関東・東京周辺の積雪予想!JRや飛行状況・運休・運行状況について

投稿者: | 2020年1月18日 , Last update: 2020年1月27日

地球温暖化の影響もあるのか、日本だけではなく世界的にも気候変動が起こっているよですね。

身近な日本でも、冬には山に雪が積もるという固定概念がありましたけど、ゲレンデには雪がない状態も度々ニュースで目にします。

また、毎年雪が関東に降る可能性があるというだけで、ニュースは大きく取り上げていますね。

しかも大切なセンター試験などの重要な時に限って降るのがなんともイヤミな感じですね。

関東周辺は人が集中している地域なだけに、少しの積雪でも地方では考えられないトラブルが連鎖的に発生するのでしょうね。

関東周辺の積雪や交通機関の状況も含め、記事にしてみました!

旅行や出張の際には早めの情報収集に備えていただけると幸いです。

 

 

関東・東京周辺の積雪の予想は?

ウェザーニュースの予報を見てもわかる通り、2020年1月27日の関東周辺の積雪情報です。

週明けの今日27日(月)は、本州付近を進む前線を伴った低気圧の影響で西日本で雨や風が強まっているようです。

そして、関東甲信地方では広く雪や雨が降り、東京都心でも積雪のおそれがあります。

▲画像:ウェザーニュースより https://weathernews.jp/s/topics/202001/170215/?fm=tp_rec&tpid=202001170215

 

 

ウェザーニュースの予報として

 


ウェザーニュースでは下記のように発表されていました。

特に関東地方の雪は、公共交通機関に大打撃を与えるだけに、混在が予想されます。

雪国の人から見ると数センチ程度・・と思うかもしれませんが、足元は革靴やハイヒールなどはとても滑りやすいので転倒事故には気を付けたいところですね。

急いている時に限って、予想外のところで滑りますので注意しましょう。

履きかえ用の靴を持っていれば、ファッションは二の次で安全を意識ましょう。

 

関東甲信地方は朝から厚い雲に覆われていて、昼頃からは甲信地方で雪が降り出す所が出てきます。

午後は雨や雪の範囲がさらに東に広がって、夕方以降は関東平野部で雨や雪が降りだし、東京都心や横浜でも雪がうっすら積もるおそれがあります。

都心周辺では明日28日(火)の朝まで雪で、その後は雨に変わる見込みですが、内陸では雪のまま経過してまとまった雪になります。

28日(火)の朝にかけて東京都心では1〜3cmの積雪、練馬や板橋などでは3〜5cmくらい積もる可能性があり、気温が低いままで経過するとそれよりさらに多くなるおそれもあります。

山沿いでは10cm以上、山間部では30cmを超える積雪になるかもしれません。

引用:ウェザーニュース https://weathernews.jp/s/topics/202001/170215/?fm=tp_rec&tpid=202001170215

 

 

 

 

積雪による飛行状況の影響は?

関東周辺だけではありませんが、雪が降るとJRやフライトにも影響が出てしまいます。

旅行や仕事での移動の際は、早めに交通情報をチェックしておきましょう。

下記に運行状況が検索できるサイトをピックアプしましたのでご参考にしてみてください。

 

主な空港や航空会社の飛行状況(フライト)を確認する

 

■日本国内のフライト状況

東京国際空港(羽田空港)

成田国際空港

中部国際空港

関西国際空港

大阪国際空港(伊丹空港)

 


 

・JAL ⇒ JALの運行状況確認

・ANA ⇒ ANAの運行状況確認

・スカイマーク ⇒ スカイマークの運行状況確認

・Peach ⇒ PEACHの運行状況確認

・Jet Star ⇒Jet Starの運行状況確認

 

関東周辺の標高が高いところは、数センチの積雪が予想されます。

車の運転にはスタッドレスタイヤなどを装着するなどのすべり止め対策も必要です。

JR、フライト情報だけではなく、道路交通にも注意したいところですね。

1台の車がスリップや事故になるだけで、予想以上の大渋滞となる可能性もあります。

雪が積もっていなくても、しっかりと対策をしたいものですね。

 

 

JRの運休・運行状況を確認する

 

<新幹線の運行状況>

北海道新幹線

東北新幹線

秋田新幹線

山形新幹線

上越新幹線

北陸新幹線

東海道新幹線

山陽新幹線

九州新幹線

 


 

<在来線・私鉄・地下鉄など>

北海道 / 東北 / 関東 / 中部

/ 近畿 / 中国 / 四国 / 九州

 

 

ライブカメラで現在の主要各地の様子を確認

 

積雪予想を確認する手段として、主要各地に設置されているライブカメラをチェックすることも賢い選択です。

天気予報や公共機関の運行状況でも各地の現在の様子を予測することはできますが、各地の定点カメラを活用することで、今の状態を確認することができます。

下記に全国の主要スポットの定点カメラを見ることができるサイトをピックアップしました。

ご活用してくださいね。

 

<全都道府県別のライブカメラ情報>

⇒ 全国の主要スポットのライブカメラを見る

 

 

最後にまとめ

地球温暖化で日本の気候も以前より変になってきているように感じます。

いつどこで、雪が降ってもおかしくないのかもしれませんね。

防災対策までとはいかないにしても、暑さ対策だけではなくて、雪対策もしておくのがベストなのかもしれませんね。

 

★合わせて読みたい参考記事
⇒ 夜の雨の日の運転は視界が悪くて見えない!コツはあるの?

⇒ 台風や雨で体がだるい、頭痛や体調不良の原因は低気圧か?気圧注意報で体調管理

⇒ 台風や雨で頭痛や眠気がひどい。体調不良の原因や対策をご紹介!

 

 

 

台風対策、食料品で備えておきたいモノは?これだけは優先に確保。

 

台風や雨で体がだるい、頭痛や体調不良の原因は低気圧か?気圧注意報で体調管理

 

台風や雨で頭痛や眠気がひどい。体調不良の原因や対策をご紹介!

 

 

 

関東・東京周辺の積雪予想!JRや飛行状況・運休・運行状況について」への1件のフィードバック

  1. イース

    こんにちは。
    ランキングから来ました。
    雪の降る地方の人間とすると、都会での雪ニュースには驚かされます。この程度でと。
    ここまで天候がおかしくなる時代になると、どこで雪が降るかもわからないので、都会でも一定の雪対策をしておいた方がよさそうですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です