成人式の前撮りでウィッグを美容院でアレンジして失敗なく注目度UP!モデルを参考に選ぶ

投稿者: | 2019年10月14日

 

成人式の写真をあらかじめ、前撮りする女性はとても多いと聞きます。

それに合わせて色んな準備をするのでしょうが、ヘアスタイル(髪型)はとても重要なポイントです。

まだ髪が伸びきってなくて希望のヘアスタイルにできないというお悩みがある方いらっしゃいませんか?

あるいは、学校や職場の規則が比較的厳しく明るい髪色やロングがNGだったりする場合もありますよね?

希望の髪型にできず、そのまま前撮りを迎えてしまうというとても残念で悔しい思いをして妥協する前に1つ提案があります。

それは、「ウィッグをアレンジしてみる」です。

今回は、希望の髪型にできず妥協している方に対して、少しでも解決できるかもしれません。成人式を例にしていますが、各種イベントでもアレンジができますので、是非、ご参考にされてみてくださいね。

 

 

成人式で一生の思い出の写真を撮りたいけど、希望する髪型にできません

20歳の記念すべき門出の成人式。

振袖は柄はとても華やかなため、ヘアスタイルも豪華にしないと着物に負けてしまいます。

あんなイメージ、こんなイメージと色々と思いを描くと思いますが、希望するヘアースタイルはできそうでしょうか?

実際、成人式に合わせて髪を伸ばしている人も多いけど、写真を前撮りする時、希望のヘアスタイルにできなくて困っている人がとても多いと聞きます。

また、学校や職場で髪の色が明るいのはNGなので、事前に試してみる機会もなくて・・・と困っている人も多いようです。

なんかいい方法ってないのでしょうか?

 

 

解決する方法は「ウィッグ」を利用する

 

ウィッグを用いるとすべてが簡単に解決します。

先述にもあるように、振袖の柄は華やかなので、へアルタイルもゴージャスにしないとトータルバランスで負けてしまいます。

ウィッグであれば、簡単にボリュームを出すこともできるし、髪の色も選び放題、また、希望するアレンジにすることも可能だからです。

自分の髪ではできないけど、やってみたい髪型があったり、再現不可能な場合はウィッグを賢く選択するのも1つの方法ということなのです。

また、自分の地毛にパーマをあてたり、染めたり、染め直したりする必要がありません。

成人式や撮影が終わった後、髪型を元に戻す必要もないため、学校や会社で気にする必要がないことも大きなメリットと言えますね。

一度自分に似合うウィッグを手にしてしまえば、次は私服にアレンジを加えて通常ファッションとしても楽しむことやパーティやイベントとして利用することもできます。

不思議なことに、日常ウィッグでオシャレをしだすと、だんだんと慣れてきてファッションやセンスに幅がでます。

いつも着たことがないファッションにも簡単にチャレンジできますので、ウィッグの選択は無駄ではないと気が付くはずです。

事実、最近のウィッグはともて安価で品質も良く、学校や職場でフルウィッグを被って通勤、通学されている人も多くありませんので、撮影以外の外出としての選択もありということですね。

もし、自分でウィッグの長さや希望のアレンジができない場合は、遠慮なく美容院へ問い合わせてみましょう。

美容院によっては、対応してくれる場合がありますので、余裕をもって確認されてみてくださいね。

 

Homepage:AQUADOLL  https://aquadollwig.jp/model_list

 

AQYA DOLLのサイトでは、専用のモデルさんが様々なウィッグを着用したイメージを掲載されています。

髪の長さ、形、色が違うだけで同じモデルでも色んな印象になりますね。

モデルは1人だけではないので、自分に合ったモデルの方を真似てみるのもいいですね。

⇒ AQUADOLLモデルのウィッグ着用画像を見る

オススメのウィッグはどんな髪型がいいの?

 

アレンジの幅が一番広くてどんな髪型にも対応ができるのは、「ストレート」です。

このくらいの長さまで髪を伸ばそうとしても、そう簡単には伸ばせません。

この長さがあればボリュームも出せますし、ゆるーくカール入れることでより上品な印象になりますよね。

この長さがあれば、美容院でアレンジを依頼しても好きなイメージになりやすいのでオススメです。

成人式以外のパーティイベントや普段使いもOK。



 

 

トップにボリュームを出したいときに、ピンポイントのお団子ウィッグもとても利用価値が高いですよ。

地毛で作った小さいお団子に被せるだけで、簡単に注目度UPのこなれたお団子ヘアにできます。

”ふんわりくるん”カールが入っているので、

ほぐして着けていただくとよりボリュームがでます。


ウィッグをアレンジしてもらえる美容院をあらかじめ押さえる

 

ウィッグを手にしたら、当日までに何度か着用してみることをオススメします。

買ったばかりのウィッグをなじますことが必要です。

また、ウィッグをアレンジする際に、カットなどが必要で自分で対応が難しい場合は、事前に美容院でウィッグのカットやアレンジが可能か確認しておくのもポイントです。

その時には、ウィッグで成人式やイベントパーティーに参加したい、撮影したい、ということも事前に伝えておくと、目的や経緯が伝わるので美容師さんとのトラブルもありませんのでオススメです。

全ての美容院がウィッグのカットやアレンジが対応可能ではありませんので、早めのご確認をしておきましょう。

ウィッグを活用して自分の思い描いたヘアスタイルに変身してみてくださいね。

 

ウィッグのカットやアレンジが可能な美容院を探す際にとても便利なサイトがありますので、下記にご紹介します。

⇒ ホットペッパービューティー

10万点あるスタイルや、ブログ、口コミをチェックして、気になるスタイリストを直接指名することもできます。

また、24時間いつでもネット予約することも可能なので嬉しいですね。

画像:(ホットペッパービューティ)
画面にあるように全国の美容院を検索することができます。

ウィッグの取り扱い有無などの詳細情報も記載されていますので、時間があるときに是非試してみましょう。

 

 

ウィッグのデメリットって何かありますか?

 

あまり大きなデメリットは見つかりません。

成人式の際は、振り袖が少々苦しくて風通しもないので暑いです。

そのため、ウィッグも蒸れてしまい、熱中症になってしまう危険性があるので、細かい水分補給を心がけましょう。

時々涼しい風に当たるなどして熱中症予防をするのがポイントです。

 

またウィッグの共通ととしてウィッグを着用する際の自身の髪の毛を束ねるための「ネット」。

このネットの締め付けで頭痛や吐き気などの体調不良になる場合があるので、あらかじめ下記の記事で確認しておきましょう。

頭が痛くなってしまうと、せっかくの成人式やパーティがもったいないので、早めの対策を心がけたいところですね。

ウィッグを着用すると頭が痛い!解消のコツはないの?

 

あと、激しく動くような時があれば、ウィッグがずれてしまう危険もあるので、行動に合わせてウィッグをきっちりとピンで固定したり、スプレーで固めたりしておくのもポイントですね。

 

 

最後にまとめ

ウィッグを活用して自分の思い描いたヘアスタイルに変身できるととても楽しくなります。

行動力も自身の表情も明るくなります。

普段の仕事や学校では、落ち着いた雰囲気を出さなければいけない人が多いと思いますが、オフの日は思い切ってイメチェンをしてみましょう。

自分に合ったウィッグで良い思い出となるものにしてくださいね☆

 

 

金髪ウィッグが似合わない?違和感がない自然なテクニックとは?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です