これが、肌荒れを防ぐスーパーフードおすすめ4選!美容にも効果あり!

スポンサーリンク

肌荒れやシミ、くすみを防ぐ美容に効果・期待がある、おすすめのスーパーフードを知りたいですか?

本記事では、簡単に毎日の食事で摂りいれることで、美容効果が高いとされるスーパーフードを4種ご紹介しています。

肌荒れやシミ、くすみにお悩みの方はぜひ、記事をご覧ください。

 

Aki☆

シミやシワって気が付くと増えてますよね・・・。

いつまでも若々しく過ごしたいです!

 

Remote Work Diet に何も見つかりません
シゲキタイムズ - 英語学習、ブログ運営、ライフスタイルに関する情報を発信している雑記ブログ

 

これが、肌荒れやシミを防ぐスーパーフードおすすめ4選!美容にも効果あり!

 

肌のくすみや、肌荒れは、冷えや運動不足で代謝が低下したり、血流が悪く老廃物が溜まることで起こり、ストレスなど、イライラして自律神経が乱れることも要因として考えられます。

血液のめぐりを促すマグネシウムや鉄、リラックス成分のカカオポリフェノールなどで、しっかりと対策をすることがコツです。

また、シミの対策として、ビタミンCと抗酸化成分を摂り、シミの原因となる活性化を抑えましょう。

ビタミンCはメラニン生成を抑える効果がありますが、水溶性なので、少しずつ体外へ排出されてしまいます。

ビタミンCを摂ってもすぐに効果はあらわれず、約6時間後に効果があらわれてくるようなので、少しずつ、毎日継続して摂ることがポイントのようですね。

また、抗酸化成分は、日焼け後の炎症や喫煙、ストレスによる活性酸素を分解する働きがあります。

若々しい肌をキープするなら不足しないようにしたいものですね。

 

クマ吉

★肌荒れやシミを防ぐおすすめスーパーフード

カカオ、マカ、カムカム、ゴジベリー

 

次の章で、詳しくこれらを解説していきますね!

 

 

【カカオ】肌荒れやくすみ、シミを防ぐスーパーフード

 

カカオの特徴や肌荒れやくすみ、シワを防ぐ理由

カカオは、美容やアンチエイジングに効果的な栄養素がたっぷり含まれたスーパーフードの1つです。

カカオに含まれる注目の成分が「ポリフェノール」。

このポリフェノールには、年齢を重ねる度にカラダが酸化して「錆びて」いくのをとめてくれる効果があるのです。

ポリフェノールは、赤ワインに豊富に含まれることは既に有名ですが、例えば86%の高カカオチョコレートには赤ワインの約16.3倍ものポリフェノールが含まれているんですね。

カカオには、イライラや緊張で流れが悪い時、美味しく気分をリフレッシュする効果もあります。

ちなみに、ポリフェノールには、血管の詰まりを防ぎ、しなやかにしてくれる効果があり、血圧を下げる効果があることが、さまざまな実験で証明されています。

お酒を飲めない人もたくさんいると思いますので、カカオ入りのチョコなどで、美味しくアンチエイジングしてみては如何でしょうか?

 

【カカオの主な栄養成分】

カカオポリフェノール、フェニルエチルアミン、テオブロミン、食物繊維、マグネシウム

 

【カカオの味・風味】

甘みはなく、香ばしくマイルドな苦み。粒状のカカオニブはナッツのような風味。

 

【カカオの調理方法】

加熱調理してもOK。

そのままヨーグルトやドリンクにトッピングしたり混ぜて使ってもOKです。

 

【カカオの保存方法】

冷暗所で直射日光と湿気を避けて保存。

 

 

 

 

【マカ】肌荒れやくすみ、シミを防ぐスーパーフード

 

マカの特徴や肌荒れやくすみ、シワを防ぐ理由

マカと聞くと男性用の夜のイメージを印象付けますが、実は、男女問わず摂りたい成分がたくさん入っています。

アルギニンと抗酸化成分で乱れたリズムを改善し、美肌効果に効果があります。

マカは、強烈な紫外線が降り注ぐアンデス山脈高地が減産で、厳しい自然から身を守るため、強い抗酸化成分を含んでいます。

血流を促す鉄、自律神経に関わるアミノ酸の一種アルギニンなどが豊富なので、エネルギッシュが不足している時など、おすすめのスーパーフードです。

 

 

【マカの主な栄養成分】

鉄、アルギニン、ベンジルグルコシノレート、カルシウム

 

【マカの味・風味】

きなこ、切り干し大根のようなほんのりした甘みがあります。

香ばしいコクもあります。

 

【マカの調理方法】

加熱調理してもOKです。

パウダーは水に溶けにくいので、少量の水で少しずつ溶いてから使用するのがポイントです。

 

【マカの保存方法】

冷暗所で、直射日光と湿気を避けて保存します。

 

 

 

【カムカム】肌のシミを防ぐスーパーフード

 

 

カムカムの特徴や肌のシミを防ぐ理由

スーパーフードのカムカムは、豊富なビタミンCと抗酸化成分が同時に摂れるメリットがあります。

ちなみに、ビタミンCの作用といえば、

・シミ、くすみ

・しわ、たるみ

・ニキビ、赤ら顔、毛穴

・敏感肌、乾燥肌

という4つの肌トラブルすべてに効果を発揮してくれます。

(参照元:青山ヒフ科クリニック院長 Dr.亀山 https://ameblo.jp/aoyamahihuka/より)

 

森の栄養分が凝縮したフルーツのカムカム果実に含まれるビタミンCは、

レモンの約60倍、

アセロラの約2倍、

抗酸化成分のポリフェノールも、赤ワインの約7倍と言われます。

 

これは、摂らなきゃ損ではないでしょうか?

冒頭でも述べたとおり、ビタミンCは水溶性なので、少しずつ体外へ排出されてしまいます。

ビタミンCを摂ってもすぐに効果はあらわれず、約6時間後に効果があらわれてくるようなので、少しずつ、毎日継続して摂ることがポイントなのです。

また、ビタミンCは体内では作られないので、自発的に摂らないと効果がないのです。

よって、毎日の食事で自然に摂りいれることがポイントです。

カムカムは、保存もしやすいパウダー状がおすすめですよ!

 

 

【カムカムの主な栄養成分】

ビタミンC、ポリフェノール

 

【カムカムの味・風味】

さわやかな酸味のある柑橘類の味です。

 

【カムカムの料理法】

ビタミンCは加熱するとNGなので、熱を加えない調理方法がおすすめです。

 

【カムカムの保存方法】

冷暗所で直射日光と高温多湿を避けて保存する。

 

 

 

ゴジベリー肌のシミを防ぐスーパーフード

 

ゴジベリーは、日本スーパーフード協会が推奨する「プライマリースーパーフード10」のひとつにも選ばれています。

このゴジベリーには、豊富なビタミンCをはじめ、ポリフェノール類やカロテノイド類など強い抗酸化作用を持つ成分が含まれており、活性酸素の被害からカラダを守ってくれます。

活性酵素とは、肌のシミによる老化原因の1つです。

活性酸素は強力な酸化作用で、体内に入ってきた有害物質と戦ってくれる働きを持っており、実は、カラダにとって必要なものです。

でも、活性酵素は増えすぎると体内の細胞を酸化させ老化の原因となり、シミやシワへとつながるわけです。

身近な例であげると、紫外線です。

紫外線を浴びると、カラダはその害から守るために、体内でたくさんの活性酵素を発生させます。

ゴジベリーは、βカロテン、ビタミンEなどの抗酸化成分をバランスよく含み、その優れた抗酸化作用によりカラダの中からシミ対策をしてくれる美容に優れた食材なのです。

東洋医学では、メラニン排出の働きに関わる肝臓や腎臓のサポート、目の健康維持などに使われてきた歴史もあります。

 

 

【ゴジベリーの主な栄養成分】

⇒ ビタミンA、βカロテン、ビタミン、Eゼアキサンチン、アミノ酸

 

【ゴジベリーの味・風味】

ドライタイプは歯ごたえあり、甘酸っぱいベリー系のフルーツの味。

 

【ゴジベリーの調理方法】

加熱調理が可能なので、鍋やおかゆに入れてもOKです。

もちろん、ドライフルーツタイプならそのまま食べてもOKですよ。

 

【ゴジベリーの保存方法】

直射日光と湿気を避け、なるべく冷蔵庫で保存してください。

 

 

 

悩み別に効果が高いスーパーフードについて

スーパーフードは、毎日少しずつ摂って理想のカラダを作りましょう。

スーパーフードの記事がお役に立てれば幸いです。

 

<ダイエット系>

関連 基礎代謝が落ちて太るタイプにおすすめ!ダイエット効果があるスーパーフード3種

関連 食べ過ぎて太ってしまうタイプにおすすめ!ダイエット効果があるスーパーフード3種

関連 食物繊維が不足で便秘気味で太るタイプにおすすめ!ダイエット効果があるスーパーフード3種

<肌のトラブル系>

関連 肌のシミが気になる人におすすめ!美容に効果があるスーパーフード2種

関連 肌のくすみが気になる人におすすめ!美容に効果があるスーパーフード2種

<目の疲れに>

関連 目の疲れが気になる人におすすめ!疲れ目のあなたにおすすめのスーパーフード2種

 

 

Remote Work Diet に何も見つかりません
シゲキタイムズ - 英語学習、ブログ運営、ライフスタイルに関する情報を発信している雑記ブログ

 

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シゲキタイムズ
タイトルとURLをコピーしました