やり直し英語☆in spite ofについて

投稿者: | 2018年4月5日

やり直し英語。
今日は、in spite ofについてレッスンと例文をご紹介します。
意外と日常でもよく使う場面があるのではないでしょうか。

 

in spite of ~ / ~にもかかわらず

○○○なことをしたんだけど、結果的にだめだった・・のような使い方です。

シチュエーションとしては、「一生懸命努力したんだけど、結果が出せなかった」などですね。

 

< 例1 >

He was not happy in spite of his wealth.
⇒ 彼はあんなに金持ちなのに幸せじゃないんだよ

 

<例2>

Hi, You know what?
⇒ ねぇ、知ってる?

Then, I said that Alex is seeing Jena.
⇒ この前、アレックスがジェナと付き合ってるって言ってたじゃん?

Yes.
⇒ 言ってたね。

He was dumped by Jena in spite of doing anything for her.
⇒ ジェナにフラれたみたいよ・・あれだけ尽くしたのにさ。

Really? I can’t believe it! Why?
⇒ まじ?信じられないよ。 どうして?

Jena said that Alex was such a womanizer and cheating.
⇒ ジェナ言ってたけど、アレックスは女好きで浮気してたんだって。

That’s too bad!!
⇒ それは、お気の毒に。

 


<ワンポイント>

You know what?
ねぇ、聞いてよ! / ねぇ、知ってる?

Guess Whatでも同じような意味になります。

 

be dumped
be ditched
be jilted

※いずれも「フラれる」という意味になります。
be jilted は、ポイッと捨てられるイメージになります。
例題にもあるように、女ったらしで最低!みたいな感じになります。

 

cheating / 浮気

 

do anything for her / 彼女に尽くす

 


 

如何ですか?

be inspite of~の使い方、参考にしていただけましたでしょうか?

浮気が原因で関係が悪化することはよくあるお話ですね。

日常のシーンに当てはめると意外と覚えやすいと思います。

もっとスマートな例文や言い回しがあると思いますので、随時勉強しながら更新してきますね。

以上、in spite of の話題でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です