板挟みや八方塞がりを英語で表現すると?葛藤を表すフレーズ集

スポンサーリンク

八方塞がりや板挟みなどで、「あちらを立てればこちらが立たず」の状況から抜け出せない時ってありませんか?

例えば仕事で○○の仕事をしたくて求人を探しても「経験者のみ募集」という広告がほとんどです。

経験を積むためには雇ってもらって実績を作るしかないのですが、経験がないと雇ってもらえない。

これこそ、矛盾した八方塞がりな状態ですよね。

まさに、私の就職活動がそんな感じですけど・・。

また、上司や部下、嫁姑などの人間関係から来る板挟み状態もドロドロとして本当に辛いものです。

人間関係ほど血みどろなことってないですからね。

なぜならそこには、感情が入ってくるわけで、1つ嫌われると永遠と嫌われるわけで。。。

仕事の上司との関係だったらマジ最悪です・・。

経験があるだけに思い出すだけでもゾッとします・・・。

But I believe there will be a solution!(でも、きっと解決策があるはずさ!)

物事には永遠はないです。

きっと明るい解決策は見つかります!(超楽観的な私です)

早速、あちらを立てるとこちらが立たず、板ばさみや八方塞がりを表す英語フレーズを見ていきましょう!

 

PR 当たる★占いならデスティニー片思い・復活愛・不倫・結婚・将来・人間関係の悩みを解決!

関連 【日常英会話】オンライン英会話スクールの比較【無料体験レッスンはフルに使う】

板挟みや八方塞がりを英語で表現すると何て言うの?

生活していると何かと、板挟みや八方塞がりに陥るシーンはあります。

早めに対処して、脱出するようにしていきたいものですね。

 

in a lose-lose (no-win) situation

1つ目は、とてもカジュアルな表現の仕方です。

・in a lose-lose (no-win) situation

で「どうしようもない状況」や「望まぬ状況」を表す言い方です。

先頭に「in」がついているので、まさにその真っ最中と言えます。

OMG! I’m in a lose-lose (no-win) situation!

⇒ もう、八方塞がりだよ!

 

in a dilemma

日本語で言う「ジレンマ」ですね。

よく使いませんか?

何かの板挟みにあって気持ちもが窮屈に感じるときに使う表現ですよね。

これも上記と同じく、「in」を先頭につけることで板挟みの中にいる状態を表現できます。

 

I’m in a dilemma.

⇒ 私、板挟みです。

 

A dead-end(lock) situation

 

「デットロック」というキーワードはIT系で聞いたことがあるという人もいるかもしれませんね。

複数の実行中のプログラムなどが互いに結果待ちになり、「待機状態に入ったまま動かなくなる現象」のようなときに言います。

 

また、「デットエンド」は、行き止まりで、もう前には進めない状況のことを表します。

いずれにしても進路をふさがれてしまっている状態を表しています。

 

This situation is deadlock, there is no way to fix this situation!

⇒ こりゃ八方塞がりだよ、解決策がみつからない!

 

When I entered the meeting room, the atmosphere was heavy! What happened?

⇒ 会議室に入ったとき、雰囲気が重たかったけど何があったの?

I heard they won’t be able to meet the deadline… there are no way to fix this situation.

⇒ 締め切りが間に合わないみたいよ・・いい打開策がないみたい。

It’s just in a dead end!

⇒ こりゃ完全に行き詰っているね。

 

It’s a catch 22 少し古いニュアンスで有名なフレーズ

 

この表現は有名だけど、会話では少し古い表現のようです。

でも覚えやすくついつい口ずさんでしまうリズムです。

・It’s a catch 22 (situation)

situationはあってもなくても「板挟み」や「身動きが取れない状況」と伝わります。

上記に紹介してきたように、同じようなニュアンスとして表現ができます。

 

It’s a catch 22 situation!
⇒ やりようがないぜ!

 

We’re in a real catch 22 situation,right?
⇒ 俺たち、マジキャッチ22の状況じゃね?

 

ちなみに、上記で紹介してきた単語には、少なからず何か進路妨害されているようなニュアンスの単語が含まれていましたが、「catch 22」と言われても、どこにも「八方塞がり」的な要素は含まれていないですね。

この表現のルーツになっているのは、アメリカの小説家、ジョセフ・ヘラーが1961年に発表した小説のタイトルから来ているとのことです。

英語圏では、ジレンマ、パラドキシカルな状況を、「キャッチ=22」「キャッチ=22的状況」と呼ぶことがあり、いくつかの辞書では慣用句のひとつとしている。
本小説全体のムードと併せ、特に小説中の軍規22項の運用(例えば、狂気に陥ったものは自ら請願すれば除隊できる。ただし、自分の狂気を意識できる程度ではまだ狂っているとは認められない、としたもの)から来ている。

キャッチ=22・言葉としてのキャッチ=22:Wikipedia

上の引用の例では、結局、除隊することはできず、行くしか選択肢はなかったといえますね。

 

 

 

英語で嫁と姑の確執とは何て言うのか?

嫁姑問題もほぼ永遠のテーマではないでしょうか?

個人的に「嫁姑問題」と聞くと血みどろで陰険な雰囲気しか思いつかないです。

年齢の差による考え方や、やり方が違うとついついお互いの言葉や態度がぶつかるのでしょう。

私の知り合いの話で面白かったのが、

「嫁が作ったみそ汁と、親が作ったみそ汁、どっちが美味しいの?」と迫られたことがあるそうです。お互い目を三角にしてこっち見てて地獄でした・・と言っていました。


あなた、私の方が美味しいわよね・・?

 

ちなみに、「どっちも美味しいよ」といっても、お互いピクリとも動かなかったそうですが・・。

 

そんな「嫁姑問題」を英語で表現すると下記のとおりです。

・ battle between mother-in-law and daughter-in-law

⇒ 直訳して嫁と姑間のバトル。

battle の代わりに「war」を使えばもっとバチバチなヤバそうな雰囲気になりますよね?

 

また略して下記のような表現も。

・MIL/DIL problems

※ MIL = mother-in-law(義理の母親を指す)
※ DIL = daughter-in-law(お嫁さんのことを指す)

 

My house is two boss… I have no saying in anything

Catch 22… Please help me..

⇒ 家にはボスが2人いるよ・・私は一切ものが言えないです・・助けて・・・。

Aki☆
Hahahaha! マジ、ウケルんだけど~!!
クマ吉
だめですよ、いろんな事情ってもんがあるんだから・・

 

 

以下は嫁姑問題の解決をアドバイスされているYoutube動画になります。

気になる方はご参考にしてみてくださいね。

【嫁姑問題】に細木かおりがアドバイス!「私自身、嫁であり姑であり、どちらの肩書きも持つ人間なので両方の気持ちが分かるのです」

 

板挟みや八方塞がりを英語で表現すると?葛藤を表すフレーズまとめ

以上が英語で、板挟みや八方塞がりを表現するフレーズとなりました。

身近で意外と使うフレーズだと思います。

人間関係で板挟みになっている人はたくさんいます。

少しでも良い方向へと向かっていけるといいですね。

まぁ、時が過ぎなきゃ解決できないこともあると思いますが・・・。

いずれにしても、ストレスをあまり溜め込まずにしていきましょう!

I believe there will be a good solution!

 

関連 英語で怒りを表現する簡単フレーズ集は?自己主張も時には大切です

関連 英語で慰めるときに役立つフレーズ集。励ましや同情、やる気UPにも使えます。

関連 【日常英会話】オンライン英会話スクールの比較【無料体験レッスンはフルに使う】

関連 【ビジネス英会話】オンライン英語スクールの比較【無料体験あり厳選!】

関連 【子供向け英会話】オンライン英語スクール11選【無料体験サービスあり】

 

日常会話の英語フレーズ一覧【ビジネスでも使える厳選まとめ集】ではカテゴリ別に使えるフレーズをピックアップしています。

まとめて読みたい方は是非ご覧ください。

 

私はこれで英語をマスターしました!
コンサル&無料体験レッスン実施中

専属コンサルタントが、現在のレベル、課題と目標を明確にして短期間で最適な学習方法をアドバイスします。

こんな方へ
・どうやって勉強したらいいかわからない
・なんとなく英会話スクールに迷われている方
・英会話教室に通ったけど、話せるようにならなかった
・自分の英語の弱点を知りたい方
・一度オンライン英会話をやったけれども飽きてしまった方
・海外の方との会議や海外出張で英語が話せず困っている
・今すぐビジネス英会話を覚えたい方
・途中でやめてしまった経験がある




受講開始して、途中で「思っていたのと違う」「自分には無理そう」等感じたら、 開始から30日以内であれば受講費を全額返金するシステムがあるので安心です。

英語学習
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シゲキタイムズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました