シミシワの原因は紫外線に原因が!正しい紫外線対策を身につけよう!

投稿者: | 2018年5月1日

シミやシワの原因として紫外線があげられます。じわじわと増えてくるシミ。

正しい紫外線対策のポイントを記事にしました。

 

オゾンホールや大気汚染など、環境問題でも注目を集める「紫外線」。

暖かくなる春から暑い夏は、最も紫外線が増える季節ですね。

そう、日焼けの季節が到来です。

紫外線はシミやシワの原因になりますので、UVケアアイテムなどで、しっかり対策をして過ごしたいですね。

活発的に行動したくなるこの季節、太陽と上手に向き合って、肌トラブルを防ぎましょう。

今回は、シミ、シワの原因や対策についてピックアップしましたので、お役に立てると幸いです。

 


 

どうしてシミができるの?その原因は?

紫外線による原因

シミの原因は、ずばり、紫外線などの影響を受け、肌の内部でメラニンが大量に作られることです。

特に年齢を重ねていくと、新陳代謝は大きく下がり、10代の頃の1.5~2倍も肌の生まれ変わりに時間がかかってしまうそうです。

すると、排出しきれなかったメラニンが蓄積され、シミとして残ってしまうのです。

これが、シミになる原因です。

一方で、肌の新陳代謝が活発な若い世代の方であれば、一定の期間がたてば肌が生まれ変わり、余分なメラニンも垢としてはがれ落ちますのでシミになりにくいというわけです。

 

そして、嫌なことに、一度シミができてしまった部位は、新陳代謝が落ちてしまうようで、そこからシミが徐々に広がり濃くなっていくとされています。

「お金のある所にお金が集まる」ではないですが、「シミがシミを呼ぶ」という負の連鎖なのですね。

 

ストレスがシミをつくる原因も!?

ストレスを感じると体は緊張状態になって血流が悪くなり、細胞機能が低下します。

体にも心にも不調をきたしてしまいます。うつや円形脱毛、生活習慣病など引き起こす病気は様々ですね。

シミもその一つです。ストレスを感じ続けることでメラニン色素が生成され、新陳代謝で排出されないまま表皮にとどまり、それがシミとなってしまうのです。

 


 

メラニンは必要なの?

加齢になると、メラニンが排出しきれなくてシミの原因となるようですが、メラニンは必要なのか・・・と思いますよね。

肌でメラニンがつくられるのは、有害な紫外線を遮って遺伝子を守り、活性酵素の発生を抑えるためなので、人間はメラニンがないと生きていくことができないのも事実のようです。

 


 

紫外線はどうして肌に悪いの?

紫外線は可視光線よりエネルギーが強いため、細胞の遺伝子に直接、または活性酵素を生じて間接的にダメージを与えます。

このダメージが蓄積されて、シミやシワ、たるみが起こるのです。

日焼けで皮が剥けた経験ありませんか?

これは、紫外線のダメージが大きく、細胞ごと掃除しようとサイトカインや活性酵素が大量に出て炎症が起きた状態なのです。

この時、周囲の表皮細胞に損傷を受けてしまうことがあり、老化を促進する原因になってしまいます。

夏の日焼けは怖いですね・・・。

 

 


 

太陽と上手に付き合い、紫外線対策をしよう!

紫外線は、一年中降り注いでいます。

晴れの日を100%とすると、曇りは約65%雨は約20%とされています。

 

生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品(日焼け止めクリーム)などを使用しましょう。

・通勤、通学、散歩や買い物などの日常生活

・屋外でのスポーツや、レジャーなどのシーン

・炎天下でのレジャー、マリンスポーツなどのシーン

その時々のシーンに合わせて、まめにしっかり対策することが一番の対策です。

 

曇りや雨の日なら、安全と思っている方も少ないようですが、

紫外線は、一年中降り注いでいます。

 

また、日傘をさしていれば防げるのでは?

と思いますが、安全ではありません。

紫外線も光のように反射して顔や体を狙ってきます。

海やスキー場は反射率が高いので、日焼け止めクリームは欠かせませんね。

季節や天候に関係なく、紫外線対策を行いましょう。

 

ちなみに、日焼け止めクリームは、2~3時間おきにつけ直すとより効果が発揮できます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

まとめ

紫外線は、一年中降り注いでいます。

シミ、シワ対策は今からすぐに始めましょう。

 

まだシミがないから、大丈夫!と安心していると、とても危険です。

まったく紫外線対策をしないで過ごすと、20代でシミができます。

30代からはシワやたるみが現れ始めます。

たとえ、今は気にならないとしても、幼少期から蓄積した紫外線のダメージは将来表面に出てきます。

 

UVケア、美白ケア、紫外線対策は洗顔後のスキンケアの一環として意識するのがポイントではないでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です