【クワガタ】折り紙で簡単な折り方!How to make a stag beetle.

スポンサーリンク

さて、今回折り紙でチャレンジしてみたのは、「折り紙でクワガタ」を作ってみました。

カブトムシが好きだ!という人も多いかもしれませんが、クワガタも人気があるんですよ!

ハサミのとんがっている部分が難しそう・・・と思うかもしれませんが簡単です。

手順の通りに折っていけば、すぐに完成しますので安心しましょう。

これも、小さなお子様でも簡単に折れるので是非トライしてみよう!

茶系の折り紙でレッツトライです!

 

 

【クワガタ】を折り紙で簡単に折る方法

 

①茶系の折り紙を用意したら、下記の通り4等分に折り目を付けます。

 

②下記のように、中心に合うように左右折りたたみます。

 

③4分の1の間隔で一度折りたたみ、折り目を入れておきます。

 

④下記の赤線に沿うように折り目を入れます。

ここが一番難しい部分です。

カッターシャツの襟の部分をイメージすると分かり易いかもです。

 

⑤両方とも折り目を入れると下記のようなイメージになります。

この部分はクワガタの角になる部分です。

 

 

⑥上記の折り目に沿って、たたむと下記のような形となります。

赤枠で囲んである部分ですが、三角形になっている部分をしたから指でまくると⑦のような形に変形できます。

たたみ方を変えて、90度向きを変えるイメージです。

 

⑦そうすると、このように形を変形することができます。

左右とも行います。

ここまでくれば、あともう少しです。

 

⑧折り紙を裏返しにします。

下記のように、適当な長さで折り返します。

 

 

⑨もう一度ひっくり返して、左右を図のように折ります。

 

 

⑩最後に、端っこを三角形に折り曲げて完成です!

 

⑪はい、出来上がり!

あとは、少し羽を広げたり形を微調整してかっこよくしよう!

 

⑫こんな感じですかね。

 

 

 

 

クワガタを作った後のエピソード

今回の記事作成よりも随分と前に、同じくクワガタを折り紙で作ったことがあります。

意外と簡単だったので、童心に帰って夢中に折った記憶があります。

折り紙の色が変わるだけで印象も変わりますよね。

その時、何を思ったのか、両面とも真っ黒の小さい用紙で作ったことがありまして、夜寝ていてふと起きた際に、目の前に「ゴ・ゴキ○ブリ!」が!!!

と思わずドキッと見間違えたことがありました。

「なんだ、自分で作ったクワガタじゃん・・」とホッとしましたが。

私、苦手なんですよねGさんは。

色選びと置く場所にはくれぐれも気を付けよう!

 

角の部分の折り方などがイマイチわからなかった・・という場合は、下記の動画も参考にしてみてくださいね!

⇒ クワガタの作り方を動画で見る!

 

 

最後にまとめ

以上が、折り紙でクワガタさんを作る方法でした。

もっと立体的なクワガタを折る方法もあるのですが、今回はあくまでも誰でも簡単にストレスなく折れる方法をご紹介してみました。

上記でも書きましたが、個人的には、色選びと置く場所には少し気を付けた方が良いと思います。

急に戸棚などを開けた時に、視界にさりげなく入ると、ドキッとする人も多いかもしれないからです。

また、チョロQにくっつけて、さりげなく近づけられたこともありますが、これもかなり驚きます。

私は、虫嫌いなので。(特にGが!)

小さな子はいたずらしないようにしよう!

★合わせて読みたい参考記事

⇒ 【扇子】折り紙で簡単な折り方!How to make a Folding fan.
⇒ 【アオムシ】折り紙で簡単な折り方!How to make a Green caterpillar.
⇒ 【クワガタ】折り紙で簡単な折り方!How to make a stag beetle.

 

日常会話の英語フレーズ一覧【ビジネスでも使える厳選まとめ集】ではカテゴリ別に使えるフレーズをピックアップしています。

まとめて読みたい方は是非ご覧ください。

 

私はこれで英語をマスターしました!
コンサル&無料体験レッスン実施中

専属コンサルタントが、現在のレベル、課題と目標を明確にして短期間で最適な学習方法をアドバイスします。

こんな方へ
・どうやって勉強したらいいかわからない
・なんとなく英会話スクールに迷われている方
・英会話教室に通ったけど、話せるようにならなかった
・自分の英語の弱点を知りたい方
・一度オンライン英会話をやったけれども飽きてしまった方
・海外の方との会議や海外出張で英語が話せず困っている
・今すぐビジネス英会話を覚えたい方
・途中でやめてしまった経験がある




受講開始して、途中で「思っていたのと違う」「自分には無理そう」等感じたら、 開始から30日以内であれば受講費を全額返金するシステムがあるので安心です。

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シゲキタイムズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました