【熱中症対策グッズ】子供から高齢者まで使えておすすめ!|ネッククーラーなど

スポンサーリンク

日本の夏はだんだん暑くなってきましたね。

暑さに強いタイプでもさすがにバテてしまいます。

今回は、「子供からお年寄りまで幅広く使える熱中症対策グッズ」をまとめてみました。

両手が空くネッククーラーNEOなど、とても注目が高く便利なアイテムですよ。

熱中症でお亡くなりになる人も近年増えてきています。

中には、エアコンをつけるのが勿体ない・・・と言い、熱中症になって救急搬送されている方を以前、テレビで聞いたようなことがあります。

命がなくなるともっと勿体ない。

色んな対策グッズを併用しながら、熱中症予防をしていきましょう。

 

関連 【部屋を涼しくする方法は氷がおすすめ】クーラー以外の熱中症対策アイディア

関連 クーラー並みに涼しい扇風機や冷風機5選!窓のない部屋やエアコンがない部屋を涼しくする方法も

 

【熱中症対策グッズ】子供から高齢者まで使えておすすめ!|ネッククーラーなど

子供の暑さ対策・熱中症対策について

子供は暑い夏でも、寒い冬でも元気に走り回っています。

体力が尽きるまで騒がしく、夜になってぐったり熱が出て、夜間診療所へ慌てて診察しに行ったことがある家庭も多いのではないでしょうか。

体力限界まで動くな!と言いたい。

下記の国立成育医療研究センターの子供の熱中症の原因について読んでいると「確かに!」と思いました。

○大人より暑さに弱い
子ども(乳幼児・幼児)は体温調節機能が未発達です。特に汗をかく機能が未熟で、大人と比べると暑さを感じてから汗をかくまでに時間がかかり、体温を下げるのにも時間がかかってしまうため、体に熱がこもりやすく体温が上昇しやすくなります。全身に占める水分の割合が大人より高いため、外気温の影響を受けやすくなっています。気温が体表温度より高くなると熱を逃がすことができず、反対に周りの熱を吸収してしまう恐れもあります。

○照り返しの影響を受けやすい
子どもは体重に比べて体表面積が広い分、気温など周囲の環境の影響を受けやすいと言えます。また、幼少期の子どもは大人よりも身長が低い為、地面からの照り返しの影響を強くうけます。このため、大人が暑いと感じているとき、子どもはさらに高温の環境下にいることになります。たとえば大人の顔の高さで32℃の時、子どもの顔の高さでは35℃程度の感覚です。

○自分では予防できない
子どもは自分で自らの体調の変化を訴えられないことがあります。屋外でずっと遊んでいると、その楽しさに夢中になってしまい、身体に異変が起きていても気づかないのです。したがって、異変がないか、周囲の大人が気にかける必要があります。

引用:国立成育医療研究センターより

特に2つ目の「照り返しの影響を受けやすい」の部分です。

小さな子供は大人に比べては背が低く、体全体が地面に近いです。

当然ながら暑いですよね。

以前、赤道付近の国へ旅行に行った時、裸足で入る観光地があり、地面に足の裏を付けると鉄板並みに熱かったです。今思えば、小動物を路面で見かけなかったような気が・・・。

子供が感じている温度は、場合によっては大人よりも暑いと感じていることもあるので、大人が注意深く様子を感じ取ってあげるのも大切のようですね。

とは言え、室内ばかりで遊ばせておくと体力も付かず、暑さや寒さの環境に弱くなってしまうので、日頃の体調管理や体力作りにも心がけていきたいですね。

真夏の日中は別ですが・・・。

 

高齢者の暑さ対策・熱中症対策について

小さなお子さんの熱中症も心配ですが、高齢者の熱中症についても注意が必要とのこと。

下記のNHKの記事によると、年を重ね高齢者になると「暑さを感じにくくなる」というケースが多いようですね。

自分では大丈夫だろうと思っていたら、気が付いたらとてもヤバイ状態になっているというわけです。

また、病気や持病がある場合もあるので、夏の暑いシーズンはこまめに休憩が必要といえます。

高齢者の場合、突然、重症の熱中症になるケースや、死亡例も多いので特に注意が必要です。通常は、気温が高ければ、暑いと感じますが、高齢になると老化により、暑さを感じにくくなります。

すると、熱中症になったことに気がつかず、気づいた時には症状がかなり進行し、重症化してしまっているのです。また、暑ければ汗をかいて体温を下げますが、高齢になると汗をかきにくくなるので、体の中の熱を外に逃がすことができなくなってしまいます。

さらに、高齢者は若い頃に比べ、体内の水分量が減少している上に、のどの渇きを感じにくいので、水分の補給を怠りやすく、脱水症状を起こしやすいのです。

高齢者以外でも、屋外で仕事やスポーツをする人、子どもや乳幼児は熱中症にかかりやすく、注意が必要です。また、脳卒中の後遺症糖尿病などの持病がある人も、暑さを感じにくくなったり、汗をかきにくくなったりしているので、熱中症に気をつけましょう。

引用:NHKおうちで学ぼうfor schoolより

中には、めちゃ元気なご高齢者の方もいますよ。

朝からジョギングや散歩、畑仕事に会社経営など・・・仕事もプライベートも若い人以上にパワフルでアクティブに動いている人もいます。

「まだまだ若い奴には負けん!」「生涯現役じゃ!」というタイプも少なくありません。

私が知っている人でも、一代で築いてきたタイプの方は、ほんとタフです。

個々の体質や体力にもよるのかと思いますが、些細な事から体調を崩すといけないので、若くても、高齢でも無理せずが良いのかな・・と感じます。

まぁ、私は暑い夏も、寒い冬も苦手で、ゆるりと生きていますけど・・・。

 

子供から高齢者まで使えておすすめな熱中症対策グッズ!

子供から大人、高齢者まで幅広く使える熱中症対策グッズをご紹介していきます。

何といっても一番は水分補給

アイテムと上手く付き合って、暑い夏を乗り切りましょう。

 

【THANKO】ネッククーラーNeo TK-NECK2-BK

 

 

左右の冷却プレートがひんやり気持ちいいネッククーラーです。

スイッチオンで約2秒後には冷たくなる優れものです。

バッテリーの持ちもかなり良く、1日中使えるようなコメントがAmazonレビューにあります。

首に当たる部分は可動式になっているので、男性でも女性でも違和感なく装着できます。

しっかり体温を下げて、熱中症予防に活用していきましょう。

 

【ネッククーラー】 首掛け扇風機  羽なし USB充電式

 

 

首掛け式のネッククーラです。

羽が付いていないタイプの扇風機なので、髪の毛が絡まる心配もなく安心です。

顔周りに送風があると涼しいものです。

コロナウィルスなどの問題もあり、夏でもマスクが欠かせない生活スタイルです。

例えコロナウィルスが終息しても、ゴミゴミした通勤・通学時にはマスクが欠かせないです。

使えるシーンは多々あり、大人から子供まで使えるので便利なアイテムです。

 

【EasyAcc】 携帯扇風機ハンディファン

 

 

日本の夏の暑さは半端なく暑くなってきています。

自分の小さな頃の夏の暑さじゃないですね。

ハンディータイプの扇風機など、何かしろの暑さ対策グッズを持ち歩かないと危険な雰囲気です。

USB電源で充電でき、最小モードで最大17時間連続運転できるので、外出時の熱中症対策のお伴となります。

通勤中やアウトドア、花火大会やお祭り、スポーツ観戦などなど、活用シーンは多々ありますよ。

持ち手が折りたたみになり、卓上に置けるので使い方は様々です。

 

【Yoyome】空調作業服・作業ジャケット

 

 

工事系に携わる方に実際に聞いたことがあるのですが、この手の空調服は「かなり涼しい」とのこと。真夏の作業も助かっている様子でした。

ただ、その方の来ていた空調服はファンが外れて、どこかに飛んで行ったようです。

しっかりしたものを選んで外出時の作業を快適に過ごしましょう。

 

【Kekilo】 クールベスト冷感ウェア 男女兼用

 

 

大人用のクールベストです。

屋外で何も暑さ対策をせずに長時間作業をすることが多いと、カラダが悲鳴を上げます。

さすがに40度近い猛暑日などだと、熱中症になりかねないです。

クールベストを1枚着るのと着ないのでは、かなりの差が出ると言えます。

夏の炎天下で動くことが多い人にとってはかなりオススメのアイテムです。

 

【クールウェア】キッズクール

 

 

子供用のクールベストです。

子供は地面からの距離が近いため、照り返しの熱をもろに受けます。

日本では、40度近くまで気温が上がる日もかなり増えていますからね。

猛暑日の外出など、お子さんの体調に合わせて使っていきましょう。

 

【Xingmeng】冷却タオル(UVカット素材・3枚入り)

 

 

UVカット素材の冷却タオルです。

子供のクラブ活動の応援時や畑作業、散歩などにもあると便利ですよ。

水分を付けて振り回すと何度でも冷感機能が出るので、外出時の必需品になるのではないでしょうか。

炎天下から頭などをしっかり守っていきましょう!

 

熱さまシート 16枚×4個(64枚)

 

 

熱でほてった個所にピタッとひんやり冷たいシートを貼って、暑さ対策をしていきましょう。

首元などに貼っておくと、かなり効果的ではないでしょうか。

薄くて持ち運びが楽なアイテムなので、外出時には忘れずに持って行こう!

 

アイスノン シャツミスト300ml

 

 

衣類に冷感ミストをかけて、体感温度を少しでも下げていきましょう。

真夏の電車通勤などはまさに地獄絵図です。

少しでも暑さ対策につなげられると嬉しいですね。

また、外で遊ぶお子さんにもマストアイテムになるのではないでしょうか。

大人から子供まで使える便利なアイテムです。

 

【カバヤ】 塩分チャージタブレッツ2種セット

 

 

夏の熱中症対策として、外出時は塩分タブレットを少し持ち歩きましょう。

こまめな水分補給とともに塩分をチャージをお忘れなく。

真夏に畑で草むしりをしていた時、立ち上がった時フラフラ~と立ち眩みとは別の感覚になったことがあります。

暑さ対策グッズと水分、塩分は必要ですね。

 

日焼け止めクリームやBBクリームで紫外線から肌を守ろう!

今回ご紹介してきた暑さ対策グッズと併用しながら、紫外線対策もしっかりしていきましょう。

紫外線は年中ありますが、特に暑い夏の紫外線は肌トラブルの原因に繋がりやすいです。

若いうちは回復も早いのかもしれませんが、蓄積されるとシミやしわのお肌の原因にもつながります。

また、紫外線を多く浴びると「疲れ」を感じやすいこともあります。

紫外線を目に照射した動物実験によると、疲労の際に見られる物質が血中に増加していたことがわかりました。この原理も先に説明した「目から日焼け」と同様の仕組みで起きています。そして、この仕組みは人間がストレスを受けたときの反応とも同じなのです。

引用:アリナミンより

朝起きて、洗顔後のスキンケアに日焼け止め成分が入ったスキンケアをルーティンにして行きましょう。

スキンケアと聞くと「女性」をイメージするアナタ!もうその考えは古いです!

男性でもしっかりスキンケアをしていく時代です!と私は思っています。

年相応の年齢肌も良いですが、できれば若々しい姿をキープしたいものです。

特に肌ケアに無防備になりがちな男性のために、下記の記事もご参考にしてみてください。

青ひげ対策などにもピッタリですよ!

 

【メンズ美容グッズのプレゼント5選】メンズbbクリームの選び方|青髭・クマ・ニキビなどに

【メンズ美容グッズのプレゼント5選】メンズbbクリームの選び方|青髭・クマ・ニキビなどに!
クリスマスやバレンタイン、誕生日など、彼氏や旦那さんにどんなものをプレゼントしようか迷うことはありませんか? いつもありきたりなプレゼントで、マンネリしているな・・・と感じたら、ちょっと目線を変えてみませんか? スキンケ...

【40代男性にスキンケアのプレゼント】メンズオールインワンで乾燥肌やオイリー肌対策

【40代男性にスキンケアのプレゼント】おすすめのメンズオールインワンで乾燥肌やオイリー肌対策を
40代の男性に、誕生日や父の日、バレンタインデーなどに、どんなプレゼントをすると喜ばれるのでしょうか? 40代と言えば何かと忙しい時期ではないでしょうか。 仕事や家庭の両立、親の介護などで日々忙しい方も多いと思います。 ...

彼氏の肌荒れにスキンケアのプレゼントを!オールインワンBCADなどオススメ5選

彼氏の肌荒れにスキンケアのプレゼントを!オールインワンBCADなどオススメ5選
彼氏や旦那さんの顔の肌荒れが心配だ、という女性も多いと思います。 紫外線や毎日のシェービングなどで肌荒れしているのに、毎スキンケアはほとんどされていない男性は意外と多いのではないでしょうか。 せっかくなら、綺麗な肌になる...

 

ちなみに、日傘をさして紫外線回避をされている方も多いですが、紫外線は地面や建物から反射すると聞いています。

反射して顔などに当たっていることもあるので、日焼け止めは必須ということですね。

 

紫外線対策は年中必要!シミになる時間って知ってる?メラニンが生成される時間は・・

紫外線対策は年中必要!シミになる時間って知ってる?メラニンが生成される時間は・・
日差しが強くなるシーズン、日焼け止め対策は何かされていますか? 紫外線対策をしないと肌にシミができたり老け顔になる原因があるので、しっかり対策をすることをお勧めしたいと思っています。 また、2019年年末から発生したコロ...

おでこのシワを消すクリーム【国が認めた】シワ改善美容液 おすすめ6選!ポーラニールワンなど

おでこのシワを消すクリーム【国が認めた】シワ改善美容液 おすすめ6選!ポーラニールワンなど
おでこのシワを消すクリーム【国が認めた】シワ改善美容液 おすすめ6選!ポーラニールワンなど 鏡を見ると「おでこにシワが!」「ほうれい線も濃くなってる・・」など、年を重ねるとある程度仕方のないことなのでしょうけど、嫌ですよね。 ...

 

【熱中症対策グッズ】子供から高齢者まで使えておすすめ!|ネッククーラーなど|まとめ

以上が、暑い夏を涼しく過ごすための熱中症対策グッズになりました。

若い方でも知らず知らずに熱中症になってしまうのが怖いです。

また、身近な方の体調が変だな・・と感じたらすぐに知らせてあげたり、一緒に休憩を取って身の危険を回避していきましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました