アレルギー性鼻炎は雨の天気にも関係しているの?くしゃみ連発を改善したい!

投稿者: | 2019年3月1日

 

もともと、アレルギー性鼻炎で鼻の調子はいい方ではないけど、何故か雨の日になると、くしゃみ連発モードの鼻が最悪な状態になるのでしょう・・・か。

そんなこと思ったことありませんか?

とにかく鼻の調子がおかしくて、10回以上くしゃみが連発すると、もう気分も滅入って、頭も痛くなって、体調悪くなりませんか?

仕事やブログ記事の作成どころじゃないですよ!まったくもうっ!!

 

クマ吉も元々、鼻の調子は良い方ではなく、どちらかの鼻がいつもつまっている状態で、鼻呼吸が得意ではありません(笑)

 

今日は、雨の日にはアレルギー性鼻炎がひどくなったり、くしゃみが連発するのは何故なのか・・を調べてみました。

 

 

大敵は花粉だけではないのです!

日本では年が明けて、あたたかくなってくると季節は花粉シーズンです。

そう、くしゃみ連発シーズンが到来ですね。

その花粉シーズンが下火となっても、最近では、スギ花粉や稲花粉など「1年中○○花粉」というキーワードを聞きます。

おまけに、PM2.5など一般的なマスクでは防ぎきれないものまで風に乗って飛んでくる時代です。

つまり、1年中、お鼻さんには辛い辛い環境なのですね。

 

また、お鼻さんに影響があるのは、何も花粉だけではありませんよ!

アレルギー性鼻炎の原因として「ハウスダスト」「ダニ」「カビ」なども大きな原因として挙げられます。

 

雨が降るとどうしてもジメジメとしますよね。

カビも生えやすくなります。

どこかに隠れてカビが生え、胞子を飛ばしている可能性も十分にあります。

また雨が降ると室内で過ごす時間が多くなりますし、換気も不十分になる傾向がありますよね。

ハウスダストやダニを吸い込む時間がいつも以上に長くなる傾向があるのです。

梅雨の長雨シーズンなどは特に注意が必要ですね。

 

 

雨の日とアレルギー性鼻炎はこんな関係があった!

 

雨になると、「古傷が痛む・・・」なんて言葉がありますけど、

なんだか気分も体調も悪くなる!って人もいますよね。

 

先ほどのカビや、ハウスダスト、ダニの原因の他にも、

「低気圧が近づき雨になること」も関係があるようです。

 

雨の日は、気圧が下がり、一般的に自律神経の作用が弱まり、一方副交感神経の作用が強まるため、バランスが崩れて体調が悪くなるとされています。

そうなると、免疫力が低下したりして、鼻づまりが悪化したり、鼻炎の症状が悪化したりすることがあるようです。

 

 

とは言っても、雨を降らせないようにする超人的パワーは誰にもありません。

上手く付き合っていく他に方法はないですが、少しでも軽減したいものですね。

 

日常的に、ハウスダストやカビが増えないように掃除を心がけることも上手く付き合う一つの方法ではないでしょうか。

意外と、換気扇の羽ってゴミだらけだったり、カビが生えていたりしませんか?

場合によっては室内にカビをばらまく原因にもつながりますので、注意したいとことですね。

特に長雨シーズンの梅雨にとって、湿気や結露の対策として、換気扇は大切なアイテムの1つですので、気が付いた時に手入れしておくのがベストですね。

⇒ 湿気・結露の改善対策!窓の結露は家庭の○○で簡単予防!?【プロん家に秘密あり】

 

 

乳製品をやめるとアレルギー改善?

 

アレルギー性鼻炎の人は、牛乳などの乳製品を控えた方がいいという話も聞きます。

はっきりとした理由までは分かりませんでしたが、一般的に人は、牛乳に含まれるカゼインというタンパク質や乳糖を消化しにくいらしく、胃腸に負担をかけることにより体調にも影響があるようなことが書いてありました。

 

牛乳など乳製品を控えるとカルシウム不足になるのでは・・・と少し心配になります。

で、調べてみたら、食品100gあたりのカルシウム含有量ランキングでは牛乳は29位でした。

以外にも上位の方ではないのが驚きです。

 

「厚生労働省が公表している「日本食品標準成分表2015年版」から、 食材100gあたりのカルシウム含有量が多い食べ物」を参考にしています

 

<ちなみに、ベスト10は?

第1位:
<えび・かに類>(えび類) 加工品 干しえび  カルシウム 7100mg

第2位:
<えび・かに類>(かに類) 加工品 がん漬  カルシウム 4000mg

第3位:
<香辛料類>バジル 粉   カルシウム 2800mg

第4位:
<魚類>(いわし類) かたくちいわし 田作り  カルシウム 2500mg

第5位:
<その他>ベーキングパウダー    カルシウム 2400mg

第6位:
<魚類>(いわし類) かたくちいわし 煮干し  カルシウム 2200mg

第7位:
<えび・かに類>(えび類) さくらえび 素干し  カルシウム 2000mg

第8位:
<えび・かに類>(えび類) 加工品 つくだ煮  カルシウム 1800mg

第9位:
<香辛料類>タイム 粉   カルシウム 1700mg

第10位:
けし 乾   カルシウム 1700mg

 


 

よって、他の食品で補えば、カルシウム不足にはならないという結果ですね。

「お魚」、「えび・かに」、「大豆」、「わかめ」、「ひじき」、「ゴマ」など優れた食品はたくさんあります。

別記事でも紹介していますが、大豆などは「スーパーフード」としても人気がある食べ物ですね。

上手く活用してみましょう!

 

<スーパーフードのまとめ記事>

⇒ ダイエットや美容、疲れ目に効果あり★スーパーフードの魅力とは?

⇒ 基礎代謝が落ちて太るタイプにおすすめ!ダイエット効果があるスーパーフード3種

⇒ 目の疲れが気になる人におすすめ!疲れ目のあなたにおすすめのスーパーフード2種

⇒ 肌のくすみが気になる人におすすめ!美容に効果があるスーパーフード2種

⇒ 肌のシミが気になる人におすすめ!美容に効果があるスーパーフード2種

⇒ 食べ過ぎて太ってしまうタイプにおすすめ!ダイエット効果があるスーパーフード3種

⇒ 食物繊維が不足で便秘気味で太るタイプにおすすめ!ダイエット効果があるスーパーフード3種

 

 

 

最後にまとめ

 

アレルギー性鼻炎が悪化する原因は、「雨」という天気にも関係があることがわかりました。

雨が多く降る梅雨時期には特にカビさんには注意しましょうね。

この記事を参考に、しっかりと対策をして、自分で少しでも過ごしやすくするしか方法がないですね。

また、年中飛んでいる○○花粉やPM2.5などの対策にも心がけていきたいですね。

ティッシュペーパーとマスクは欠かずに!

⇒ これが花粉を防ぐ最強のマスク!インナーマスクの作成方法とは?

 

 

 

この記事がお役に立てると幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です