化学者であるファラデーの講演録本。

吉野彰が科学に興味を持ったきっかけとなりました。

 

ロウソクの科学の本を調べてみたら、下記のような内容でした。

「燃えたロウソクは、どこへ消えたの?」

「水と氷って、どっちが重いの?」

「さかさまにしたコップの水が落ちないのは、どうして?」

1本のロウソクを使ったたのしい実験で、身のまわりのふしぎを学ぶ内容となっているようですね。

理科がわかる、科学を好きになる本のようです。

 

とはいえ、吉野さんは人一倍、好奇心が強かったことも、報道ステーションの会話でコメントされていました。

 

 

最後にまとめ

 

日本にとても明るいニュースでしたね。

受賞されたときの吉野彰さんの笑顔が素敵でした。

 

リチウム電池の開発はこれからもまだまだ発展中とのこと。

IT機器から電気自動車へそして、世界の環境問題への解決へ向けての挑戦が待っているようです。

吉野さんのコメントを聞いていると、諦めない姿勢が成功の秘訣と感じました。

 

また、吉野彰さんの奥さんもとても嬉しそうでしたね。

 


 

 

最後に、吉野さんの言葉にある、「壁にぶちあたったとき、『なんとかなるわね』という柔らかさが必要だと思います」というコメントはこれから、教訓としていきたいと思いました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です